半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

re:省令に新旧対照表形式・2

官報! 官報開けて!

使用済燃料の再処理の事業に関する規則等の一部を改正する規則(原子力規制委一〇)
http://kanpou.npb.go.jp/20160921/20160921g00208/20160921g002080001f.html

はじめは、何が起きているのかわかりませんでした。

わかってくると、これは…… 技巧に走り過ぎ、という感があります。

プチ解説をすると、複数の法令の一括改正では、1条で1法令を改正するというのを何条か束ねるわけですが、改正内容が全く同じ場合には、1条で複数の法令を改正するという手法があります。

地方自治法の一部を改正する法律(平成18年法律第53号)(抄)
   附 則
 (統計法等の一部改正)
第十七条 次に掲げる法律の規定中「吏員」を「職員」に改める。
 一 統計法(昭和二十二年法律第十八号)第十条第四項
 二 会計法(昭和二十二年法律第三十五号)第四十八条第一項
  …
 十三 中央省庁等改革関係法施行法(平成十一年法律第百六十号)第千三百二十一条第一号及び第三号
 十四 児童虐待の防止等に関する法律(平成十二年法律第八十二号)第九条第二項

この手法を応用して、新旧対照表形式における改正操作部分を集約した(共通化した)、ということかと思われます。

発想としてはアリなんでしょうけど、改め文における「の一部を次のように改正する。」という字句が共通であればこれを集約してよいかというと、そうではないように、改正操作部分は、集約する対象としてはいけないように思えます。また、新旧対照表形式を選択した以上は、多少の冗長さは甘受すべきとも思います(いまさら冗長さ回避にこだわらない)。

ともあれ、国による新旧対照表形式が進化の途上にあることをうかがわせる新たな一例でした。これが、手法として、定着するのか、消えていくのか、どうなっていくのでしょうか。

追記(9/23)
集約する対象としてはいけないように思えます、と書きましたが、よくよく考えれば、例示したものは、まさに集約しているわけですから、集約自体はいけないとはいえない。

とすると、ここでの違和感の正体はというと、
1 改正内容が異なるのに集約してよいか
2 集約を別条にしてよいか
あたりから来るのでしょう。あらためて考えますに。

特に、2点目に関しては、これだと「条文の操作」じゃなくて「ルールの説明」だよなー、というのがあります。
もっとも、逆に、ルール説明を分離するというのは革新的な発明ととらえるべきなのかもしれません。読みやすいし。
ついつい守旧的に考えてしまいがちですが、もっと自由に発想していいのかなあ。

一言L | コメント:2 | トラックバック:0 |

センスのよい法律文章の書き方

「センスのよい法律文章の書き方」(木山泰嗣,中央経済社)

訴訟や、不服申立てに関する文書の書き方は、独特です。

規範と、事実と、当てはめとを意識して書くのが肝要と思っていますが、
このような、スーパーにドライな文章というのは、
日頃の感覚とはかなり違うので、なかなか難しいかと思います。

で、そういうことの「書き方」の本というのもあるもので、
店頭で手頃そうなのを見繕って買ってみました--というのが頭書の本。

法律文章以前の、文章としての初歩的なことも多いかな、という気もしますが、
そこがあやしい人も、ままいますので、このレベルからでもいいのかもしれません。
(例えば、言葉の統一ないし使い分けなどは、みなさん結構いいかげんだったりする)

そもそものトレーニングとしては、判決文をいくつも読んで、
その思考パターンや論理展開に慣れることが基本だと思いますが、
こういう本を使って勘どころを学ぶのも有効かもしれません。

とっつきやすいという点では、まあ、いい本だと思います。
その意味では、原課や、審理員候補者の職員にも、いいかもです。

なくてもよし、あってもよし、的なものですが、
参考書が欲しい方は、自分に合いそうなものを探してみてはいかがでしょうか。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |

本を開かずに読み取る方法

仕事関係の話をするつもりでしたが、予定を変更してお届けします。



本を開かずに読み取る方法、MITが開発 - CNET Japan
http://b.hatena.ne.jp/entry/japan.cnet.com/news/service/35089009/

こんなの、「星を継ぐもの」(J・P・ホーガン,創元SF文庫)が思い浮かぶにきまってるでしょ!

本を開かずに中を読み取れる装置の発明者が、とあるプロジェクトに呼び出されるところから話は始まる。
「星を継ぐもの」、私はオススメです。



紙面が余るので、シン・ゴジラにまつわる話でも。(ネタバレではない、はず)

巨災対が一人、文科省・安田課長。

どこかで見た顔だなあ、と思ったら、
気象庁特異生物部対策課、通称「気特対」の灰田さんじゃないですか。
気象庁には出向してたんでしょうか。経験者とあっては、抜擢されるのも道理(違う
ちなみに、この課には、もう一人、シン・ゴジラ関係者がいたりします。



さらに余談。

いろいろな検索ワードからアクセスのある拙ブログですけどぉ、
「頑張ったその先にあるのが本当の笑顔」
から来られるとはビックリです。いやまあ、確かにその件で記事、書きましたけど。
こんなワードで検索されたくはなかったなぁ。

で、「頑張ったその先にあるのが本当の笑顔」で検索してみれば、
どうしてウチのブログが一番上にいる?! こんなのありかよぉ……
(追記(9/15) 今日は、2番目でした)

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

第17回MMD杯おぼえがき

【第17回MMD杯本選】Dog Day Afternoon【MMD-PV】
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm29451985

 こういうプチドラマがいいんだよ! という一品。

【第17回MMD杯本選】ミクさんたちでマーキュリー計画再現してみた
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm29434971

 人にオススメかというとそうではないのですが、こういうのは見入ってしまいますなあ。

【第17回MMD杯本選】The No Man's Land
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm29449306

 渋い。

【第17回MMD杯本選】Penumbra
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm29432081

 話がちょっとわからない、というのが正直なところですが、とはいえ、表現力と独特の世界には圧倒されます。(この人は過去作も逸品ぞろい)


でもこういうのって賞はとれなかったりするんだよなーと思っていたら、どれも何かしらの賞を得て、見てる人は見てるね、と嬉しく思う。

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

言の葉の庭

「君の名は。」、観ました。

なかなかよかった。

……。

よかったのに、「シン・ゴジラ」みたいな突き抜けた満足感がないのはなぜなんだろう?
作品への不満はないのに、何か、足りないような。

そんなモヤモヤを抱えていたのですが、ようやく理由に思い当たりました。

たぶん、「言の葉の庭」のせいだ。



少し前、新海誠監督作品の「言の葉の庭」を観ました。
(新海作品はこれが初めて)

映像、表現の美しさに驚愕しつつ、
ワタシ好みの、いい感じの空気を味わい、
クライマックスを迎えて、
ああ~、これいい、すばらしい!
と、いたく気に入ったのでした。なにこの文学作品。

ああっ、ネタバレ全開で細かすぎる魅力を語りたい!(21日ぶり2回目)

これは、さぞかし絶賛されているだろうと、レビューを漁りにいきました。

酷評されとる…… (´・ω・`)

もちろん酷評ばかりではありませんが、どうやら好みが分かれる作風のようです。

作品の味わい方というか、認め方は、人それぞれだなあと思いました。でも私は好きだぞ。

冒頭の話に戻ると、満足感の違いは、我が身への重なり方の違いからくるのでしょう。
「シン・ゴジラ」は、社会人として感じ入るものがあったし(2回目観ましたけどやっぱり涙が出てしまった)、「言の葉の庭」は、まあなんだ、人生に疲れているからとでもしておきます。
それと、ツイッターで、新海作品をカルピスの原液で例えていた方がいましたが、「言の葉の庭」は、中編という尺もあるけど、描きたいものを描いたって感じで、濃かった。それも、尾を引いていたのかもしれません。(作品の「優劣」ということではないので、念のため)
「君の名は。」も、もう一度観ると、また違うのかな。(「言の葉の庭」も、2回目は、冒頭から「あっあっ」となったし)

あと、蛇足ですが、「シン・ゴジラ」の後日、「ゴジラ モスラ キングギドラ大怪獣総攻撃」というのを観たのですが、ドラマ部分がひどくてちょっと残念でした。中盤の怪獣のために人が死ぬシーンもえげつなくて、作り手は悪趣味だなあと思いました。
これは、さぞかし酷評されているだろうと、レビューを漁りにいきました。
割と賞賛されとる…… (´・ω・`)
作品の味わい方というか、認め方は、人それぞれだなあと思いました。

小括。作品を観る順番も、大事か。

Yahoo映画を見たのですが、割と辛めでした(ここのところで少し上がったかも)。今回、amazonも見てみたら、こちらは好評が多めで安堵(もっとも、辛めの評が問題視するところは両者共通)。

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT