半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

年末の御挨拶

一年が終わります。このブログにとって初めての年末です。
縁あってお越しいただいた方々、お目汚し失礼しました。
また、定期的にお越しくださっている方々には、特に厚く御礼申し上げます。

朱くなっていませんか? 歩くたびにHPが減っていきませんか?
常々、こんな内容で申し訳ないなあと思いながら、書いておりました。
もうちょっと、役に立ちそうなこと書けよ、って。

闇鍋。そういうブログだと思います、ここは。
で、来年もきっと、そういうブログのままだろうと思います。
それでもよろしければ、引き続き、お付き合いくださいませ。

よいお年を。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

条例はどこまで・3

名誉棄損:辞職勧告の府中市議、市を提訴 親族の工事契約「条例は憲法違反」 /広島

 府中市の松坂万三郎市議(自由クラブ)は26日、同市議会議員政治倫理条例に基づく辞職勧告決議などで名誉を傷つけられたとして、500万円の慰謝料を同市に求め、広島地裁に提訴した。同条例は2親等以内の親族が経営する企業が府中市と工事の契約を結んだ場合、市議は企業が契約を辞退するよう努めなければならないと規定している。松坂市議の兄が社長を務める土木建築会社は10月、同市と道路工事契約を締結。市議会はこれを、条例違反として今月16日に松坂市議の辞職勧告決議を可決していた。(以下略)


問題のもととなった条文(全文はこちら

第4条 議員、その配偶者若しくは当該議員の2親等以内の親族(姻族を含む。)又は同居の親族が経営する企業並びに議員が実質的に経営に関与する企業は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第92条の2の規定の趣旨を尊重し、市の工事等の請負契約、下請工事及び委託契約を辞退しなければならない。ただし、災害等特別な理由があるときはこの限りでない。
2 前項に規定する議員が実質的に経営に関与する企業とは、次の各号のいずれかに該当する企業をいう。
 (1) 議員がその経営方針に関与している企業
 (2) 議員が報酬を定期的に受領している企業
 (3) 議員が資本金その他これに準ずるものの5分の1以上を出資している企業
3 前2項に該当する議員は、市民に疑惑の念を生じさせないため、責任をもって関係者の辞退届を提出するよう努めなければならない。
4 前項の辞退届は、議員の任期開始の日又は第1項に規定する契約に係る事業を開始することとなった日から30日以内に市長に提出するものとし、その写しを府中市議会議長(以下「議長」という。)に送付しなければならない。


辞退を義務付けられた兄は、訴訟に参加しているのでしょうか。条例の無効確認を主張してもよさそうです。また、当の議員は、努力義務を果たさなかったのでしょうか。契約を止められなかったとはいえ、努力したのであれば、(文理解釈的には)問責されるいわれはなさそうですが。

さておき。

政治家が清廉潔白であるべきことに異論はありません。
李下に冠を正さずという言葉もあります。
ただ、この場合、どの辺りからが「下」になるのか。
地位利用・便宜供与を防ぐためには、自治法を超える規制であっても、ある程度は受忍すべきとも思います。思いますが、程度が過ぎれば自由の侵害になります。

難しいです。答えは簡単だ、というレベルに私はありません。

今のレベルで言えるのは、さすがに、2親等は、キツイような気が。
 「兄ちゃん、俺、立候補するから」
 「やめろ、営業に響く、会社を潰す気か」
これでは、立候補の制約になりかねないわけで。(そういう縁故者がいるものは立候補するな、という含みなのかもしれませんが。)

この辺りの議論は、憲法論議も含め、いろいろあったようで、当時の議事録からも伺えます。
(同市平成20年3月議会から、3月7日3月24日を参照。全文表示の、下の方にあります。)

違憲の審査は個別の紛争を通じてしか行われないので、申し訳ありませんが、注目させていただきます。
これは、他の参考にした・された自治体も、要注目ですね。あるいは、戦々恐々?

(今回も)蛇足。被告は「市」ですか。どなたが担当されるのでしょうか。多分、条例案作成には関与していなかった方かと思われますが、まことに、おつかれさまです。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

条例はどこまで・2

気の緩みでしょうか、随分開いてしまいました。


条例はどこまで規制できるか、の反対には、どこまで規定するか、の話もあります。

 議員提案による「静岡市めざせ茶どころ日本一条例」を全会一致で可決しました

 奈良市もてなしのまちづくり条例(仮称)検討委員会
 ※素案が見られない場合は、最後の検討委員会会議資料でなんとか。

いわゆるユニーク条例、になるのでしょうか。
いろいろお考えの上でお進めになられたこと、望んだ効果が得られますよう、お祈りします。

ところで、このような条例に対する例規担当者の態度というのは、概ね2通りで、現時点ではどちらが正解というのはないと思います。

が、私はといえば、謙抑派であると白状しておきます。
法令・条例は、殺伐としてないと。
法令・条例がなければ立ち行かない、又は立ち遅れる、そういった差し迫った必要性があってこその法令・条例だと思ってますので。(例えば、公害の規制とか、福祉の基本法など)

対して、ゼロ地点からプラスに持っていこうというのは、法令・条例でなくてもできるわけで、しかも法令・条例とした以上それ自らが規制となるので、そぐわなさ感を抱いてしまうのかな。
ま、もちろん、仕事ですから、やるときはやりますが。
(あと、両市についてとやかく言うつもりは毛頭ございませんので、念のため。)

蛇足。奈良市の検討委員会が要項設置のようですが、突っ込んだら負けでしょうか。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニュース雑感

2題ほど。

鳥取県が砂丘レンジャー募集 落書き禁止条例で

砂丘を愛する人なら性別・年齢問いません-。砂丘の落書きを禁止する全国初の条例を来年4月に施行する鳥取県は22日、巡視、指導する非常勤職員「鳥取砂丘レンジャー」2人を募集すると発表した。

鳥取戦士サキューン…と反射する私はダメダメです。
※『天体戦士サンレッド』(くぼたまこと,スクウェア・エニックス)6巻に登場。


トヨタ、役員賞与全額カットも…経営責任を明確化

経営責任は、役員からお願いしたいものです。役員は安泰で、従業員の給料・賞与から先に手を付けるというのは感心しません。役員のこれまでの判断の累積が、今日の状況を生んでいるわけで(基本的に)。
翻って、自治体における役員とは。今日の状況に至るまで議決を累積してきた方々とは。職員の給料カットの話を耳にするたび、思いますね、じゅ・ん・ば・ん。
蛇足を申し上げると、議員は追認しているだけで罪がないように見えるかもしれませんが、追認するだけの案が出てくるということはどういうことか、あまり省みられていないのではないでしょうか。世間は公務員を買いかぶりすぎです。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ふるさと納税の対応

国民健康保険法施行令の一部を改正する政令案」に対する意見募集が始まりました。

介護納付金に係る限度額の方にばかり目が行っていたけど、もうひとつの「新たな所得割算定方式」ってなんだろう?
寄附金控除が税額控除になることへの対応?
なるほど、確かに、税額の多寡では、所得(=負担能力)の多寡はわからないと言えますね。

ん?

となると、各種福祉の自己負担額の根拠となる税額の定義も、要対応ってことよね…
税額控除の適用がないものとして判定するように、変えるのだろうな。
自己負担額関係は、このまえ税源移譲の対応したばかりなのに、また orz
はぁ、とりあえず各担当に言ってこよう…

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

兄弟の会話

総務大臣記者会見(12/16)より。

【政界再編】の部分より抜粋

まず兄の特徴はですね、個人的な会話を何でもすぐ外でマイクを通してしゃべるというのは、10年ぐらい前から兄の癖でございまして、非常に困る。もし私が同じことをやったら、どういうことが起きるかということを考えないのかなと。それは恐ろしい兄弟の会話があるわけですからね。よくね、ものすごい会話が。私がマイクを通して言ったらどうなるのですか。兄の小沢一郎代表に対する評価などというのは、私が兄から聞いたことをしゃべっていいんですか。


ものすごい会話って、どんな… しゃべってみてほしいデス。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

提出できないと思う

砂利採取業者の登録等に関する規則の一部を改正する省令案に対する意見公募」が行われています。

添付書類を定める部分の改正案なのですが、その中に、ちょっと気になる点がありました。

 当該業務主任者の住民票

一般に「住民票」と呼ばれます(かつ、呼んでます)が、本当の住民票は、市町村長が編成して備え付けておくものなので、現物はお渡しできないと思います。
なら? 法令文においては「住民票の写し」(検索結果199件)、「住民票の抄本」(同54件)が使われています。住基法では「写し」ですから、この方が適切でしょう。

ちょっと待て、ウチはどうなのよ? チェックしなきゃ。あー、しごと増やしてしもたー

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

伝染か感染か

人様の例規に口を挟むのは、本意ではない。ないので、随分迷ったけど、やっぱり書こう。

 伝染病予防法(明治30年法律第36号)

は、改めた方がいいと思います。あと、関連の特殊勤務手当も。

学校保健法の改正のある今回は、チャンスだと思います。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

老人保健法が許されるのは

人様の法令に口を挟むのは、本意ではない。ないのですが、

国民健康保険法施行規則

第五条の七 略
2 市町村は、法第九条第三項又は第四項の規定により被保険者証の返還を求められている世帯主に係る被保険者証が第七条の二第四項の規定により無効となつたときは、当該世帯に属するすべての被保険者(法第九条第三項に規定する老人保健法の規定による医療等(以下「老人保健法の規定による医療等」という。)を受けることができる者を除く。)に係る被保険者証が返還されたものとみなすことができる。


国民健康保険法

第九条 略
2 略
3 市町村は、保険料(地方税法(昭和二十五年法律第二百二十六号)の規定による国民健康保険税を含む。以下この項、第七項、第六十三条の二、附則第七条第一項第三号並びに附則第二十一条第三項第三号及び第四項第三号において同じ。)を滞納している世帯主(その世帯に属するすべての被保険者が原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(平成六年法律第百十七号)による一般疾病医療費の支給その他厚生労働省令で定める医療に関する給付(第六項及び第八項において「原爆一般疾病医療費の支給等」という。)を受けることができる世帯主を除く。)が、当該保険料の納期限から厚生労働省令で定める期間が経過するまでの間に当該保険料を納付しない場合においては、当該保険料の滞納につき災害その他の政令で定める特別の事情があると認められる場合を除き、厚生労働省令で定めるところにより、当該世帯主に対し被保険者証の返還を求めるものとする。


これは、素で改正漏れですか?(それとも正誤が出るんでしょうか…)

一言 | コメント:6 | トラックバック:0 |

本日の営業(労基法など)

tihoujitiさんが御紹介の「社債等の振替に関する法律」の該当有無をチェック、と。
よしよし。

schwantnerさんが御紹介の「労働基準法」の一部改正が公布されたので人事に予告。
私「いずれ準則出るでしょうけど、勤務命令の様式の準備とかもありますからね」
相手「うん。でもさ、60時間やらなければ問題ないよねっ」
そりゃあ、確かに。

今日の官報には、国保の施行規則もあったので、今更だけど一応提供。
(この後、ヘンなもの見ちゃったのは、想定外だったけど…)

出産一時金は、4万円upとか。
出産一時金「全国一律42万円」に 来年10月から、厚労省方針
10月から…

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |

直轄事業負担金

国直轄事業負担金を見直したいと表明する知事がいらっしゃる。
お考えが、おありなのでしょう。
なら、市町村から府営事業負担金を見直したいと言われたら、応じるのがCOOL。
いっそのこと、市町村に府営事業負担金を求めないようなら、最高級にCOOL。
(府内の首長さん、どうですか? チャンスかもしれませんよ。)

国直轄事業・都道府県営事業の負担金に関しては、受益の地域偏在性があるわけで、地元負担というのはある程度しかたないと思うのです。程度の問題で。地方自治法にだって、「受益の限度において、分担金を徴収することができる。」という規定があるわけですし。(ま、勉強してみたら宗旨替えするかもしれませんが。)

それよか、生活保護費の地方負担の方を問題にしていただきたいですね。この扶助は、当該地域の税金で支える問題ではなくて、地域に関わりなく支えを受けられるという問題だと思うのです。
ええ、例によって遠吠えでございます。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

企業城下町

おつかれさまです。
ねぇ知ってる?
企業城下町は、不況に備えて基金をたくさん貯めているというよ。

最近話題の某市を見てみました。
財政調整基金279億、保健医療福祉基金140億、ほか。(19年度末)

目が眩みます。うら、うらやましくぁwせdrftgyふじこ
でも、この財調をもってしても賄えないかもしれないんですね。大変ですね。


話は変わって。
そういえば、自分のトコの定額給付金の規模を考えたことがありませんでした。
計算してみたら結構な額でした。立替払なんて、ムリ。ゼッタイ。
ところでこれ、もうちょっとカンタンに計算できないかな。

 (12000円×人口)+(8000円×人口×対象者率)
=(12000+8000×対象者率)円×人口
=15000円×人口

シンプル、さわやか、全世帯でこんな感じですかね。対象者率は、37.5%。
高齢者層が少ないようなら、
14800円(対象者率35%)とか、14600円(同32.5%)とか?
以上、人口だけでアタリがつけられるね、という児戯。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

合議(ごうぎ)の知を求めて

どうして世の中というのは、こう、うまくいかないものなのだろうか。
もう少しマシな答えとか、やり方が、あってもよさそうなものだが。
だから話し合う? しかし、集団による意思決定が、実は正解から遠ざかるものだとしたら、どうだろう。

「合議の知を求めて」(亀田達也,共立出版)は、印象的な導入で始まる。

人々のさまざまな意思をほど良く推し量り,多くの場合に最適な形で決定を下すことの出来る,善意で非常に有能な“独裁者”が存在し得ると仮定してみよう。


“良い独裁”が存在し得ると仮定したときに,それを積極的に否定できるだけの根拠を,集団意思決定や,話し合い・合議というしくみがどの程度備えているのか,さまざまな側面から考えてみたい。


本書では、「プロセスの損失」「沈黙のらせん」「投票のパラドックス」といった知見を絡めながら、集団意思決定が適切な答えを導いているかを検証していく。
その結果は、(私が理解するところでは)“NO”だという。
合議では、その手続の正しさにこそ満足するけれども、メンバーが持つ以上のものは出てこないし、決を取るときに民意が正しく反映される保証もない。
例えば、「三人寄れば文殊の智恵」というが、新たな智恵が創造されることはほとんどなく--単に発見の確率が高まったにすぎない、のであるとか。

だから。
自治体としての意思決定も、自治も、こうした性質を持つならば、これを自覚し、その上を行くような振る舞い方をしなければならない、ということになる。
集団において如何に最善を導くか。本書のタイトルは、今でも私のテーマである。
(今では新しい知見があって、これはもう古いのかもしれないけれど。)

蛇足1 テーマではあるが、解決できているわけではない。むしろ未だに呪詛(自粛
蛇足2 組織をこんな目で見ている私は、さぞかしヒネクレモノであろうよ。

独り言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

天体戦士

「プラネテス」(幸村誠,講談社)読了。良品でございました。

で、そんな作品と一緒に「天体戦士サンレッド」(くぼたまこと,スクウェア・エニックス)とか買ってきちゃうアタシのセンスってどうよ。
とりあえず1巻だけ買ったんだけど、たまらず続きも査収。

こちらで何話か立ち読みできます。
http://www.square-enix.co.jp/magazine/yg/introduction/sunred/

アニメ化もされてるという…。
こちらから見られます(最新話のみ)。
あ、見るときは、立ち読みして世界観を入れてから見た方がいいわよ。
http://www.sunred.jp/

今は、FIGHT.10。…なんだか、とんでもないものを見た気がします。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |

前にずらす

昨日に続き、「そういうのもあるのか」というものを。

地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律(平成20年法律第67号)に、こんな一文がありました。

 第二十一条を第二十条の三とし、同条の次に次の四条を加える。

前にずらしております。枝番をつけて。

改正前、20条の2、21条、21条の2、21条の3… という並びのところ、
21条と21条の2の間に4条を加えたいというもの。

確かに、21条の0の2、21条の0の3… を加えるわけにはいきませんね。
そこで、21条を20条の3として、
20条の4、20条の5、20条の6、21条 を加えるというわけですか。

他にも同様の例はあり、珍しい手法というわけでもないようです。
ワーク問189に、繰り上げてスペースを設けることもある旨の記述があります。

ちなみに、現時点では一部施行のため、20条の5、20条の6、21条はありません。
ん? 欠番?
法令データ提供システムでは、 21条は「未施行」と表示されてます。(これは、珍しいのかな?)


追記(2010/3/28)
既に枝番があるときの処理としては、前にずらすのだけが解決策ということではなく、オーソドックスな繰下げもあれば、次の例のように、最初の枝番を“枝番の枝番”にする方法もありますので、念のため。(洋々亭で話題があったので補完)

租税特別措置法の一部を改正する法律(平成21年法律第61号)
 第十条の二第三項中…改め、同条第十二項中…改め、同条を第十条の二の二とし、第十条の次に次の一条を加える。
 (試験研究を行つた場合の所得税額の特別控除の特例)
第十条の二 略

助言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

それぞれ

用例を探していると、へぇ、と思うものを見つけることがあります。

複数の例規を一括改正する際、経過措置を書き連ねるのが煩わしい場合があります。
みなし規定とか、様式の取り繕いとか、単純に同じことを書かなければならない場合、
 第○条による改正後のA規則の規定による…は、…
 第×条による改正後のB規則の規定による…は、…
 第△条による改正後のC規則の規定による…は、…
のようになるところです。

そのような、同じ内容を繰り返す場合、「改正後のそれぞれの条例(規則)の規定による…は、…」という表現でまとめることができます。
「それぞれ」というのは、こういう使い方もあるんですね。簡便かつわかりやすいので、なかなか有効だと思います。

「改正後のそれぞれの」で検索するとヒットしますので、実例を御確認ください。

助言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サイコロ2

定額給付金の開始目標は年度内である、と。
しかしまず、定額給付金を実施するには、補正予算を組まねばなりませぬ。
さあて、どうしましょう。

1 決まり次第、臨時議会で
2 3月定例会の初日議決でなんとか
3 3月定例会の最終日議決でいいや
4 ゼロ債なんてどうよ
5 もう、腰をすえて当初予算
6 なにはともあれ深夜バスの旅

御一緒に、繰越明許費の設定はいかがでしょうか(笑顔



繰越と言えば、これ、国庫金の繰越理由書いてくださいとか言われちゃうのかしら?
(国庫金は、20年度予算と思われるので。)

妄言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |