半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

体は条文で出来ている

>体は条文で出来ている

どこで見たとは言いませんが、よいものを見ました。実に、味わい深い。

自治体の例規なんて、みすぼらしいかもしれませんよ、しかし、

驚くことはない。これらは全て条例だ。だがな、条例が法律に敵わない道理なんてない。
法律が本物だと言うのなら、悉くを凌駕して、その存在を叩き堕とそう。


などと啖呵を切ってみたくなりますねえ。



事務連絡  あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない件について

ヒメツルソバ と思料。

(全然知らなかったのに辿りつけたことに、我ながらびっくりぽん)

至言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

自分の頭で考えるというのは

思い返すに、大学院での指導で「自分の頭で考えろ」と教員に言われたことは一度もないと思う。その代わり散々言われたのは「よく調べろ」。自分の頭で考えるというのはそれなりの危険があって、不適切な材料と不十分な思考力では斜め上にたどり着くものだ。

https://twitter.com/mishiki/status/451504602119024640


ううむ、至言ですね。
裏返せば、適切な材料に基づき適切な推論をせよ、ということになります。

誰かに対して、心の中で、自分で考えなよ……と毒づくことがままありますが、確かに、そういう人は、どこかズレた方向に向かうことも多いような気がする。

ま、腹立ちの焦点は、取り組もうとしない姿勢のほうなので、引き続き、自分で考えなよ……と毒づくことになりそうですが。(あ、サポートはしてますよ、念のため申し添え)

いずれにせよ、自戒を込めて。(孤軍奮闘は、危険)

ツイートの続き。

「自分の頭で考えろ」というが、論理的な思考というのはそもそも誰がやっても同じように一本道に進む。論理ってそういうもんだし。そうならないのは、使っている概念にブレや幅があったり、前提が異なっていたり条件が確定していなかったりと、調査の必要な部分が残るからであろう。

https://twitter.com/mishiki/status/451505820828565504



至言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

(教えを請うために)

久々の更新。

気に入っている画像があるのですが、出所が不確かなので、これまで紹介するのを控えていました。
しかし、この際、紹介しましょう。(アドレスのみにしておきますが)

http://media.tumblr.com/053dd71a903870fa6824a37954a9c3ad/tumblr_monne3zqCq1qcxoquo1_500.jpg

まことに印象深い1ページです。沁みる。
このページを切り出したくもなりますわな。

ところでこの画像、なんとなく『天地明察』かなー、と思ったら、やっぱりそうでした。
未読でしたが、今度ちゃんと読んでみよう。

至言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

法規担当がよく使うハンドサイン一覧

法規担当がよく使うハンドサイン一覧
http://d.hatena.ne.jp/tihoujiti/20140406

これに比肩するようなものは作れる気がしません。お見事です。



あと、某補佐が紹介された「心得」も、銘記すべきものでした。(びろーん)



さて、以下は余談になりますが、
かようにして育てられた職員を「使役して」繰り出されるのが、
・補助率10/10の自治事務
であったり、
他省になりますが
・所得制限があるのに事前に所得を参照すると守秘義務違反になるという給付措置

・ペナルティじゃないよ、取り組んだところへの加算措置だよという補助金
であったりすることについて、僕は何を思えばいいんだろう僕はなんて言えばいいんだろう

至言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

どうしても、なってもらう

tihoujitiさん、kei-zuさんと研修の話がありましたが、
ワタクシが研修といえば思い出すのが、これ。

『め組の大吾』(曽田正人,小学館)より。

主人公・朝比奈大吾は新米消防士。
いろいろあって、特救(レスキュー)を志望し、試験に合格。
特救の研修に参加するも、
初日から教官は異様に厳しく、目がすわっている--?

この研修が終わって、
もし異動がかかれば、
君らもイキナリ
我々と同じ特救隊員だ。

二か月後、
この内の誰かと一緒の小隊で、
現場に出場(で)るかもしれない。
その時、まだそいつが
“研修生”のままなら…


俺達(こっち)の命にかかわる。


たった40日間しかない
この研修で、特救(われわれ)の
足を引っ張らないレベルに、
どうしても
なってもらう!!

 (字の大きさは、もとの雰囲気を再現したつもりです)

“研修生”より教官の方が必死な訓練、ということなんですが、
これはインパクトありましたねえ。

読んだ頃は、消防は厳しいな、くらいの印象だったんでしょうが、
最近になって、だんだんと、洒落にならなくなってきました。

地方分権で地域主権で少数精鋭といった環境下では、事務職員には、IT、文書作法、財務会計はもとより、民法、行政法、法制執務、等々の知識・能力が必要です。研修は受けたけど…で終わってはいけません。使わないと。使えないと。
そうでないと、

こっちの仕事にかかわる。

いささか利己的に見えるかもしれませんが、これはやはり組織の課題であって。
人材いないと困るのよ。私はもう疲れたよ

研修の講師を務めるかどうかわかりませんが、務めないにしても日常の業務において、
 (一定のレベルに)どうしてもなってもらう
という意気込みで臨まなければと思う今日この頃。(もちろんハラスメントには注意で)

至言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

東北行きに乗って

MMD杯閉幕。

【第10回MMD杯】MikuMikuDanceCup Ⅹ【表彰・閉会式 第2部】
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm20281655

第1部は略。

さて今回、観光庁が選考委員となったということで個人的に注目していたところですが、
選んだ作品は[24’44”あたり]となりました。

 (ま、これなわけですが)
  【第10回MMD杯本選】世界の果てを探した男
  http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm20101183

でもって、どんな思いで参加されていたのか、そのあたりのコメントが28’52”あたりから。

そしてそして、ちょっとしたサプライズが…

運営側も、粋な計らいをしますねえ。

至言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

身体で覚える

官報をチェックしない毎朝は、ちょっと不思議な感じだ


天漢日乗 様

 杜甫の秦州詩を巡って
 http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2012/03/post-903d.html

からの一節

(略) ま、ともかく
 身体で覚える
のが、京大の流儀だ。効率は悪いだろうけど
 人に教えて貰ったこと
は、身につかない。
 半泣きになりつつ、身体で覚えたこと
は、一生忘れない。


まさしく、そのとおりだと思います。

特に
>半泣き
が、他人事に思えません。

これまでの仕事がどれだけ身についたかは「?」だけど、一生忘れないだろうことは確か。

至言 | コメント:2 | トラックバック:0 |

高い塔を建てなければ、新たな水平線は見えてこない

『はやぶさ、そうまでして君は』(川口淳一郎、宝島社)査収。

技術解説よりは、JAXAのサイトにあるような、やわらかい文章です。その集大成といってもいいのでは。
先生の“気持ち”が垣間見える分、ところどころ、こっちが“ヤバイ”ことになります。入れ込んでる者には。

また、リーダーとしての振る舞い方にも、学ぶところがありました。
士気を高める、あきらめていないと演出する、p.157-159あたりは地味に効く。

さて、まだきちんと読んではいないのですが、この言葉をぜひ紹介したいと思います。

高い塔を建てなければ、新たな水平線は見えてこない(第6章章題、P.191)


いい言葉だなあ。
宇宙開発、科学技術というのは、そうでしょうとも。
いや、それに限らず、何かに挑戦しなければ、ブレイクスルーは得られない。
二番でいいわけがない。


追記(2/8)
読了したので、アマゾンさんのレビューではどんなかなー、と見に行きました。
そしたら、星1つのレビューがあるんです。ひとつだけ。
解せないな、どういうこと? と思って見てみれば… まったくもう
確かに「買ってはいけない」かもw

至言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

議論しましょう

branchさんが、よいことを書いてらっしゃる。(こちら
当たり前のこと。だからこそ、自らの諌めとしよう。

特に、議論に乏しいと感じられる昨今、「議論しましょう。」は本当に大切。
また、日頃、上に対して「それでいいんですか、こうではありませんか」と率直に発言する(してしまう)ことの多い私としては、若干勇気づけられるところ。


(ここから先は駄言です。)

しかし、なんですね、世間では、問答無用という話題に事欠かない。
 ・定額給付金は自治事務だよ
 ・扶助(単独事業)を拡大するから給料削るよ
 ・新しい制度(←必要性がわからない)やるからね
絶望し

こんなことばかり続くと、職員はだんだん議論する気を失ってしまう。
ムダムダ、上から言われたとおりやるしかないんや。

だけど、心、折れるものか。

な、泣かないよっ
ま、負けるもんかっ

至言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

リーダーシップ

内田樹先生の評が的確すぎます。


http://blog.tatsuru.com/2008/08/20_1610.php


至言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |