半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

ニュース雑感(2017/7/26)

作詞家、山川啓介氏の訃報。
ウィキペディアで見ると、宇宙刑事シリーズなど、私の好きな曲がいっぱいだ。合掌。

また、作曲家、平尾昌晃氏の訃報。
私の好きな曲のひとつ「ぶっちぎりの青春」は、この方の作でありました。合掌。

そして、映画監督、ジョージ・A・ロメロ氏の訃報。
言わずと知れた、ゾンビ映画の方。合掌。



1つめ。

 「金券やめて」ふるさと納税返礼巡る総務省の通知に群馬・草津町長が猛然反発し「真っ向勝負」 総務省に乗り込みバトル
 http://www.sankei.com/politics/news/170726/plt1707260012-n1.html

煽り気味の見出しは少々気になりますが、町長の気持ちは伝わってきます。
金券といっても、地域内のものとなると、話は少し変わってくるか?

2つめ。

 「町村議会のあり方に関する研究会」の開催
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei01_02000123.html

経過は要観察、ってヤツ?

3つめ。

 「行政手続法施行令の一部を改正する政令案」についての意見募集の結果
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyokan04_02000050.html

政令案についてどうこうはないのですが、意見にあった、

>(ただ、厚生労働省が意見募集を行うと、多くの場合、新旧対照表等が出てこず、結局どういう内容の改正を行うのかが不明な意見募集となるのであるが。国・政府としてしっかりして欲しいものである。)

には、あ、ワタシだけじゃないのねやっぱり。 と思ってしまいました。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

法学セミナー

法学セミナー誌を読み始めて、かれこれ6年半になります。

きっかけは、塩浜さん・吉田さんの連載でした。

2011.1 通巻 673号
https://www.nippyo.co.jp/shop/magazine/5482.html

雑誌を買った以上は、目当ての記事以外も読まないともったいないので読むのですが、まあこれが苦痛苦痛。何言ってるんだかさっぱりわかりません(法学部卒ではないので)。
読むのに15、6時間はとられたでしょうか。この時間で、ラノベなら4、5冊は読めるだろうに。

で、連載も終わるのですが、

2013年1月号 通巻 696号
https://www.nippyo.co.jp/shop/magazine/6127.html

ちょうど行政法の連載があったこともあり、そのまま読み続けました。その後も、吉田さんの法令用語の連載が始まるなどして、購読のやめどきを逃して今に至っています。
最近では、読了に12、3時間というところでしょうか。昔ほど厳しくなくなったように思います。
ただ、これ、私がレベルアップしたわけではないようです。

2017年8月号 通巻 751号
https://www.nippyo.co.jp/shop/magazine/7490.html

専門性の高い連載が少なくなっています。昔と比べると、内容が「薄い」かなぁと。
この先、どうしようかな(と思いながら、ずるずる

ちなみに、読んでいて面白いのは刑法方面だったりします。
どういう理屈でなら全ての事案を説明できようか、的な感じが、好き。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニュース雑感(2017/7/16)

電子納税しやすく 国税庁、証明書や専用機器不要に
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS14H2B_V10C17A7MM8000/

マイナンバーカードの普及と、
マイナンバーカードがなくてもできる方法が出てくるのと、
どっちが速い?

あ、でも、マイナンバーカードがなくてもできる方法の検討なんかすると、
夜更けに誰か来ちゃうかしら。

ところで、これを応用するならば、
IDとパスワードでコンビニで住民票が出ても構いません誓約(登録)をすればいいということに ああ、窓に!窓に!

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

配当(あるいは、予算と現金のお話)・2

自治体の歳出は、支出負担行為と支出命令の2段階で行います。
同様に、歳入は、調定と収入の2段階で行います。

支出負担行為は、債務の把握で、支出命令は、債務の履行。
調定は、債権の把握で、収入は、債権の履行。

端的に言えば、権利・義務の把握と、その履行とを、分けているわけです。

分けないと?
収入・支出の動きは、単なる現金の動きになります。おこづかい帳ですね。しかし、それだと、現金の残高の範囲でしか支出できませんし、この先いくら使えるかもわかりません。

予算は、1年分の歳入歳出を見込んで、歳入歳出同額で組み立てられていますが、予算は見積もりであって、その年度に本当に使えるかどうかは、確認が必要です。
その確認はどのようにするか、といえば、現金の残高で、ではできません。収入の当てがあるかどうかで、とらえる必要があります。

予算執行には、「配当」という工程があります。支出負担行為をいくらまでしていい、という指示をするものです。
その根拠となるのは調定で、調定が(少なくともその見込みが)なければ、契約されては困ります。
見方を変えると、現金がなくても、権利があるなら、いずれ入金されるはずなので、債務を負っていい、という理屈です。

一方で、支出負担行為の側は、その累計を考える必要があります。
現金があっても、未払の債務があっては、むやみに債務は負えませんからね。

というわけで、この辺をコントロールするには、権利・義務の発生レベルでとらえる必要があるわけです。
だから、支出負担行為と調定を、支出命令と収入とは区別して行っておく。
予算の執行は、実は、ミクロでは発生主義なのです。
(出納整理期間を設けて年度内の完遂を原則としているため、また、それを前提とした書類のため、そうとわかりにくいだけ)

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

おてがみ

自治実務セミナー7月号、地方自治法施行70周年を迎えて、として識者の論考を載せていますが、それらを読んで私の脳裏に去来したのは、

 職員定数を減らせ
 情報公開条例は制定してあるんだろうな
 国家公務員と同様に給料を減らせ

であり、また、

 新公会計制度の公表をしろ
 マイナンバーには対応してもらう

でした。

ちなみに、国の関与の方式には、“書簡”というのもあるのですが、どなたか研究なさらないかしら。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

法令新検索イーガブX

仕事でのひとこま。

私「じゃあ、○○法の条文を見てみよっか。法令集でぇ、事項別のぉ……」
後輩「(法令集の検索窓に法律名を打ち込み)カチャカチャカチャ…… はい、出しました」

これが若さか……
人によるのか世代によるのかわかりませんけど、私は基本的に事項別(体系)からたどる派です。検索は最後の武器。



「e-Gov法令検索」のリニューアル公開について
http://www.e-gov.go.jp/news/egov/2017/news20170623.html

>法令データをより使いやすく、より身近なものにするため、6月26日(月)午後、「e-Gov法令検索」をリニューアル公開します。

なんか、反応が遅くありませんこと?
機械ファーストになって、人にやさしくないのかしら?(どうなんでしょうか、実際)

ちなみに、なんですが、事項別索引から「行政手続」を選択すると、なぜか
4件
しかヒットしません(6/28現在)。

「e-LAWS(イーローズ)」になって遺漏とは あっ、やめて、ものを投げないで

追記(6/30)
「行政手続」での表示、きちんとされるようになってました。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

33-4

映画の副題を巡って、どーのこーの、あったようですけど、

 【更新】タイトルと内容が違う…?大ヒット映画の邦題「私たちのアポロ計画」に批判 配給会社に聞く
 https://www.buzzfeed.com/jp/harunayamazaki/dream-apollo?utm_term=.wcaybxqqR#.eykqARKKn

 「ドリーム 私たちのアポロ計画」邦題変更 「ドリーム」に
 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1706/09/news113.html

わかりやすさ優先、といえば聞こえはよいですが、その実、
どうせ計画の違いなんかわからないだろう、と見下しているわけですよね。

正確さを欠いてまでもそうする方が選択されるとは、嫌な時代だ。
作品に対しても観客に対しても、敬意がないじゃないですか。

また、別件ですが、テレビ番組の制作において、ネットで拾ったものを事実と信じて疑わないお手軽さにも、困ったものです。
大丈夫かな、この国。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

チェスト

(タイトルに意味はありません。ないから。いいね?)

5月29日の官報にこんなものがありました。

行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律第十九条第七号の規定により地方税関係情報を照会する場合に本人の同意が必要となる事務を定める告示(内閣府・総務一)

本人の同意?

聞けば、情報の提供が守秘義務に抵触するので、同意が必要みたいです?

……。

異なる機関との間の情報連携を目的とし、
後法にして特別法でありながら、
前法の守秘義務を解除していない法ってなんなの?
○○なの? ○○の?
なんのために生まれて なにをして生きるの

もうマジムリ……

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ニュース雑感(2017/5/24)

「ご当地婚姻届」商標登録知らず 遊佐町、匿名指摘でおわび文
http://yamagata-np.jp/news/201705/24/kj_2017052400517.php

 遊佐町が先月から配布している「ご当地婚姻届」の名称使用が商標権侵害に当たると指摘する、差出人の分からない文書が寄せられ、町はホームページ(HP)に約1カ月間、おわび文を掲載していたことが23日、分かった。「ご当地婚姻届」はリクルートホールディングス(東京)が商標登録しており、町はこの事実を知らずにPRしていた。町は同社からの指摘と受け止め、対応したが、同社側が公式に出した文書ではなかった。


所感として、
1 商標権侵害はよろしくないですね
2 とはいえ、これ、商標登録できちゃうのか(いいんですかい、法務省さん?)
3 私も商標登録あるとは思っていなかった。こういうのまでチェックする習慣をつけろというのはなかなか厳しい
4 なぜに投書……

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニュース雑感(2017/5/9)

5/2付けの記事。

 マスコミの「議会廃止へ」報道に頭抱える 事務局「ニュアンスが違う」
 https://www.j-cast.com/2017/05/02297125.html?p=all

今日。

 高市総務大臣閣議後記者会見の概要(平成29年5月9日)
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/01koho01_02000002.html

高知県大川村における「町村総会」設置の検討について

問:幹事社から1問御質問させていただきます。(中略)。人口約400人の高知県大川村が、地方自治法に基づいて村議会を廃止して、「町村総会」を設置する検討を始めました。過疎化などが進む地域での村議のなり手不足が理由とのことですが、大臣のお受け止めをお聞かせください。

???

 総務相「村総会設置も選択肢」 高知・大川村、議会廃止検討で
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS09H0G_Z00C17A5EAF000/

う、うーん…… 普通なら、ただの後追い記事なんですが……
冒頭の記事を読んだ後では、周回遅れ感が……

次。

 インターネット版官報、官報情報検索サービスのページをリニューアルしました。
 http://www.npb.go.jp/ja/news/20170421_kanpourenew/index.html

日頃より、インターネット版官報、官報情報検索サービスをご利用いただきまして、ありがとうございます。
より見やすく、より使いやすく!当該ページは、ご利用者様の利便性向上を目的とした機能改善を行い、平成29年5月8日に全面リニューアルいたしました。

これは、けっこう、びっくりしました。

次。某氏経由。

 答弁書:逃げが3割 現政権のゼロ回答・一般論急増
 https://mainichi.jp/articles/20170509/k00/00m/010/120000c

 政府が国会議員の質問主意書に対して閣議決定する答弁書で、質問内容に対し「意味するところが必ずしも明らかではない」と留保する文言が急増している。2000年以降の答弁書約1万2500件を調べると、同様の言い回しがあったのは約1300件。このうち第2次安倍内閣以降が6割超の約860件を占めた。なぜこの言葉が使われるのか。


そういえば昔、
 http://hanshoblog.blog50.fc2.com/blog-entry-1010.html

ちなみに、
 >御指摘の「     」の意味するところが必ずしも明らかではないが、
は、使えそうで使えない少し使ってみたい日本語ですね。

なんて書いたなー。
なぜこの言葉が使われるかといえば、一般論ですが、
1 論点ずらし のほか、
2 (それ以上いけない

ちなみに、こんなパターンもあるようです。
 >お尋ねの趣旨が必ずしも明らかではないため、お答えすることは困難であるが

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT