半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

国会議員を精神分析する

以前に読んだ本。

『国会議員を精神分析する』(水島広子,朝日選書)
サブタイトルが、“「ヘンな人たち」が生き残る理由”。
帯には、“どうして民主主義国家のはずの日本で、よりによってこんなにおかしな人たちばかりが政治の世界に集まるのだろうか。”とあります。

本書では、いわゆる「政治家」について、自己愛パーソナリティーを切り口に、考察がされています。
自己愛パーソナリティーについては、引用が長くなりますが、このようなものです。

(略)趣旨を変えずに簡単な文章にしてあるが、これらの九項目のうち五項目以上を満たせば「自己愛性人格障害」と診断されることになる。

1 自分は重要な人間だという誇大な感覚を持っている。
  --業績や才能を誇張したり、実際には十分な業績がないのに偉い人間だと思われて当たり前だと思っている。
2 限りない成功や権力などの空想に浸っている。
3 自分が「特別」であり、独特であり、特別な人達にしか理解されないとか、特別な人たちと関係があるべきだと信じている。
4 過剰な賞賛を求める。
  --ちょっとしたことで傷つきやすい。常に注目されちやほやされていないと気がすまない。
5 特権意識を持っている。自分は特別に有利な計らいを受けて当たり前だと思ったり、周りの人は自分の期待に従うのが当然だと思ったりしている。
  --自分の仕事は重要なので他人が譲るべきだと思っており、要求が満たされないときには激昂したりする。
6 自分自身の目的を達成するために、他人を不当に利用する。
  --それが相手の生活にどのような影響を与えるかを考えずに酷使したりする。自分の目標を助けてくれたり自己愛を満たしてくれたりする人に限ってよい関係を結ぶ。
7 他人への共感が欠けている。他人の気持ちや欲求に気づこうとしなかったり、認めようとしなかったりする。
  --自分の発言が他人を傷つけていることに気づかない。他人の気持ちや欲求に気づいたときには、それが弱さや傷つきやすさの証拠であると蔑む。自分の心配事についてはくどくどと話す。
8 嫉妬ぶかい。また、他人が自分に嫉妬していると思い込む。
  --他人の成功や所有物をねたみ、自分のほうがそれに値すると思う。他人の業績をひどくこきおろす。
9 横柄で傲慢な振る舞いをしたり、気取った、尊大な、恩着せがましい態度をとったりする。

(略)「自己愛性人格障害」と診断されるほどのケースは、確かに極端だ。(略)でも、自分が特別に重要で、他人は自分の引き立て役だというくらいにしか思えないタイプの人は、案外どこにでもいて、それなりに社会生活を送っているものだ。こんなパーソナリティーを、本書では「自己愛パーソナリティー」と呼ぶ。


「政治家」には誇大な自己愛を持っている方が多いということですが、うなづいてしまいますねー。なるほどなあ。

ほか、印象的な箇所を抜き書きすると…

「自分が、自分が」に耐えられる候補者

でも、選挙区選挙は、候補者本人が「目立ってなんぼ」の世界である。したがって、どうしても「自分が、自分が」という人が勝ち残ってくる。

人を踏みつけてでも自分が目立つことは、一般人の神経には耐えられるものではない。やはり羞恥心や罪悪感が生じるものだ。これをしゃあしゃあとやってのけるには、自己愛パーソナリティーを持っていることが必要なのだと思う。

 選挙との関係は、重要な示唆。

なぜリベラル議員は主流になれないか (引用者注.本書中のリベラル議員とは、市民派出自で、政策目的的活動をするものというイメージです。)

第二章でも少し述べたが、リベラル議員は、相手の意見をよく聞く。自分の意見を声高に主張しないので、自己愛パーソナリティー者の渦巻く永田町ではどうしても声が小さな存在になってしまう。

お人好し過ぎて出し抜かれてしまうし、ここぞというところの攻撃性や嫉妬深さにかけてしまうので、どうしても自己愛パーソナリティーの人たちの前には出ることができないのだ。


著者は、精神科医ですが、2003年の刊行当時は、現職の国会議員(民主)でした。
自ら目にした実例を交えてあるので、わかりやすく、読み物として素直におもしろかったです。
あの党はこの党は、というレッテル貼りではないことも好印象。

今回、さっと読み直してみましたが、政界地図は刊行時から変わっても、「政治家」の性向というのは変わっていないんだなと思いました。
最近目にする、あれやこれや(自主規制)も、そうか、体質なんだなあと。国に限らず、地方のあれやこれや(自主規制)もですが。

してみると、国会という場は、所論を譲らない人の集まりであるから、議論を「ぶつけあう」だけに終始すると。議論の止揚がないってことですな。
論理的に当然の帰結。ヤレヤレ


総務省顧問に水島広子氏の名を見つけたので引っ張り出してみました。
なお、あくまで本の感想であって、同氏の政治姿勢・(往時の)業績を支持する意図はありませんので、念のため。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |

巻き込まれ注意

再就職先に地方自治体も 社保庁分限免職で厚労相

 長妻昭厚生労働相は27日、来年1月に社会保険庁が日本年金機構に移行することに伴い、民間の解雇に当たる「分限免職」の可能性がある社会保険庁の職員数百人の再就職先について、地方自治体に採用してもらうよう働き掛ける方針を固めた。

な、なんだってー

つい最近、こんな記事が出たばかりなんですけど。
4年で地方公務員18万7千人減 改革目標ほぼ達成

 地方自治体が取り組む行政改革の目標を定めた5年計画の「集中改革プラン」に基づき、2005年4月から4年間で地方公務員は18万7千人(6・2%)減ったことが23日、総務省がまとめた速報値で分かった。10年までの最終的な削減目標は6・4%で、総務省は「目標はほぼ達成したといえる」としている。ただ鳩山政権は国家公務員の人件費20%削減を掲げており、自治体もさらに人員削減の努力を迫られる可能性がある。

どこか余裕があるように見えますかね。

さて、問題は、働きかけの態様がどうであるか、です。
「採用してもらえないか」という打診であれば、なんとか道理におさまりますが、
記事どおり「採用してもらうよう」という依頼であれば、無理というか、無道ですね。
(仮定を前提にエキサイトするのは愚か者のすることなので、今日はここまで)

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニュース雑感(2009/10/27)

「子ども手当」を非課税に、厚労省が要望へ

 厚生労働省は、来年度から支給を始める「子ども手当」を非課税とするよう、2010年度税制改正要望に盛り込むことを決めた。


今からですか。
決まってなかったんですか。
流石にそれは、予測してなかったわー。
えー、年内決着でお願いします。地方には地方の、準備、手続その他がありますので。

追記(10/28)
 これって税制で要望するんですか? 法律に規定するかどうかの話ですよね?
 現に、子ども手当法案ではこう(↓)書いてたわけですし…ハテ

 (公課の禁止等)
第十四条 租税その他の公課は、子ども手当として支給を受けた金銭を標準として、課することができない。
2 生活保護法(昭和二十五年法律第百四十四号)の規定による保護については、子ども手当として支給を受けた金銭は、要保護者の収入には含まれないものとする。

追記終わり


高校無償化に合わせ特定扶養控除の縮小も 財務政務官

 古本伸一郎財務政務官は27日、政府税制調査会の会合後に記者会見し、高校生や大学生のいる家庭を対象とした所得税の「特定扶養控除」について「まったく手をつけずにそのまま残すのがいいのか議論したい」と述べ、税調で控除額の縮小などを検討していく考えを明らかにした。


穴を掘って穴を埋めるのも公共事業ですからね。
IT業界、印刷業界は喜ぶかも。(関係職員は…お見舞い申し上げます。)

それを言ったら、河原に石を積んだら鬼が蹴飛ばすというのも公共事業になるのだな、きっと。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

子ども手当・3(サイコロ3)

財源争いの負けっぷりも考えてみようかな。(デ○ブログになるつもりはないけどさっ。)
久々に、サイコロキャラメルにお伺いしてみましょう。

1 博多行き深夜バス
2 全額国庫
3 現行負担割合敷衍、ただし拡大分は特例交付金で措置
4 現行負担割合敷衍、そして普通交付税措置
5 まさかの国1/2・都道府県1/4・市町村1/4
6 市町村が13000円給付したら9750円補助するお! やるかやらないかは自由だお! (法律? つくらないお!!)

ところで、定額給付金に関し、こんなことを言った方がいらっしゃいます。

 多分、総務省は、内閣府なのか内閣総理大臣なのか財務省なのか、やはりけじめのついたことをちゃんと主張しない限り、皆さん方が、分権改革を我々は担っている、分権だ、自治だ、そんなことは言う資格のない、つまり、この局面では物すごい歴史的な汚点をつくったということだけは自覚しておいてください。

事案を異にするところですが、6への牽制として、貼っておいてもいいよね?

このエントリはお遊びですので、念のため。遊びですから。2以外ありませんから…多分。

妄言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

聴聞なし

千葉県の行政手続き違法と高裁 聴聞開かず産廃業者処分

 千葉県知事と同県柏市長が同一業者に対し、産業廃棄物収集運搬業の許可を取り消した処分の是非が争われた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は14日、業者の聴聞を開かなかった行政手続きを違法と認定、県の処分を取り消した。

 1月の一審千葉地裁判決は業者の処分取り消し請求を棄却しており、県側の逆転敗訴。高裁は柏市の処分は取り消さなかったが「県の処分を前提にした以上、市が自ら取り消すべきだ」とした。

 一宮なほみ裁判長は、業者が廃棄物処理法違反罪で起訴されたことは、行政手続法で聴聞を開かず処分できると規定している「客観的な資料で直接証明できる場合」には当たらないと判断。

 「環境省が『起訴などの場合は処分できる』とする通知を出している」とする県側主張に対し、「通知は処分の要件に関する行政解釈を示したにすぎず、聴聞を不要とする理由にはならない」と退けた。

 判決によると、県側は2006年に業者に許可を出したが、この業者が起訴された後の昨年4月、聴聞を開かず許可を取り消した。

 県廃棄物指導課は「判決文を精査して、今後の対応を検討したい」としている。


訴訟:聴聞せず産廃業取り消し 県が逆転敗訴--東京高裁判決 /千葉

 市川市の産廃収集運搬会社が、廃棄物処理法違反での起訴だけを理由に聴聞も経ず収集運搬業許可を取り消されたのは違法と主張した訴訟の控訴審で、東京高裁は14日、訴えを退けた1審判決を変更し、請求通り県の処分を取り消す逆転判決を言い渡した。一宮なほみ裁判長は「重大な不利益処分を行う場合は厳格な手続きが要求される」と述べた。

 同社は08年3月、無許可業者に名義を貸して収集運搬させたとして起訴され、翌月許可を取り消された。「起訴だけでは無罪推定の原則が働き、聴聞の義務がある」と提訴。県は「同年10月に罰金刑の有罪が確定しており、結果的に許可取り消しの要件が満たされた」と反論していた。

 県廃棄物指導課は「仮に高裁判決が確定しても同社は有罪が確定しており、再び自動的に許可を取り消すことになる」としている。


備忘録的にメモ。高裁判決となると、要警戒です。(特に、推定無罪の点)

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

あなたが決めることではない

厚労相、育児支援振り向け検討 企業・自治体の負担金

 長妻昭厚生労働相は16日の記者会見で、来年度から「子ども手当」を全額国庫負担で実施した場合、宙に浮く形となる現在の児童手当の企業、地方自治体による負担金は完全廃止せず、育児支援事業に振り向けることを検討する考えを示した。


マスコミによる要約であることを割り引いても。

この発想は、看過できない。あなた(国)が決めることではない。

この発想がいかに失礼なものか、自治体関係者以外はわからないかもしれないが、

…ああっ、筆舌に尽くし難い! よって以上終わり。

(ひとつだけ追伸  誰か、とめてあげようよ… )

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

またまたやらせていただきましたァン!

政府、子育て応援手当の停止検討 3~5歳の330万人対象

 政府は13日、麻生政権が追加経済対策として2009年度補正予算に計上した、3~5歳の子ども全員を対象に1人当たり3万6千円を支給する「子育て応援特別手当」(総額1254億円)を全額停止する方向で検討に入った。


基準日過ぎに…

もともと、真っ先に執行停止が検討されるべきものでしょう、常考。
で、半月前には判断できたでしょう、常考。

とにかく、相手方のスケジュールに配慮できない(しない)という体質が、困りものです。

先日の出産育児一時金の直接支払制度もそうでしたし、
新型インフルエンザワクチンの接種業務の委託契約も、タイトです。
子ども手当の設計もね。(新年度予算組めないッスよ。いつ組むと思われてるんだか。)

まったく、もう、「やれやれだぜ」

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

re:洋々亭さま

洋々亭で、お勧めブログになっていました。

あう。 ウ、ウチですか? いいんですか?(知りませんよ?)
まあ、蓼食う虫も好き好きと申しますし…
ともあれ、以前からお世話になっている身、一も二もございません。
こちらこそ、引き続き、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ハローワークで

tihoujitiさん経由で。
ハローワークで生活保護手続き可能に…菅戦略相

この際、事務を地方から引き上げて、国の直営でどうぞ。
直営なら、得心が行く保護行政ができましょう。
お互い、文句を言うことも言われることもなくなって、万々歳。
それに、人員が必要となれば、社会保険庁解体に伴う雇用問題も対処できるのでは。


別件。
いざ知事選

壁紙もあります(「ダウンロード」)。なかなかカコイイ。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

時の娘

書店の店頭で一冊の本が目に入ります。
ロマンティック時間SF傑作選。ほう。
収録作家は… ジャック・フィニィ、ロバート・F・ヤングはい買った--ッ

という次第で『ロマンティック時間SF傑作選 時の娘』(ジャック・フィニィ、ロバート・F・ヤング他,創元SF文庫)購入。
名前を知らない方には「?」でしょうが、思わずそういう反応になるラインナップなのです。

で、その本を読む前にですね、フィニィの「愛の手紙」、ヤングの「たんぽぽ娘」が読みたくなりましたので、引っ張り出してきて再読しました。
じーん。いいなあ、やっぱり。(昔とはまた違った感慨があるのは、歳のせいか…)

さて、ツン読にしないで読むぞー。


追記(10/27)
少し前に、読了。
ベタベタなのを期待していましたが、ベタベタ分は少なめ。まあ、佳品ぞろいではありました。
主な感想としては、
「ヤングにやられたーッ」
ってことで。(だって好きなんだもの)

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |

景観訴訟

この分野に詳しいわけではありません。
なら黙ってろ、と言われそうですが、自分の見立てが世間的にはどう見えるのかな、という興味もあり、さらしてみます。


法律の規制のないところでは、“自由”が原則であると思っています。
あるいは、法律の規制の範囲内においては“自由”であるというか。

だから、敷地に廃品を積み上げることも、奇抜な色彩の建物を建てることもできる。
道路を造ったり橋を架けたりするのも、そうした“自由”のひとつと思います。

反面、“自由”であっては困るのであれば、何らかの規制を“使う”ことになります。
使える規制がなければ、新たに立法することもあるでしょう。

さて、景観については、景観法ができました。
景観法では、景観に価値を認める一方、実際に規制するに当たっては計画前置です。計画を通じて規制対象にする。財産に関する自由を一部制限しようというのですから、手続的にはそうなるでしょう。
この結果、計画のあるところでは保護が図られるわけですが、計画のないところではあいかわらず“自由”です。
とするならば、景観の享受については、前者においては具体的利益、後者においては反射的利益ではないかと思うわけです。
すなわち、景観法が制定されたからといって権利利益が直ちに具体的に認められるのではなく、景観計画が策定されている場合において、その計画の範囲内で認められるということになります。(現行法では、ここまでということ。べき論は、また別です。)

鞆の浦の判決では、景観の享受をかなり具体的に認めたようです。
しかし、以上のような解釈からすると、認めすぎの感があります。
司法の判断に異議を唱えようというものではありません。ただ、原告よりの地裁判決が高裁で見事なまでに否定される例もあるので、自分の見立てを念頭に置きつつ、今後どうなるのかなと注目するところです。

なお、現行法のもとでも権利利益が認められるとすれば、景観計画に着手したとすれば策定されたであろうという蓋然性でしょうか。折りしも、福山市では策定中ということのようですが…
(もっとも地元は生活重視が優勢らしいのでどうなることか…。当事者たちが保護を選択しなかったならば、非当事者が国民的財産と主張して彼らの財産権を制約することは、景観法が相当強化されないと、無理があるのではと思います。)

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

近隣(まわり)がやるから

洋々亭にも書きましたが、「社会保険の保険料等に係る延滞金を軽減するための厚生年金保険法等の一部を改正する法律」に関し、国民健康保険料・介護保険料等の延滞金を軽減(1月→3月の猶予)する必要性が認められません。
法改正の趣旨が事業主向けである以上、国が自治体に要請する理由そのものが存在し得ないわけです。いったい、何を勘違いしたらこういうことを言い出せるんだ?

しかしながら、国の要請どおり条例改正した自治体もチラホラあります。
また、12月議会に向けて検討中のところもあろうかと思います。

検討中のみなさんに、お願いがあります。

どうか、「近隣(まわり)がやるから」という理由だけで改正するのはやめてください。

想像してほしい。
改正の必要性を、誰も確かめていないのに、担当課や法制担当では疑問を抱いているのに、
みんながお互いに「近隣(まわり)がやるから」という理由でいっせいに改正するという事態を。

誰かが一声あげることで立ち止まる機会になるのなら、これがその一声です。
私の見立てが違うというなら、そう指摘されればよいこと。(誰か、指摘してくださいませんか。)
とにかく、中身のある議論を経てほしいと願っています。

なお、もちろん、首長又は議会が「近隣(まわり)がやるから」と言うのなら、抗うものではありません。粛々と進言し、しかし、粛々と従います。それだけ。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

日額報酬

阿波市議報酬日額制に元市議ら条例改正求め1558人署名簿

 中川元市議らによると、2007、08両年度の同市議の年間報酬は議員537万円、副議長584万4000円、議長663万3000円で、21人の議員に支払われた報酬総額は計1億1451万3000円。2年間の議会への平均出席日数35日などで割ると、議員1人当たり1日平均13万6000円。これを日額制で日当2万円にすれば1470万円になり、経費を約1億円減らせると試算した。


個人が日常的に考えている範囲は、狭く浅いものです。
それゆえ、きちんと判断をしようとすると、それなりにいろいろな情報を集めなければなりません。
マスコミも情報は流していますが、いかんせん質・量とも限界があるので、そのことに留意しないと、かえって事実を誤認するおそれさえあります。(ホント、油断なりません。)
なので、自分の考え・判断が、思い込みや上辺だけの判断でないかどうかは、常に気をつける必要があります。そして、確からしさを上げようとすれば、それなりの努力を払わなければなりません。

さて、間接民主制です。

私は、代表者には、私たちに代わってよく考えてください、ということを期待します。
私たちが陥りがちな、思い込みや上辺だけの判断での議論にならないよう、しっかりと見極めて、流されないようにしてほしいということです。物事の奥まで分け入って。
では、そのような質(レベル)の考え・判断は、議会の出席日数だけで確保できるでしょうか。
むしろ、常日頃の「仕込み」が重要であり、そこにこそ報酬の価値はあるのではないでしょうか。

例えば、そう、本の代金は、材料費や印刷費だけではありませんよね?
同様に、出席だけが労働ではないでしょう? 議員の場合。
何日しか出ていない、という発想のしかたは、職責への軽視だと思わないのでしょうか。
(それに値する働きをしてるのか、っていう議論は、ここではやめておきましょう。)

要は、自分の代わりにしっかり考えてくださいよと託すのに、それをケチるのかって話です。
カネが浮けばそれでいいのかと。
ええ、天邪鬼です。安ければいいって風潮に対する。
仮に、これが、見識を備えておくのは当然だ、とか、ノーブレス・オブリージュってことでよろしく、という理屈で出さないというのなら、その方がよっぽど理解できるのですけれど。

なお、もちろん、民意の問題ですし、地域の個別の事情というのもありますから、個々にどうこう言おうって趣旨ではございません。それは念のため。
私ならそう考えるという話です。そして、世間がそう考えないのだとしても、仕方ありません。

(ところで、ここまで期待してるんだから、思い込みや上辺だけの判断で働いたら許さないんだからねッ)

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

目安箱

告発窓口「平成目安箱」を創設へ 政府、無駄の排除狙い

 鳩山内閣は3日までに、中央省庁が隠してきた不正行為や非公開書類に関し官僚からの告発を受け付ける窓口「平成目安箱」を行政刷新会議に創設する方針を固めた。


 「平成目安箱」は自民党政権下での「政と官の癒着のうみ」(政府筋)を出すため、組織的な腐敗を発見して風通しの良い効率的な行政組織に改めるきっかけをつかむのが狙い。このため不正行為が発覚した場合でも「誰かをトカゲのしっぽ切りで血祭りにして、快哉を叫んでも改革につながらない」(仙谷氏)として、個人の刑事告発は慎重に検討する。


よろしいんじゃないかと思いますが、ところで、各省でも(事業主として)公益通報者保護法に基づく通報制度を運用しているわけですが、それとの整合は? いかにも競合しそうなんですが、どういうところで棲み分けるのかな。
(まさか、(制度の存在を)知らないで言ってやしないよね、という不安が過ぎるのですが、気にしすぎかな。)

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こびとさん

内田先生のブログより
こびとさんをたいせつに

私には私の「こびとさん」がいる。
わりと個性的な方である。
「怒りっぽい」のである。
世の中のさまざまな不条理についてすぐにむかっ腹を立てる。
「おいおい、それはちょいと話の筋目がおかしいんじゃねえかい。人というものはね」というようなことをすぐに言い出す。
言い出すと後に引かない。


なぜ内田先生の著作と波長が合うのか、わかったような気がした。

引用部分に限っては、私の「こびとさん」はそっくりだ。
私の場合、グチグチ・グダグタとした書きぶりになってまことに面白くないのだが、根っこにあるのは、まさにこれと言える。

ただ(と言い訳しておくと)、私は自分が限定された範囲でしか考えていないことも知っている(つもり)。
だから、有効な反証があれば、宗旨替えしてもいいと思っている。物事には、奥があり、そのまた奥があったりするもの。そういったものがあるなら、きちんと知っておきたいということもある。

と、いいながらも、自分の記事に拍手がつけば、素直に嬉しい。それも私。

独り言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

子ども手当・2

子ども手当法案提出は来年に 臨時国会は見送り

 長妻昭厚生労働相ら厚労省の政務三役は30日、民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)の目玉に掲げた「子ども手当」創設のための関連法案について、秋の臨時国会への提出を見送る方針を固めた。来年夏の参院選の前に支給できるよう、年明けからとみられる通常国会に提出する見通し。

 臨時国会は10月26日召集で調整中で、関連法案を提出しても2010年度予算編成の前となり、財源の根拠がなくなることから先送りする。

 一方、支給事務を担う自治体はシステム改修などで一定の準備期間が必要だが、通常国会で来年3月末までに法案が成立すれば、自治体の実施準備も整うと判断した。

 子ども手当は、中学卒業までの子どもに月2万6千円(10年度は半額)を支給する制度。現行の児童手当と同じ2、6、10各月の支給を想定しており、早ければ来年6月が最初の支給となる。


>来年3月末までに法案が成立すれば、自治体の実施準備も整うと判断した。

>来年3月末までに法案が成立すれば、自治体の実施準備も整うと判断した。

はいぃ?

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |