半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

地方自治法の一部を改正する法律

   地方自治法の一部を改正する法律
 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)の一部を次のように改正する。
 第二百三十六条第一項中「時効に関し他の法律に定めがあるものを除くほか、五年間」を「五年間(時効に関し他の法律に定めがある場合は、当該法律の定める期間)」に改める。
   附 則
 この法律は、公布の日から施行する。
     理 由
 権利の時効による消滅の取扱いを明白にし、もって普通地方公共団体の財務の適正化を図る必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。



現行の条文。(下線は戯れ言の対象部分)

 (金銭債権の消滅時効)
第236条 金銭の給付を目的とする普通地方公共団体の権利は、時効に関し他の法律に定めがあるものを除くほか、5年間これを行なわないときは、時効により消滅する。普通地方公共団体に対する権利で、金銭の給付を目的とするものについても、また同様とする。
2 金銭の給付を目的とする普通地方公共団体の権利の時効による消滅については、法律に特別の定めがある場合を除くほか、時効の援用を要せず、また、その利益を放棄することができないものとする。普通地方公共団体に対する権利で、金銭の給付を目的とするものについても、また同様とする。
3 金銭の給付を目的とする普通地方公共団体の権利について、消滅時効の中断、停止その他の事項(前項に規定する事項を除く。)に関し、適用すべき法律の規定がないときは、民法(明治29年法律第89号)の規定を準用する。普通地方公共団体に対する権利で、金銭の給付を目的とするものについても、また同様とする。
4 法令の規定により普通地方公共団体がする納入の通知及び督促は、民法第153条 (前項において準用する場合を含む。)の規定にかかわらず、時効中断の効力を有する。


以前、私法上の債権についても一律に消滅にならないかな、という願望を書きました。(こちら
そうなるには、どう書かれていればよいか。

自治法上の使い分けとしては、公法上の債権を言う場合は「普通地方公共団体の歳入」、私法上の債権を言う場合は「金銭の給付を目的とする普通地方公共団体の権利」であるからして……今のままで足りる。 あれ?

第236条第1項の主語が「普通地方公共団体の歳入」でなく「金銭の給付を目的とする普通地方公共団体の権利」となっている以上、そもそも私法上の債権をも含むと解するのが妥当だと私は信じたい。
後段で「普通地方公共団体に対する権利」について同様ということは、それが私法上の債権であることを示唆するはず(だって、私人が持つ公法上の債権、という意味では不自然だもの。)。

地方自治法が民法に対する特別法であることは、同条第3項からも明らかです。そうなると、第1項の「他の法律」は、介護保険法のような個別法たちを指すはずであって、民法まで含むのは、どこかがおかしい。

いや待て、民法を含むとしよう。ならば、それが適用される部分は「どこ」だ?
「5年間」のところだけ、ではないだろうか。
民法の適用を受ける債権は、債権自体が第236条第1項・第2項の対象にならなくなるように“思い込んで”いたけれど、そうではなく、期間は2年だったり10年だったりするけれど、一律に消滅にはなる。
そういう適用関係ではないか?

そういう感覚で水道料金の件の判決文を読み直すと、時効の年数だけが争点であって、何も消滅まで否定されているわけではないようにも思えてくる。

じゃあ、債権管理条例なんて、わざわざ作らなくても問題ないじゃないか。

…うう、取り組んでこられた団体を愕然とさせるような展開になってしまいましたが、むろん、これは私の独自の解釈。真相はわかりません。
いずれにしろ、紛れのないよう、条文自体に変わっていただければと思ったところですが、現行の条文でも解釈は同じとなると、改正の理由がなくなってしまいますな。(ま、そもそもがお遊びなんですけどね。)

ちなみに、洋々亭[No.13110]で紹介されていた内容とは、適用どころが異なる結果となりましたので、阿部先生の著作を入手して引き続き研究したいと思います。(財布と相談ですけどorz)

戯れ言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

カタカナで言うな

連鎖化事業者 ってなーんだ?



答えはこちらで。

中国語のクイズなわけじゃなくて、法令における用字用語のお話デス。
法令には安易に外来語は使わないというルールがありますが、その一例ですね。
使わないで表現する方が、かえって難しそうですが。
さて、自分トコの例規で、ここまで拘れるかな。

助言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

意見公募手続

意見公募手続(パブコメ)について何点か書いてみたいと思います。

1 案の具体性について

行政手続法第39条第2項
 前項の規定により公示する命令等の案は、具体的かつ明確な内容のものであって、かつ、当該命令等の題名及び当該命令等を定める根拠となる法令の条項が明示されたものでなければならない。


 意見公募の多くは、法案資料で言うところの要綱レベルで行われています。
 何をしたいのかは、それで通じると思います。
 しかし、神は細部に宿るというではありませんか。
 言い回しひとつで、適用の違いも温度差も出るわけだから、やはり条文も見たいです。
 そうでないと、意見の出しようがありません(行政関係者でなくてもそうでしょう)。
 そういう意味では、「具体的」とは、新旧対照表を提示していただくのが一番です。

2 意見の反映について
 以前に参加した某セミナーで、講師の方が、このことについての国の考え方に触れていました。私が乱暴に要約すると、こういうことのようです。
 “意見で変わるような案は、そもそも練りが甘い。”
 想定されるような意見は勘案した上で作った案だから、多少の意見では、案の変更はない、と。
 なるほどなあ、と思いましたよ。自負ですよね、傲慢じゃなく。
 意見募集の結果公示では、見解の相違は相違でスルーされがちですが、作る側の考えが固まっているからこそ、そうなるのでしょう。(なお、反映しないことの全部を支持するわけではありませんので、そこは念のため。)
 ただ、それも過ぎると、意見公募の意味がなくなってしまうので、いい塩梅をお願いしたいところです。自分たちがやる側になった場合も、もちろんですが。

3 手続の瑕疵について
 意見公募手続を欠いたらどうなるんだ? と聞かれたことがあります。
 現時点では、定説はないように思います。当時読んだもののひとつには、今後の学説・判例に委ねる、ってのもあったような。少なくとも、現行の条文に、無効規定が入るには至りませんでした。
 私見を述べると、制定改廃する事情・必要性が先に立つ以上、制定改廃されるのが大事なわけで、そうすると訓示規定と解すべきと思うところ。
 意見公募手続を欠いた制定改廃を無効というためには、意見公募手続に、認可のごとき形成力を認める(与える)ことになろうかと思いますが、うーん、どうでしょう? 私は答えられるレベルにありません。

4 自治体における導入について
 行政手続法並みに、規則以下に導入するのは、かなりハードルが高そうです。
 あんまり考えたくない、あれやこれやが浮かびます。これは、別の機会に(と言って逃げる)。

おまけ 期間について
 30日は長いですね。国の場合、どこまでスタンプラリーをされるのか存じませんけれど、その他前後の諸般の手続も考えると、かなりキツイはず。新旧対照表のレベルに詰める時間もなさそうだな、と想像してみたり。ま、短縮できる規定も活用されているわけですが。
 ちなみに、自分が見た中での最短はこれ。
 障害者の雇用の促進等に関する法律施行規則の一部を改正する省令案に関する意見募集

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

ルカさん・2

みんなのうたです。ウソです。

トエト

聴き入っちゃって、誰が歌ってたかなんて、忘れてましたよ。

付言M | コメント:0 | トラックバック:0 |

やめようよ

総務事務次官記者会見(2/16)より

【地方公共団体の会計処理】
問:岡山県と北海道について、貸付金を年度内に返済をされたかのような会計の処理をしたことについて、一部の専門家から不適切なやり方だったのではないかというふうな指摘が出ているのですけれども、総務省として、今後指導とか指示とかをされる予定はありますでしょうか。

答:北海道や岡山県について、報じられているところによりますと、貸付金の返済について、住宅供給公社等との関係で前年度の返還金について、出納整理期間中に入ってきた収入をもって充てていると、こういう会計処理があったということであります。これは、地方公共団体と別法人の住宅供給公社等との関係ですので、現行法上直ちに違法ということではないというふうに考えております。夕張市の場合は、同じ市の中の会計同士の関係であったわけですけれども、そういう意味では少し状況が違うかなと思いますが、全体的な財政運営としては、きちんとした財政運営をする上で、毎年毎年同じようなことというようでは、やはり財政運営上問題があるだろうということで、きちんと見直しをするように、かねてからお話をしてまいりましたけれども、今後ともそういう方向でお話をしていきたいと思っております。


 債権債務の状況に変化がないのに、帳簿上だけは適正な状態であったかのように見える。
 俗に、ふんs…ゲフンゲフン。
 過去、それがもとで問題(大問題)になった事例があるわけですから、やめましょうよ。
 巡り巡って、財政健全化法とか、性悪説に基づいた仕事が増えるのはメーワクです。
 
滋賀県、栗東市に40億融資 財政再生団体転落を回避

 滋賀県は9日、新幹線新駅建設の中止に伴い、財政状態が悪化している栗東市に対し、新駅建設のために県が積み立てた基金約40億円を緊急融資することを決めた。嘉田由紀子知事が10日午後、記者会見し発表する。
 栗東市が実質的に国の管理下に置かれる「財政再生団体」への転落を回避するためで、市は3月31日に融資を受け、翌4月1日に返済する。
 県は2月議会に基金条例の改正案などを提出する方針。
 市は平成19年度末、新幹線新駅予定地周辺の土地区画整理事業で市土地開発公社が金融機関から借り入れながら返済できなくなった約47億円を肩代わりした。しかし事業の中止で回収できず、20年度末に実質赤字比率が20%を超えて「財政再生団体」となる可能性が出ていた。


 こちらは、引用はしましたが、コメントは控えます。
 ただね、4月1日に返済させる融資って支援なのかな…

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

練習

行政委員の月額報酬をめぐる裁判については、既にほかの方々が触れていらっしゃるところ。
なので、後追いとしては、変化球で行きます。


 御質問にお答えいたしします。
 行政委員会委員の月額報酬につきましては、御案内のとおり、去る1月22日、滋賀県の労働委員会、収用委員会、選挙管理委員会の報酬をめぐる裁判におきまして、違法との判決があったところでございます。
 本市(町・村)における行政委員会委員の報酬の状況について申し上げますと、○○委員会、△△委員会、□□委員会及び××委員につきまして、月額報酬を定めているところでございます。

 さて、月額報酬は違法ではないか、との御質問でございますが、
 まず第一に、判決では「地方自治法の趣旨に反する」との判断が示されたと報道されているところでございますが、同法第203条の2第2項の条文を見ますと、
「前項の職員に対する報酬は、その勤務日数に応じてこれを支給する。ただし、条例で特別の定めをした場合は、この限りでない。」
と規定されており、ただし書がございますことから、条例で特別の定め、即ち月額を定めることは、許されるものと解されるところでございます。
 この点につきまして、「ただし書は常勤に限る趣旨ではないか」といった解釈もあろうかと存じます。しかしながら、同項の条文には、「特別な事情がある場合は」等の要件は書かれてはいないことから、必ずしも常勤に限る趣旨とは断定できないと考えられるところでございます。

 第二に、行政委員会の性質でございますが、行政委員会は審議会等と異なり、法令に基づき一定の担任事務が定められ、その処理の権限が与えられているものでございます。従いまして、その委員は、単に案件を処理するものにあらず、むしろ常日頃から活動するべき職務・職責があるものでございますし、また、権限の行使という重責を担われているところでございます。
 こうした点をかんがみますと、月額という定め方が、一概に不適当だとは言い切れないと考えられるところでございます。

 以上のことから、本市(町・村)といたしましては、月額報酬という定め方が、制度上違法であるとは認識していないところでございます
 ただし、報酬の額につきましては、その妥当性に関しまして議論の余地もあろうかと存じます。その点は、議会の御判断も仰ぎつつ、引き続き、適正な設定に努めてまいりたいと考えるところでございます。

 いずれにいたしましても、司法の判断には従うべきところでございますが、現時点では、一審の判決であり確定ではございませんことから、今後の動向を注視してまいりたいと考えている状況でございます。


つまりは、月極めは違法じゃないけど額の当・不当はあるかもね、と思料するところ。
一問一答なら、このくらいシンプルな方がいいかしら?

なお、滋賀県のアナウンスはこちら。
委員の月額報酬差止め請求事件の控訴について

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

2項道路

洋々亭で2項道路の話題が出ていたので、判例などをあたりつつ、少し考えてみました。
あっちに書こうかなーとも思ったけれど、実務経験がなく的外れが怖いので、こちらにメモ。
(ネタ埋めという邪心も若干)

後退部分の使用価値が実質なくなることをどう考えるかというと、

・建築物が面する道路を、一定の幅員があるようにすることは、緊急自動車等の通行にも有用であり、それは資産(建築物)の価値を亢進させることになるから、建物所有者は自ら幅員確保に努めるべきとも言えるところ、建物所有者に(土地確保の)義務を課すことは不合理とは言えず、憲法違反の問題にはならないのではないか。

買取か寄附かについては、

・建物所有者が自ら幅員確保に努めるべきとも言えるところ、直ちに買取りの責務が自治体に生じるものではない。また、土地所有者(使用権者)は、日常生活上不可欠な通行権を拒むことはできないものの、その気になれば、なお管理権を発揮できる(例えば、ポールやブロックの設置)。そのように私権をふるえる土地について、買い取るほかない、とまでは言えないのではないか。
・それを踏まえつつ、どうせ使えないからと寄附していただけるのは、妥当な処理方法と思われる。
・もっとも、半端な感があるのは否定しない。何らか買取の法制化(生産緑地ほか都市計画系に例あり)が図られても良いような気もする。その場合は、私権を振るいうる以上、強制ではなく、申出制が馴染むものと思われる。

参考判例
 平成12年1月27日 最高裁第一小法廷 平成8年(オ)第1248号
 平成9年12月18日 最高裁第一小法廷 平成8年(オ)第1361号
 平成7年12月11日 大阪高裁       平成7年(ラ)第794号
 (考えるにあたり、通行権との競合の点に引きずられたかもしれません。)

解説書とか、なーんにも読んでませんから、検証してませんから、そのまま信じませんように。

寝言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

医師不足から学ぶ

医療に関する諸問題に興味を持つようになって以来、あちこちのぞいています。

そんな中、医師不足(勤務医不足)から学んだことがひとつあります。
奴隷自慢(俺が支えているという自己満足や、俺と同じくらいはお前らも頑張れという押し付け)は、何の得にもならないということ。
むしろ、状況の改善を遠ざける点で、害悪ですらある。

個人の献身的な、しかも無償の奉仕で維持されるシステムは、システムとして危うい。
そういうシステムは、支える者の心が折れた瞬間に、終わる。
危険すぎます。これをリスク管理しなくてどうする、というくらい危険な因子です。

普通に(もちろん、持てる能力をきちんと発揮して、の意味ですが)仕事して、それでも定時に終わらないのは、人的資源が見合っていないのです。
それを、サービス残業でカバーしてしまうと、問題が発見されない。問題と認識されなければ、改善が図られることもない。ここが悪循環の一端です。
(あるいは、問題と認識されながらも、サービス残業をもって解決策とされてしまいます。皮肉なことに、やらなければ誰かが困るのが見えている分、どうしても善意が勝ってサービスしてしまう。)

医師不足の理由はいろいろ言われていますが、勤務医が労働者として普通のレベルに扱われていないことに気づき、普通のレベルに扱ってほしいと望むようになったことも一因だと思います。(それは、医師が当然なのであって、何も悪くありません。)
もしかすると、労働基準法のレベルを守れるだけの人数は、既にいなかったのかもしれませんが。

転じて言えば、霞ヶ関崩壊だって、同様に起きかねないわけです。
労働基準法が適用されないことと、奴隷労働させていいことが、同じはずがありません。
どこかでひとつ裁判が起きて、エポックな負け方をすれば、一気に瓦解するのではないかな。
(まあ、医師に負けず劣らず、我慢強かったり善意が勝ったりしてるのでしょうけど。)
そんな状況にいる相手に、サービス残業の有無とか質問しはりますのは、もうね(自制

こういうことが見えてからは、サービス残業はしないようにしています。もちろん、ひけらかすことも、押し付けることもありません。
ああ、もっとも、自主的な勉強時間は増えましたが何か?

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

規則改正が好きになる

♪さあ書け! お前好きだろ 規則改正
 ワタシが決めた いま決めた

などと、もじってみます。歌はいいね。歌は人の心を(r



朝のルーチンワークにて、国民健康保険法施行規則の一部を改正する省令のパブリックコメントを発見します。
どれどれ。あ。

 2.施行日
   平成21年4月1日
   (第5条の7及び第5条の9の改正規定については公布日)

あれもですね…

妄言 | コメント:2 | トラックバック:0 |

くらやみの速さはどれくらい

『くらやみの速さはどれくらい』(エリザベス・ムーン,ハヤカワ文庫)読了から1日。


(どの程度からネタバレになるか加減がわからないので、安全を期される方は退避を。)


読了直後は、どう評価したものか、戸惑ってしまった。
人の感想を見てまわって、1日ほど経って、ようやくわかってきた気がする。

とりあえずだ、21世紀版アルジャーノン、私にはあれがいけなかったようです。
作品には、ストーリーの側面とテーマの側面があるとしましょう。
ああいうストーリーかというと、そうではない。
だから、これからお読みになる方は、先入観は持たない方がいいと思います。
どのへんがアルジャーノンかは、あとで考えましょう。

ストーリーは、普通にひきこまれました。
描写は、読みにくい人もいたようですが、そうでもありませんでした。
(自分が、自閉症を全く知らないわけではない、というのもあるかも。)
強いて言えば、訓練された自閉症者というのは、ちょっと都合がいいかな、ってくらい。

アルジャーノンのストーリーは、読んでいて、じわじわ・じりじりとくるものがある。
(いや、まあ、比較しても意味はないんだけどさ。)
でも、こっちは丹念に描かれていて、その分、ちょっとした落差が味わせてもらえる。
どのへんがアルジャーノン?
というと、やっぱりテーマの側面においてなのだろうけど、趣も違えば難しさも違います。

読後の戸惑いは、ひとつにはストーリーの閉めぐあい。
もうひとつには、正解のない問いに直面したことのそれ(戸惑い)なのでしょう。
どう思えばいいんだ? という自問が、続いています。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |

子育て応援特別手当

受給対象外の方が、支給差止めの仮処分申請を出したらどうなるでしょうか。
定額給付金が、曲りなりにも全国民を対象としているのに対し、この手当は、対象が一部に限られ、かつ、今回限り。
制度というのは、多かれ少なかれ、対象になる・ならないの不公平をもたらすけれど、それにしたって、あまり公平なようには思われない。
どういう判断がされるでしょうか。もし、出されたら、ですけど。(単なる興味ですからね、為念。)

マスコミが定額給付金ばかりを取り上げる間、こちらはほぼノーマークで進行しています。
決まってからの苦情はナシで、ね?

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

短時間勤務の在り方

人件費を抑えるため、あるいは職員1000人を943人にするため、
何人かを非正規(バイト等)に置き換えようと思うのは、ごく自然な流れでしょう。
実際、仕事のうちから補助的なものを取り分けて分担させることはできます。

しかし、これ、補助的な仕事ではあるけれど、“常時ある”仕事なのよね。
“常時ある補助的な仕事に充てる労働力”を、調達する制度や如何?
問うべきは、ここだと思うけど。

常時だからと正規で採ると、職員数は減らせない。
正規はダメだからと臨時的任用で採ると、有期を超えて継続したい。
いずれにしても歪がある。ジレンマ。
(業務委託に出すには、ひとまとまりの業務ではないゆえ、向かないし。)
(任期付制度も、幾分か合法に振舞えるけれど、最終的な解決にはならないし。)

私たちが聞きたい答は、そこのトコなんだけど。
現行制度下で採りうる最適は。
今後国が取り組むべき法制化の課題は。

ま、本気でそれをやったら(会議は)半年じゃ済まないんだけどねっ。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

厳しい財政状況

群馬県、中3までの医療費無料化 10月から、全国初

 群馬県は5日、中学3年までの子どもの医療費を無料化するため、2009年度当初予算案に約25億7000万円を計上したと発表した。


県:来年度、特別職の給与削減 管理職手当も--計6400万円の効果 /群馬

 県は28日、大澤正明知事ら特別職の給料月額と部長・課長級職員の管理職手当を09年度に限り削減すると発表した。県議会2月定例会に特例条例を提案する。厳しい財政状況を踏まえた人件費節減の一環で、計6414万円の節減となる。


>厳しい財政状況

で、医療費助成のラインにいらっしゃる管理職のみなさんは、拡大の起案を決裁するわけですね。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

申請者の資格

何気に、重要な気が。

「14歳の請求」制限は違法 住基ネット、区に賠償命令

 個人情報保護条例に基づき住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)への情報提供の中止を請求したのに、年齢を理由に受理を制限されたのは違法として、当時14歳の中学生だった男性(20)が約4万円の賠償を東京都練馬区に求めた訴訟の判決で、東京地裁は29日、慰謝料など約1万円の支払いを命じた。

 奥田正昭裁判官は「区の条例に年齢制限はない。男性の請求はプライバシーにかかわる重要な権利の行使で、本人に請求内容を理解できる能力があると認められる場合には手続きを取ることができる」と判断した。

 判決によると、男性は2003年、同区役所を訪れ、自分の住所や名前などの個人情報を住基ネットに提供しないよう請求したが、区は男性が15歳未満で義務教育中だったため、法定代理人の母親に来庁を求め、請求者を母名義に訂正した。

 請求自体は、受理の約10日後、「応じられない」との決定が出た。


行為能力の問題、でしょうか。

遺言は15歳からといいますけど、だからといって、一般則じゃあないってことですか。
申請者適格は、あまり考えたことがありませんでしたが、そういうルールになるとなると、ちょっと戸惑います。
ええと、意思能力は10歳からでしたっけ?
10歳の者の申請であれば、受け付けるべき、になる?

そういう場面が実際にそうそうあるとは思いませんが、ちょっと、考えてしまいました。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |