半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

配当(あるいは、予算と現金のお話)

役所の各課は、歳出予算を与えられていても、すぐに全額使ってよいわけではありません。
なぜか。
支払に際して、それだけの現金があるかどうかわからないからです。
例えば、12億円の歳入予算があっても、実際の収入が毎月1億円ずつだとしたら、歳出予算を実際に使えるのは毎月1億円分が上限ということになります。

そこで、実際にどれだけ使ってよいかをコントロールする必要があります。
これが配当の考え方です。

配当の具体的な方法は、財政部門が、実際の収入の見込みを勘案の上、各課に対して四半期の間に使える額(支出負担行為できる上限)を提示する、というものです。
歳出予算を各四半期に分割するようなもの、といってもいいかもしれません。

配当の実施の単位は、四半期ごとがオーソドックスかと思いますが、上期・下期、年間一括(年度当初一括)というのもあります。

年間一括では配当の意味がないのでは? という疑問が出るかと思います。
ごもっとも。
配当は、支出負担行為をベースにしますから、4月に契約したけど3月に支払とか、リースで毎月払いといった、支出命令のタイミングで考えれば事実上配当を要しないケースもあります。
それならば、いっそ、支出命令ベースで資金管理(現金の残高の監視)をしておればよい、ともいえますので、表向きは年間一括としつつ、実質ではそうやってコントロールすることもありうるわけです。
実際、資金管理は絶対にしていますから(しないと残高不足で支払ができないことになりかねない)、事務の簡素化というか、開き直りみたいなものでしょうか。

というわけで、一般会計・特別会計の執行管理においては、現金の管理というのが重要だったりするわけです。
ちなみに、普通交付税が4月に概算交付されるのも、そういった観点からですね。

さて、長々とお話してまいりましたが、国では赤字国債法案の目途が立たず、今後、地方交付税交付金の執行の抑制も考えているようです。
地方公共団体においては、その分の現金が不足すれば、代わりを調達しなければなりません。基金の繰替運用や、状況によっては一時借入れをしなければならないかもしれません。
基金が生めたはずの利息(収入)がなくなる、一時借入れに伴う利子(支出)を払うという形で、それはわずかでしょうが、地方にも「実害」が及びかねない--のですが、そんなことは世間にはあまり知られていない(たぶん)。

短期の借金。地方債とは別種。


追記(9/3)
 資金繰りへの影響は、お役所のみならず。

 日銀、地銀の混乱回避へ巨額オペ 交付税遅配に対応、1.9兆円供給(Yahoo=sankeibiz)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120902-00000001-fsi-bus_all

 ただ、交付税は自治体が地銀などに持つ預金口座に振り込まれる。地銀は増える手元資金を元に、企業向け融資などの資金計画を立てるため、振り込みが遅れれば、地銀によっては数百億円単位で計画が狂う。このため日銀は、資金供給で金融システムの混乱を防ぐ必要があると判断した。



一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

やで(・ω・)/

外務省やわらかツイート
http://twitter.com/MofaJapan_ITPR

外務省IT広報室です。10代、20代の皆さんに向けてやわらかく親しみやすい情報を発信しています。

やで(・ω・)/
やわらかい印象の演出というのは、目のつけどころとしては、なかなかでは。
公式ツイッターは、無味乾燥が宿命みたいなものですが、
別アカやイメージキャラでは、少々チャレンジするのもいいかもしれません。
もっとも、まんべくん騒動みたいなのは、いただけませんが。

キャラづけの参考に、語尾が「ぢゃ」のキャラを。
http://twitter.com/#!/kamurochan/media/slideshow?url=pic.twitter.com%2FmcIZO9mb
違った、こっち。
http://twitter.com/kamurochan

追記(8/30)
 キャラ立ちとしては、やはり、やななさんが抜きんでていますね。 おはダンボー|*’v’|ノ 
 http://twitter.com/yanana
 写真も豊富。
 ただ、カウントダウンはちょっぴりセツナイなぁ
追記おわり

再び追記(9/3)
 朝日新聞デジタル:つぶやき交流、質問ごとに上司の許可 外務省、2問で完 - デジタル
 http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/digital/internet/TKY201209030480.html
 あらら
追記おわり



次の話題です。

大都市地域における特別区の設置に関する法律案が国会で成立したころ、
霞ヶ関から遠く九州の地では、なにやら新しい区ができたとか。

http://kawaiiku.jp/

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |

こうかはばつぐんだ!

前回の記事の余談。

「地方公務員も給与減、国と同調要請へ」と題する、読売の8/18付の報道は、

>財務省は、総務省を通じて都道府県などに対して、地方公務員の給与削減を求める方針を決めた。

とのことでしたが、総務省によれば、

>財務省に問い合わせたところ、財務省としては一切関与していない

とのことなので、表面上は誤報といわれてもおかしくない状況です。

報道機関たるもの、涙目になりそうなところかと思うのですが、
いまどんな気持ちなんでしょうね?

1 だーまーさーれーたー
2 確かな取材に基づいており誤報とは考えていない(キリッ
3 計画ど…言わせんな恥ずかしい

さておき、訂正記事は、出ないか、出ても小さいでしょうから、結果としては、

地方は給与を下げていない

という印象はしっかり残るわけです。印象に流される国民も出るでしょうね。ギギギ……



口直しに、「建築知識 2012年9月号」の表紙を御覧ください。

 建築知識 2012年9月号
 http://www.xknowledge.co.jp/book/detail/34291209

というか、この雑誌、今年1月からずっとこんな調子ですか!?

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |

遠隔操作型スタンドによる攻撃

川端総務大臣閣議後記者会見の概要(平成24年8月24日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/01koho01_02000079.html より

地方公務員の給与削減

問:  大臣、時事通信の丸山です。地方公務員の給与についてお伺いします。先日、一部報道で、財務省が、総務省を通じて自治体に対して給与削減を求める考えと。そういうことが伝えられましたが、これに対する御見解と、今後、予算編成に向けてこうした考え方というのは、また出てくるかと思われるのですが、どのような基本スタンスでいらっしゃるかをお願いいたします。

答:  報道があったことは承知しておりますが、財務省に問い合わせたところ、財務省としては一切関与していないというお答えをいただいておりますので、そういうものだと思っております。地方公務員に関してはしばしば、これ、総理答弁も含め、私の答弁含め、国会では、これは地方自治法に基づいて、地方の皆さんが自主的にお決めをいただくというものであるということでありますので、基本的には、その基本というか、その立場は変わっておりません。だから、国がやったから、それぞれのお立場で自主的に対応していただきたいという旨は今まで言っていますけれども、それを何か強制的に財政的な措置で誘導するというのですか、ということを考えてはいないというのが国会答弁であります。その基本的な姿勢は変わっておりません。

※強調は引用者による


( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?


やりおるわ

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

地域主権・3-2

参考記事 地域主権・3 http://hanshoblog.blog50.fc2.com/blog-entry-466.html


ネット上の君たち
http://www.cao.go.jp/chiiki-shuken/doc/100622taiko01.pdf(p.2)

(2)地域主権改革が目指す国のかたち
 国のかたちについては、国と地方が対等なパートナーシップの関係にあることを踏まえ、国が一方的に決めて地方に押し付けるのではなく、地域の自主的判断を尊重しながら、国と地方が協働してつくっていく。
 国と地方の役割分担に係る「補完性の原則」に基づき、住民に身近な行政はできる限り地方公共団体にゆだねることを基本とし、基礎自治体が広く事務事業を担い、基礎自治体が担えない事務事業は広域自治体が担い、国は、広域自治体が担えない事務事業を担うことにより、その本来果たすべき役割を重点的に担っていく。その中でも、住民により身近な基礎自治体を重視し、基礎自治体を地域における行政の中心的な役割を担うものと位置付ける。
 これを基本として、国と地方公共団体は、行政の各分野において適切に役割を分担するとともに、地方公共団体の自由度を拡大し、自主性及び自立性を高めていく。


現実の君たち
地方公務員も給与減、国と同調要請へ…財務省(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120817-OYT1T01720.htm

 財務省は、総務省を通じて都道府県などに対して、地方公務員の給与削減を求める方針を決めた。
 東日本大震災の復興財源を捻出するため、国家公務員の給与を削減した結果、地方公務員の給与水準が国家公務員に比べて、相対的に高止まりしている。このため、財務省は、消費税増税への国民の理解を得るには、国と地方が足並みをそろえて財政再建に取り組む姿勢を示す必要があると判断した。
 国家公務員の給与水準を100とした指数(ラスパイレス指数)で、地方公務員の水準は昨年4月現在、98・9だった。ところが、国家公務員の給与が2012年度から2年間、平均7・8%カットされた結果、地方公務員の指数は約107に上昇した。

※強調は引用者による


さて、ここで問題です。
1 なぜ方針の段階で記事にしたか
2 なぜ土曜日に掲載したか(または、なぜ金曜日にネタが入ったか)
3 なぜ総務省や知事会・市長会のコメントがないか
4 なぜ国家公務員の給与削減の理由もともとの理由を再掲しないか
5 なぜ1社しか報道していないか

…利用されたことにしてあげたいけど、もう、加担のレベルと思いかねないくらい。

ちなみに、国の財政再建への貢献は、三位一体と交付税特会の借入の折半で前払い済み。
そこんとこよろしく。…つうか、そうゆうとこ取材してほしいよん。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

いじめは滅びぬ。何度でもよみがえるさ!

(タイトルにさほどの意味はありません。全くないわけでもないですが)

いじめ対策に取り組むのは結構なことだけど、
それ以前に、
他人に危ないことをさせて平気とか、
他人に金をたかって平気とか、
なんでそんな人間が存在してしまっているのか、
それが不思議でならない。

現象への対処は必要として、原因への対策は、どうしたらいいんだろう?
(誰かを守るためには、いっそ“時計仕掛けのオレンジ”を考えるときなのか?)


そんなところに

 ワタミ会長 いじめ発覚なら担任教師の給料下げるべきと提案(NEWSポストセブン) - livedoor ニュース
 http://b.hatena.ne.jp/entry/news.livedoor.com/article/detail/6858941/

 朝日新聞デジタル:《いじめている君へ》春名風花さん - いじめと君
 http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/special/ijime/TKY201208160557.html

見事な対比だこと。


※独り言です。議論する気はありませんので、放置願います。

独り言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

政務活動費

「政務調査費」が「政務活動費」になるという話を見かけて気になっていたのですが、その関係の修正案が、衆議院のサイトに掲載されました。

 地方自治法の一部を改正する法律案に対する修正案
 http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/syuuseian/2_5386.htm

施行は、公布の日から6月以内のほうに組み込まれましたので、可決・成立の時期にもよりますが、遅くとも2月下旬~3月初めまでには施行になります。

また、今回、新16項が追加されますので、項ずれが生じます。
議会図書室の関係で、現18項を引用している場合には、対処が必要になりますね。

(余談ですが、自治法第100条は項番号がない形式の条文なので、項の追加に際して番号の繰り下げが必要ありません。修正案には番号の繰り下げがありませんが、仕様であり、誤りではありません。なお、項番号の数字の操作はありませんが、項ずれには変わりないので、そこは勘違いしてはいけません。)

関係する方々は、準備方、がんばってください。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

入れ墨の男

オリンピックを見ていて、

あー、入れ墨だー

と思うことがしばしばありました。

国によっては、ファッションなのかなあ。なんだろうな。



さて、日本においては、近年、海岸で、プールで、規制されつつありますが、
日本における入れ墨から受ける威圧感には定評(?)がありますので、
いまのところは、明文で規制しても許容されるのではないかと思われます。
(とはいえ、ワンポイント(5センチ平方程度)のものの場合には、裁判になれば、負ける可能性も否定できません。)

立法事実は、社会通念の変化とともに変遷するもの。

茶髪やピアス(耳たぶに1か所に限りますが)が、いまや当たり前なように、
十何年かのちには、入れ墨にも寛容な社会になっているかもしれません。
…なってないかもしれませんが。

一個人であれば、OKでもNGでも好きな態度を表明できますが、
行政の場合には、いろんな考え方を踏まえつつ、最善の理解を模索しなければならないのが、難しく、つらいところです。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロンドンオリンピック閉会式

開会式にミスター・ビーンを堂々と組み込んできたノリには、
やばい、イギリス人、笑いをとることにかけては本気だわ、と恐れ入りました。

閉会式には、何をやってくれるだろうか。

イギリス選手団が思い思いの「バカ歩き」で入場するわ、
スペインの宗教裁判はエリザベス女王をクッションで拷問するわ、
Always Look on the Bright Side of Life の大合唱が流れる中、
ショーの最後は、巨大な足型のバルーンが上から踏み潰す…

…さすがに無理かと思いきや、ひとつだけ、

エリック・アイドル、キター!!! キタワーキマシタワー

やはり、出ないわけがなかった。
実は、閉会式のセットリストが流出してて、そこに名前があったから出るんじゃないかとは思っていたのだけれど、本当に出てきたのを見ると、格別ですね。
中継画像では、ブラックさがちょっと足らなかったけど、それはまあよしとしよう。

Always Look on the Bright Side of Life、いい言葉だよね。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニュース雑感(2012/8/2)

1つめ。
いつもお世話になっている、「反則法制」さまの記事から。

 法律番号の訂正
 http://seisaku.dip.jp:8080/BLOG/archives/2012_7_31_461.html

(コメントを寄せたところ、返しで当方の過去記事を御紹介くださり、気を遣わせてしまって、かえってすみませんでした。)

さて、官報の正誤には「原稿誤り」とありましたが、これ、ホントに「原稿誤り」なのかなあ、と。状況的に、すごく後付けっぽいので。
仮に、後付けだとすると、なにゆえ法律の公布に伴う補遺を待てないのか。補遺では空欄を埋めるだけで年の訂正まではできないとでもいうのか。そんなことを想像します。
ま、実際何がどうなっているのか私にはわからないわけですが、いずれにしろ、法律番号の事後処理がどうなっているのかには、興味があるところです。


2つめ。

 地域主権一括法/霞が関の妨害に屈するな(河北新報)
 http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2012/08/20120801s01.htm

コピー方式と、(中略)リンク方式だ。


見覚えがあるも何も、先だってkei-zuさんトコで見た分類だな、これ。
自治体法務合同研究会水戸大会での発表で披露された分類のようだけど、浸透度はどのくらいかしら。
ググってみた。

 地域主権 "コピー方式" "リンク方式"
 地域主権 "コピー型" "リンク型"

記事以前には、ほとんど存在していなかったようです。
社説子が、どうやってこの分類に至ったのか、それが気になってしまいました。(取材に行ってたのかなあ。)

追記(8/20)
 取材に行ってらっしゃったようです。
  続・「コピー型」or「リンク型」?
  http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20120820/p1
 地方を応援してくれる地方紙はありがたいなあ。
追記終わり

3つめ。

 大阪都構想の法案に関連して。

「国保は都道府県単位で運営すべき」とか
「子どもの医療は小学生まで無料にすべき」とか
橋下市長に言ってもらえば、法改正されるのだろうか…などと思ってしまいました。(たぶん無理ですけどね)

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

冷やし条例、はじめました

…といってはみたものの、よいオチが浮かばず。

冷やしたら、何かいいことありますかね?

例えば?

冷蔵庫から、前日に審査した案文の束を取り出してきて、続きの作業。

うん、ひんやりして、はかどるぅ

…orz すいません、私が頭を冷やしてきます><

(全国的に暑いようです、みなさま御自愛ください)

妄言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |