半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

重版出来!

『重版出来!』(松田奈緒子,小学館ビッグコミックス)

マンガに関わる人々の超骨太人間ドラマ!

「マンガ」は、漫画家だけのものじゃない。
編集者、営業、宣伝、製版、印刷、デザイナー、取次、書店員…。
数えきれないマンガの裏方たちのリレーで、読者の手に届くもの。
そう、裏方の熱き想いがあるからこそ「マンガは売れる」んです!

マンガに関わる一人ひとりの人間ドラマをぐいっと描く本作、
全ての仕事人へのエール漫画です!!!


「じゅうはんしゅったい」と読むのだそうで(知らなかった

業界ものとして愉しめました。
出版部数って、編集と営業の綱引きなのか、ふーむ。

本が売れるようになっていく過程というのは、なかなかドラマチックです。
裏には、いろんな人がいて、いろいろな努力があるんですね。

ヒットを横目にモブが言う、「なんでこんな漫画が売れてんのかわっかんねぇわww」に対する答えが

しびれます

か、かっこいい……

見倣いたいですね、仕事に対するこの自信と誇り。
(あ、いまが「ユーレイ」ってワケではないですよ、念のため)


試し読みありの 特設サイト がありますので興味のある方はどうぞ。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニュース雑感(2013/3/27)

ストレッチマン、あなたもいなくなってしまうのですか…

いやまあ、そんなコアなファンでもないですけど、さびしいじゃないですか、やはり。

以上、1題目でした。

2題目。

 茨城県大洗町:町おこしで74式戦車登場 アニメ「ガルパン」きっかけに(毎日)
 http://mainichi.jp/mantan/news/20130324dyo00m200004000c.html

戦車を呼ぶとは、これはまた思い切ったことを。
このイベントの記事はほかにもいくつか見ましたが、地元の方々もよく“勉強”されているようで、それが盛況の秘訣のように思えました。

3題目。

 「乾杯は日本酒で」 鹿島市酒造り応援条例(佐賀)
 http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2424704.article.html

鹿島市議会は25日、日本酒の普及促進を目指した「日本酒で乾杯を推進する条例」を可決した。酒造りが盛んな地域を応援しようと、議員14人が提案。同様の条例制定は県内では初めてで、全国では昨年12月に制定した京都市に次いで2番目という。

2番目とは言いようですね。
確かに、この条例が最後にならないおそれは多分にありますが…

最後、4題目。

 救急車と隊員、3病院に派遣…神奈川・厚木市
 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=75045

記事自体には特に感想はないのですが、これ↓ に引っかかりました。

 特定の医療行為ができる救急救命士の制度は1991年にでき、ブドウ糖投与や乳酸リンゲル液の輸液などを施せるようになった。しかし、この救急救命士法は時限立法で、この3月末で切れてしまう。プロジェクトは同法の更新を目指していく狙いがある。

時限立法? まさか。

つい気になって調べてみれば、おそらくこれ↓ のことと思われます。

救急救命士法施行規則
   附 則
4  厚生労働大臣が指定する市町村(東京都並びに市町村の消防の一部事務組合及び広域連合を含む。)の消防機関の職員である者が行う法第四十四条第一項の厚生労働省令で定める救急救命処置は、平成二十五年三月三十一日までの間(当該期間内に開始された処置にあっては、当該処置が終了するまでの間)、第二十一条第一項各号に規定するもののほか、心肺機能停止状態でない重度傷病者に対する次の各号に掲げる処置とする。
 一 厚生労働大臣の指定する器具による血糖値の測定
 二 厚生労働大臣の指定する薬剤を用いた輸液
 三 厚生労働大臣の指定する薬剤の投与


もともと、本則で、時限でなくできるのはこれ↓

 (法第四十四条第一項 の厚生労働省令で定める救急救命処置)
第二十一条  法第四十四条第一項 の厚生労働省令で定める救急救命処置は、重度傷病者(その症状が著しく悪化するおそれがあり、又はその生命が危険な状態にある傷病者をいう。以下次条において同じ。)のうち心肺機能停止状態の患者に対するものであって、次に掲げるものとする。
 一 厚生労働大臣の指定する薬剤を用いた静脈路確保のための輸液
 二 厚生労働大臣の指定する器具による気道確保
 三 厚生労働大臣の指定する薬剤の投与

つまり、心肺機能停止状態でない重度傷病者について拡大しているわけです。

附則による措置は、どうも実証研究のための措置とのことなので、まずは全国の結果をきちんと検証して、成果があれば正式に制度化されるでしょうし、かえって患者さんの危険が高まってしまうのであれば制度化は見送られるべきなんでしょう。
この消防本部では手応えがあったのでしょうが、単純に「更新」を目指すという話でもないように思いました。

話を元に戻すと、これ、記者レベルでも時限「立法」の範疇になってしまうんでしょうか?
私としては、ずいぶんイメージが違っちゃってるなー、という感じがしますが。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

コンテンツツーリズムの新たな方向性

参議院の調査室が発行している情報誌で「聖地巡礼」が取り上げられていました。

 経済のプリズム 第110号(平成25年3月)より

  コンテンツツーリズムの新たな方向性

内容も、よくまとまっているのではないでしょうか。


ついでで。もうひとつの情報誌『立法と調査』(338号)では、これが目を引きました。

  地方公務員給与の削減と地方一般財源総額確保 -平成25年度地方財政対策-

給与削減の話は措いときますが、地財対策の説明は、なかなかわかりやすいですね。
財政方面の方には、役立つかもしれません。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

拍手

私が利用しておりますブログには、拍手ボタンなるものがありまして、気が向いた方がクリックしてくださるわけですが、先日書いた記事が、なんと20拍手もいただいてしまいました。

 あたりまえしすう http://hanshoblog.blog50.fc2.com/blog-entry-693.html

みなさん、よほど腹に据えかね …何かしら感じていただけたなら幸いでございます。


さて、こういう機会なので振り返って見ましたら、過去、拍手を10以上いただいた記事は次のとおりです。

10拍手 メリットシステム http://hanshoblog.blog50.fc2.com/blog-entry-193.html

12拍手 またまたやらせていただきましたァン! http://hanshoblog.blog50.fc2.com/blog-entry-218.html

15拍手 お見込みのとおり http://hanshoblog.blog50.fc2.com/blog-entry-263.html
     (ちなみに、当ブログへの検索ワードで多いのがこの「お見込みのとおり」)

11拍手 地域主権・3 http://hanshoblog.blog50.fc2.com/blog-entry-466.html

11拍手 メカ児童手当の逆襲 http://hanshoblog.blog50.fc2.com/blog-entry-537.html

10拍手 通訳 http://hanshoblog.blog50.fc2.com/blog-entry-573.html

15拍手 こうかはばつぐんだ! http://hanshoblog.blog50.fc2.com/blog-entry-625.html

いやー、なつかしいですねー。その時々の、理不尽が蘇り 自治体の翻弄される様が思い返されます。

このブログもいつまで続くかわかりませんが、引き続きお楽しみいただければなによりです。
m(_ _)m

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

第10回MMD杯おぼえがき

印象的な作品、なんて多すぎて、挙げるとキリがないのだけど、そんな中でも特に心惹かれたものをちょっとだけ紹介します。

【第10回MMD杯本選】サンダーバードごっこ
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm20082842

  再現度高い。つうか細かい。ヤシの木が倒れるときのバウンド具合とか、
  エンディングの回転具合とか、もうね、最高です。
  (参考) →比較版  →全長版

【第10回MMD杯本選】 初音ミクAppend 「ラセンナワタシ」 【MV】
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm20097590

  カラフル・ポップなカワイイ系の作品もステキなのですが、逆に、
  落ち着いた、MVらしいMVに惹かれます。曲がいいのはもちろん。

【第10回MMD杯本選】金魚提灯【すこしふしぎSF】
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm20096338

  派手なアクション、派手なエフェクトの作品がスゴイのはもちろんですが、逆に、
  そうでないもののほうが魅せるってこともありますよね。
  (初見はコメントなしがよいかも)

【第10回MMD杯本選】バイセンテニアル・ガール ~二百周年の少女~
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm20117041

  同じく派手さ無用で魅せる作品。
  元ネタの翻案具合、曲のチョイス、表情の細やかさ…
  (同じく、初見はコメントなしがよいかも)


(実はあともう一作品あるけど、それはまた別の機会に)

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

東北行きに乗って

MMD杯閉幕。

【第10回MMD杯】MikuMikuDanceCup Ⅹ【表彰・閉会式 第2部】
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm20281655

第1部は略。

さて今回、観光庁が選考委員となったということで個人的に注目していたところですが、
選んだ作品は[24’44”あたり]となりました。

 (ま、これなわけですが)
  【第10回MMD杯本選】世界の果てを探した男
  http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm20101183

でもって、どんな思いで参加されていたのか、そのあたりのコメントが28’52”あたりから。

そしてそして、ちょっとしたサプライズが…

運営側も、粋な計らいをしますねえ。

至言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

月曜日

http://twitpic.com/c6isa3


付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

定吉七番の復活

『定吉七番の復活』(東郷隆,講談社)

日本中を熱狂させた伝説のシリーズが、四半世紀ぶりに復活!
スイスアルプスのクレバスに消えた「定吉七番(セブン)」。最大の敵「NATTO(ナットー)」と戦うため、氷の中から、いま蘇る!


お気に入りの作品の復活とあって、発売後ほどなく確保、読了済。
(知らない方には「何それ」なんでしょうが、定吉ファンにとっては一大事なのだよ。)

いやー、堪能いたしました。

ただ、定吉の往年の活躍ぶりに比べると、一味足りない気もします。
登場人物(田長マキコとかとか)もなんだし、クライマックスはもうあれだし、もはやセルフパロディのような感があります。
とはいえ、テイストは十分で、これを味わえたことには感謝せねば。

なお、作者の前口上に、

しかれども近年、大阪新秩序の創成とやら。財政再建の大仕分け、府を都に成さんとする父っちゃん坊やの登場で、小役人は右往左往。下町のおばはんは配る飴ちゃんの質を落とす、飲み屋から足の遠退いたオッサンは、金曜の夜『探偵!ナイトスクープ』を見て涙を流すばかり。

とあったのには、つい吹いてしまいました。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |