半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

ニュース雑感(2012/10/31)

1つ目。
総務省の報道資料より

 鳥獣被害防止対策に関する行政評価・監視 <結果に基づく勧告>
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/000064538.html

要旨を見るに、ずいぶんとよろしくない状況だなという感があります。
関係各省に勧告するのはいいのですが、ここまでアレだと、まずは都道府県・市町村側の言い分を聞いてみるのがいいんじゃないかという気がいたします。
なんというか、運用できない法律がつくられてしまった? ような雰囲気が…
(ちなみに、議員立法なのですが、それは関係ある?)
見込み違いでしたらごめんなさい。


2つ目。
交付税遅配の件(の金利負担の件)。

地方公共団体は、損害が補てんされれば矛の収めようはありますが、
一国民からは、未必の故意による余計な支出は、血税でなく議員が自腹切れという声もあがるのではないでしょうか。

執行できない予算のままとした不作為は、不法行為にあたるのではないか。

こうなることにつき、
予見可能性があり
結果回避可能性があり
回避すべき立場にもあった以上、
議員全員を共同不法行為者として訴える人が出てもおかしくない。
(不真正連帯債務者の中の、個々の負担割合は、好きにすればよい。)

あるいは、いったんは国賠とした上で、国が議員に求償するのがよいか。

一票の較差をめぐり、国政選挙の選挙無効ないし部分無効判決が出た暁にも、その再選挙費用については、こういう考え方をしうるのではないかと愚考するところ。

しかしまあ、こういう結果を招くこともまた、国民の全体責任として受忍しろって結論になりそう。

(法的な興味というか思考実験です。念のため。)

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

滞納者への行政サービス制限の可否

前回の記事を書いた後、ふと思い浮かびました。

これ、滞納者への行政サービス制限の可否の話にも通じるな、と。

サービスの費用負担について、強制徴収を認め、ただ乗りを許さないものにあっては、
サービスを止める理屈はない、ということになると思いました。

サービスの停止を検討するくらいなら、強制徴収のほうを検討すればいい。
対価ではなく、それはそれ・これはこれとするのが、いまの制度の筋かと思います。


ただ、もう少し細かく見れば、制限が検討されるサービスといっても種類があって、
 1 行政の裁量のないもの …基礎的なサービス(福祉、警察)
 2 行政の裁量によるもの …補助金(贈与契約的なもの)
 3 契約相手になれる地位 …入札参加資格
と分けて考えるようです。

上でした話は、一応、全部に通じるはずですが、
1を制限しないのはよいとして、2・3を制限しないのは、やはり引っ掛かりがあります。
それをどういう理屈とすべきか、ここは宿題(といって逃げる



金も払わずに、というのは正論のように見えるけど、
その実、“金でサービスを買う”というのは“消費者的発想”だなと思います。
税と行政サービスの関係を、対価、交換の関係にしていいのだろうか?
たぶんイクナイ。うまい説明はできませんけど。

(全くの蛇足ですが、“消費者的発想”の蔓延が、モノの瑕疵を探して値切る(disる)という態度を、社会にも人にも(また行政にも)向けさせているのではあるまいか(商品は無傷・完全であるのが前提ゆえに))

寝言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

農業集落排水の分担金

地方自治法的には、分担金は、受益のあるところに課すことができる。
それは、税と行政サービスの関係のように、一方的な処分である。

サービスは制限できない。その代り、強力な徴収(自力執行)が認められる。
ここでは、お金とサービスは、交換(双務)の関係にはない。*1

農集における「受益」の本質がなにかといえば、(将来にわたり)排水する権利である。
(権利は形を持たないが、強いて目に見えるようにするなら、土地の面積家屋が適当だろう。)

ある時点において、(将来にわたる)受益を認め、賦課する。
受益者と自治体の関係は、ここで固定される。また、この関係は重複できない。

受益が固定である以上、受益者の交代は、地位の承継と見るのが適当だろう。

賦課した債権も固定=ひとつである。仮に、とりこぼしたら、それでおしまい。
一方的、強制的関係で成立している以上、二度はない。

以上のことから、分担金賦課済みであれば、受益は認められ、受益者の交代は差し支えなく、
また、消滅した徴収金(債権)は、二重に課すことはできない。*2

下水道受益者負担金に引きずられた見方であることをお断りしておきます。
また、私の現時点での仮の感想に過ぎません。御利用は自己責任で。


*1 とはいえ、各地の条例の規定ぶりは様々である。民民の立場で、双務的に行うことも、あながち不可能ではない。ただし、そのつもりで運営しているところは、まずないのではないか。ついでにいえば、分担金の強制徴収が認められている以上、分担金の納付の有無にかかわらず枡を設置しても、マチガイとは言い切れまい。(それはそれ、これはこれ、なのだから)

*2 言いたくないが、職員の過失に対して求償権を… という補てんは考えられる。

寝言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

定吉七は丁稚の番号

今夜も本を紹介するわよ。絶版だけど!

『定吉七(セブン)は丁稚の番号』(東郷隆,角川文庫)

 その日、五時二十八分、夕陽はマリーナの彼方へ沈み、逗子の街に黄昏が来た。
 大阪商工会議所秘密情報部湘南地区責任者、谷町天六は、大阪の本部と定期連絡をとるべく、「海岸通り」を歩いていた。街路の隅にうずくまっていた三人の千葉系サーファーのそばを通り過ぎた刹那、サーフ・ボードの蔭から三節棍が飛び出して--次の瞬間彼の身体は声もなく地上に横たわっていた……。
 殺人許可証を持つ丁稚、大阪商工会議所秘密情報部員、定吉七番が、関西の経済破壊を狙う悪の結社を相手に活躍する、書下ろしドタバタ・アクションシリーズ第一弾。


シリーズもので、私が持っているのは
 『ロッポンギから愛をこめて』
 『角のロワイヤル』
と、3作目まで。

おわかりのとおり、007のもじりです。
しかし、話は割としっかりしていて、文句ないですね。いうほど「ドタバタ」ではない。

それに、文体に、やけに味があるっていうんですか、
ハードボイルド小説の乾いた感じがいたします。

ま、こういう一風変わった作品も、いいものですよ?(絶版だけど

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1

ドーモ、ハンショウです。

『ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1』、読んでます。

見るからに怪しそうな本なのですが、つい手を出してしまいました。

これは……どうなんでしょう? 私は大好きなんですが。
まあ、人を選びそうな気はします。

言語感覚にクスリとしつつ、ストーリーは何気にドライ(けっこうバイオレンス)。
しかし、これがなかなか、悪くない。むしろ、いけるぞ。

紹介するのがいかにも難しいので、興味がある方はネットで評判を漁ってください。

ちなみに、読んでると、自分の言語感覚が浸食されていくような……

カスミガセキ・スゴイボロイビルでデッチをしていたフジキド・ケンイチは、
謎のカンリョウの策略により、故郷のジチタイを失う。
さらには、自らもカローシしてしまうのであった。
しかし、古のカンリョウ・ソウルに憑依され、カンリョウ・スレイヤーとなって甦る!
カンリョウ死すべし!
コクド・クラン、コウロウ・クラン、様々な敵勢力を向こうに立ち回るフジキド。
炸裂するギジツテキ=ジョゲン。
故郷のジチタイを潰したカンリョウは誰か? フジキドに復讐の時は訪れるのか?
近未来サイバーパンク・カンリョウ活劇ここに開幕するはずない!
オミコミノトーリ!


はっ、いけない、バリキドリンク飲んで仕事にもどらねば。ムラハチにされてしまう。


追記(10/23)
囲みの部分、官僚さんたちに悪意を抱いているわけではありませんので、念のため。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |

俺物語!!

『俺物語!!』(著者:アルコ×原作:河原和音,マーガレットコミックス)1・2巻読了。

ネットで見かけて、おもしろそうだったので。

内容は こんなの (試し読みあり)。

で、感想ですが、

ええ話や~

月並みだけど、猛男カコイイ! スナいいヤツ! これに尽きますな。

久々の大当たりでした。続刊が待ち遠しい。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |

他人の空似・2

他人の空似で思い出したんだけど、

ギタリストの布袋さんを見ると、いまだに、「あ、北野くんだ」と反応してしまう。

北野くんというのは、『エンジェル伝説』の主人公。いい子なんだよ?

(ググったら、そう思ったのはやはり私だけではなかった)

妄言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ハイブリッド型

地域主権一括法(特に介護)への対応には、みなさん御苦労されているようです。
ウチも、言うに及ばずですが。

ところで、コピー型、リンク型という論議がありましたが、
ワタクシ的には、ハイブリッド型というのも考えていました。


ハイブリッド型・Aタイプ
 自治体で独自に定めたいところ、つまり、リンクさせないところはコピー的に記述し、
 その余のところ(「前各条に定めるもののほか…」)は、リンク型とする方式

ハイブリッド型・Bタイプ
 原則(全体)をリンク型としつつ、自治体で独自に定めるところは読替え(上書き)する方式
 (この場合において/前条の規定にかかわらず…「 」とあるのは、「 」とする。)


リンク型の省力性を活かしながら、訴えるところは訴えるという発想です。
ただ、自治体独自で訴えるべき部分はどこか、というのを特定するのは、それはそれで難しい作業です。(結局、役に立たない記事)

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

懲戒委員会と懲戒審査委員会の違い

前夜に続いて「違い」シリーズ。

懲戒委員会は、一般職が対象で、地方公務員法の規定をかんがみつつ、任意の設置。

懲戒審査委員会は、特別職が対象で、地方自治法施行規程17条の規定により設置。
なお、こちらの委員の任命には、議会の同意が必要です。
もっとも、対象が対象だけに、設置していないところも少なくないかと思います。

名称は具体的には様々ですけど、とにかく、2種類あるということは覚えておきましょう。
他団体の例規を参照する際は、どちらを書いている例規なのか、見分けることが肝要。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

「施行日」と「施行の日」の違い

条文においては、何の断りもなく複合語を使ってはいけないとされています。

ですので、「施行日」は不可で、「施行の日」と本来の形で書かねばなりません。
十分通じそうなんですが、ダメらしいです。

もちろん、略称として定めれば、使えます。

「この条例の施行の日(以下「施行日」という。)」とするのは、そういう事情からです。
(いきなり「この条例の施行日」とはしない。)

なお、同じ条文の中で同じ日を指すときには、「同日」で受けたりしますが、
略称を定めた場合は、ずっと略称を使わなければならないので、「同日」は使いません。
全て「施行日」と書くことになります。
この辺については、ワークブック問113に記述がありますので参照してください。

ちなみに、“施行の日”が2か所(初出のほかに1か所)だけ、かつ、同じ条文であれば、
「同日」で受けることができるので、わざわざ略称にしなくてもいいかな、と思います。
(ここは、違う考えもあるかもしれません。)

助言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

re:引き続き判例のお話

「引き続き判例のお話」
http://d.hatena.ne.jp/tihoujiti/20121015/p1 より

>半鐘さん、いかがでしょうか?

へぇ、これがねぇ(と棚から手にとって見… ませんー。持ってないですー(いやホントに

それはそれとして、なかなか興味深い裁判ですね。

下世話な話をすると、1体100万とか。

造形物の出来・不出来の話をすれば、例えるなら、
「狼を頼んだのに、これじゃ犬じゃないか! 話にならん!」
という側面は、確かにあるのでしょうけど、
そこは、証拠から認定するに、話にならないほどではないと。

まあ、条例案の出来・不出来にしたって、
「なんだこれは! 話にならん!」
という側面は、確かにあるのでしょうけど、
そこは、まあ、なんだ、話にならないかどうかは客観的に見てほしいですよね。

しかし、担当された裁判官の御苦労は、いかばかりか。

みなさん、条文の審査でもトラブルの相談でも、予備知識を仕入れているうちに、
「なんで自分、こんなことに詳しくなってるんだろう?」と思う瞬間ってないですか?

判決文より

(ア) フィギュアの原型の製作過程一般について
 証拠(甲20,28,乙3,13,証人C)によれば,フィギュアの原型の製作過程について,次の事実が認められる。
 まず,①フィギュアの設定のイラスト等の資料を見ながら,設定と同じポーズの大まかな形を作り,体全体のバランスを整える。次に,②裸体の状態で体の各部分を作り込む。③裸体の状態がおおむね完成したら,服や髪の毛などのパーツを取り付けていき,さらに細部を作り込んでいく。その後,④版権元の監修を受け,さらに細部の修正を行い,表面処理を行って完成に至る。


まさかこんなことを知ることになるなんて、思わなかったでしょうね。

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |

他人の空似

iPS細胞の臨床応用で話題の森口氏を、タイバニの斎藤さんと空目。

斎藤さん、ごめんなさい。

(ググったら、そう思ったのは私だけではなかった)

妄言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニュース雑感(2012/10/11)

浜岡再稼働の是非問う住民投票条例案、県会否決(読売)

 中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の再稼働の是非を問う住民投票条例案をめぐり、静岡県議会(定数69、欠員3)は11日の本会議で、原案と修正案のいずれも否決した。
 原案は全会一致、修正案は反対48票、賛成17票だった。


住民投票条例案を否決=浜岡原発再稼働で-静岡県議会(時事)

 静岡県議会は11日の本会議で、運転停止中の中部電力浜岡原発(御前崎市)の再稼働の是非を問う住民投票条例案を全会一致で否決した。民主党系会派の一部と公明党会派の議員らが提出した修正案も反対多数で否決した。


えっ、修正案の採決が先だよね!?

思わず(一般的な)段取りをググってしまいました。
やはり、修正案の採決が先、その後に原案の採決です。

日程内の出来事としては間違ってはいないし、このほうがわかりやすいのかもしれませんが、
時系列的には事実が曲がってるようで、ちょっとひっかかっちゃうなあ、ワタクシ。

浜岡県民投票条例案 県議会が修正案、原案とも否決(静岡)
や、
浜岡原発住民投票を否決(東京)

 修正案は賛成十七票、反対四十八票。原案は六十五人全員が反対した。採決は無記名投票で行われた。

は、工夫が感じられます。(ただ、記事全体では結局わかりにくい。まあ、字数にも限りがありますので、実際のところ、うまく書くのは難しいとは思います。)


今回の修正案では、条文の形式を整える程度では済まず、内容まで踏み込んだわけですが、そうすると、議会は、住民が請求したものと違うものを審議することになってしまいます。
違っていて、いいのかどうか。
もちろん、住民の意向を最大限に忖度すれば、住民投票が行われれば細部は問わない、のかもしれません。
が、忖度して、いいのかどうか。

例規的な観点からは、そのあたりに興味がありますが、世間的には、たぶんそういう見方はされない。
私は巻き込まれたくないのでコメントしません。
ただ、自治って簡単じゃないなあ、と、あらためて思うところです。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Moe1

萌えキャラ:富士川町PRへ、作製 町商工会青年部、名前を募集 /山梨(毎日)
http://mainichi.jp/area/yamanashi/news/20121010ddlk19040121000c.html

Moe1グランプリなんてあるんだ…

 公式サイト
 http://moe1.jp/moe1/

いろいろと、いらっしゃいますわね。
(富士川町さんの、カワイイですね。耳とスカートのカラーリングは富士山なのかな?)


えーと、多治見市の「やくも」が思い浮かびましたが、エントリーしていない御様子。
キャラ推しぢゃないとはいえ、地域活性化としては活動あるのに、もったいないような。
これも何かの縁、紹介だけさせていただきます。

 「やくならマグカップも」
 http://yakumo-tajimi.com/index.html


追記(10/11)
ゆるキャラは、基本的に老若男女を問わない仕様ですが、
萌えキャラは、対象を選びますゆえ、自治体自らは手が出しにくいところ。
関連の展開も含め、やはり、商工会とか会社とかのほうが、自由がききますね。
知多娘」はNPO法人だし。
ダンジジャー」は株式会社。
「四国萌ぇ隊」は…小商いのようなので名前だけにしておきます。
うまいこと運ぶか、廃れるか、さて、この先どうなりますことやら。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

たならば

これを知ってるとちょっとだけいばれる表現(嘘です

「(し)たならば」

仮定の表現なんですが、ことの性質上、規定を適用し得ないものに、その規定を適用したいときの言い回しです。
規定を借りる表現としては、適用・準用・例による、がありますが、それが適当でない場合です。

印紙税法
附則 (平成二二年三月三一日法律第六号)抄
 (施行期日)
第一条 この法律は、平成二十二年四月一日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。
 (印紙税法の一部改正に伴う経過措置)
第四十条
2 施行日から平成二十三年三月三十一日までの間に作成される新印紙税法別表第一第十号に掲げる保険証券であって施行日の前日に作成されたとしたならば旧印紙税法別表第一第十号に掲げる保険証券に該当しないこととなるものについては、新印紙税法別表第一第十号の規定は、適用しない。

施行日以後に作成したものは、施行前に作成したものではありえません。従って、みなして適用するわけにはいかないし、改正前の規定も適用し得ないのですが、そこをなんとか規定を当てはめたいという二律背反を、仮定を入れることでうまいことクリアしています。簡潔な言い回しなのがスマートです。

以下の例も同様です。

地方公務員等共済組合法
 (傷病手当金)
第六十八条
3 一年以上組合員であつた者が退職した際に傷病手当金を受けている場合には、その者が退職しなかつたとしたならば前項の規定により受けることができる期間、継続してこれを支給する。ただし、その者が他の組合の組合員の資格を取得したときは、この限りでない。


公益的法人等への職員の派遣等に関する条例
 (法第10条第1項に規定するその他条例で定める場合)
第13条 法第10条第1項に規定するその他条例で定める場合は、退職派遣者が特定法人の業務に従事すべき期間に、刑法(明治40年法律第45号)その他の法令の規定に違反した場合であって、当該退職派遣者が引き続き職員として在職したものとみなしたならば、地方公務員法第29条の規定による懲戒免職の処分を行うことが適当と認められるときとする。


○○市介護保険条例
 (保険料率)
第4条 平成24年度から平成26年度までの各年度における保険料率は、次の各号に掲げる第1号被保険者(介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)第9条第1号に規定する第1号被保険者をいう。以下同じ。)の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める額とする。
(5) 次のいずれかに該当する者 7万3,093円
ア 合計所得金額(地方税法(昭和25年法律第226号)第292条第1項第13号に規定する合計所得金額をいう。以下同じ。)が125万円以下であり、かつ、前各号のいずれにも該当しない者
イ 要保護者(生活保護法(昭和25年法律第144号)第6条第2項に規定する要保護者をいう。以下この条において同じ。)であって、その者が課される保険料額(法第129条第2項に規定する保険料額をいう。以下同じ。)についてこの号の区分による額を適用されたならば保護(生活保護法第2条に規定する保護をいう。以下この条において同じ。)を必要としない状態となるもの(令第39条第1項第1号イ((1)に係る部分を除く。)、次号イ、第7号イ、第8号イ、第9号イ又は第10号イに該当する者を除く。)


そのほか、「たならば」で用例を検索して、使いどころを実感してください。ちょっと説明が難しいので。

もっとも、いつ使うのか(機会があるのか)、ってものでもありますけどね。
役に立つか立たないかは わからない。

助言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

キラキラ地名

栗と書いてマロンと読みます 広島・野間川ダムに「栗湖(マロンこ)」誕生(ねとらぼ)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1210/01/news076.html

野間川ダム・ダム湖名称決定
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/99/damukokettei.html

お、おぅ… (なんも言えねえ…)

一言 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |