半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

観光交流課長

一日遅れですが、この話題。

 岐阜県関市の職員がヱヴァのコスプレで登場!! 衝撃のビジュアルが話題に / ネットの声「男の娘w」「笑えばいいと思うよ」
 http://rocketnews24.com/2013/06/28/345188/

あまりのインパクトに絶句。
おそらく円満にやっていらっしゃることと思いますが、パワハラ・セクハラと紙一重だよなあ…
とりあえず、みなさん乙でございます。

ちなみに、関市といえば、はもみんかな。はもみんかわいいよ、はもみん。

 関*はもみん http://www.gifuchara.com/charactorlist/hamomin.html


観光つながりで、この話題も紹介しておきましょうか。

 2号車が完成しました
 http://www.ibako.co.jp/girls-und-panzer/wrappingbus_2.html

>「ガルパン魂」は関係者のみなさんにも宿っていました。

だからこそ「風が吹く」んでしょうね。ちょっといい話。

この際なので参考映像をば。

 ガールズ&パンツァー : 声優&スタッフが観光庁長官を表敬訪問
 http://b.hatena.ne.jp/entry/www.youtube.com/watch?v=nKVtHNsS2AE

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

応酬

麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

平成25年5月21日(火曜日)

問) 最近、甘利大臣や官房長官の方から過度の円高是正はかなりできたとの御発言がありましたが、財務省としての考え方を改めて教えてください。
答) 毎度お断りしておるようだと思いますが、為替とか円について私の方から発言をすることはありません。

問) 円安は経済にとってプラスマイナスいろいろあるかと思いますが、今のところ全体としてはプラスという認識でよろしいでしょうか。
答) 危なそうだからやめておきましょう。


平成25年5月24日(金曜日)

問) 昨日の東京市場で日経平均株価が1,143円安、13年ぶりの下げ幅となった一方で、長期金利は1%ちょうどまで上昇した後に低下するなど乱高下いたしました。日本の金融市場全体がボラタイルになっておりますけれども、大臣の受け止めと、あと改善傾向にあった景気への影響について何か御所見があればお伺いできればと思います。
答) 株とか金利とか為替に関して、私の方からコメントすることはありません。いろいろ与える影響等々を考えてこれまでもなかったと思いますし、今後もありません。


平成25年5月31日(金曜日)

問) 昨日も東京市場で株価が急落するなど、金融市場で相場の乱高下が続いております。投資家の不安心理も高まっているかと思いますけれども、こうした状況について、政府としてはどのように対応すべきだとお考えでしょうか。
答) 相場というのはいろいろな要素で上がったり下がったり、急激だったり緩やかだったり、いろいろな要素が重なりますので、これに関して私の方からコメントすることはありません。今後とも、この種の話というのは、注意をして見ておかねばならないものではありますけれども、これに関してコメントするということはありません。


平成25年6月4日(火曜日)

問) 為替についてですが、アメリカの景気減速懸念から昨日ニューヨーク市場で1ドル98円をつけるなど、再び円高に振れる方向になりつつあるのかなと思うんですけれども、大臣この動きをどう御覧になりますでしょうか。
答) 為替に関してコメントすることはありません。


平成25年6月7日(金曜日)

問) 為替ですが、昨日ニューヨーク市場で一時95円台というところまで円高が進みまして、東京でも約1カ月ぶりの97円台前半ぐらいで推移しているかと思います。昨夜一晩で3円ほどの大きな振れがあったわけですけれども、これに対する受け止めと、どういうふうに対応されるかお考えをお聞かせください。
答) たびたび申し上げているように、為替についてコメントすることはありません。値動きが激しいとは思いますけれども、それ以上のコメントをすることはありません。

問) 日経平均株価について、今日も下げていまして、一時は200円を超えるような下げ幅になっておりましたが、これに関連して、成長戦略に法人実効税率の引き下げが入っていない、入りそうにないという、こういうところを市場が評価していないんじゃないかという指摘もあるようです。一方で昨日、菅官房長官は法人減税について検討する考えを夕方の会見でお示しになっておりますが、法人実効税率の引き下げについて、大臣は現時点でどのようにお考えでしょうか。
答) 国際競争力の問題でしかるべき方向というのであれば分かるけれども、為替や株価との関連で法人実効税率を触るというようなことを考えたことはありません。株価や為替についてコメントすることはありません。


平成25年6月21日(金曜日)

問) 昨日、オーバーナイトでもニューヨークダウがかなり大幅に下落しまして、今朝、東京でも日経平均が一時300円超下げ、今280円安と下げています。アメリカの株安が日本経済に与える影響、市場に与える影響について、どのように御覧になっていらっしゃるのかお伺いできますか。
答) 為替とかマーケットのことで、私からコメントをとれた人はいません。同じことを聞かれても無駄ですから、今後のためとして申し上げますが、二度と質問されても答えることはありません。



このような応酬に対し、どのような感想を抱くのが適切でしょうか。
私の感想は(萎縮

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニュース雑感(2013/6/21)

法律の誤記載で減税額拡大 3人処分(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130621/k10015482841000.html

これについて財務省は、法案のチェック体制が不十分だったとして、主税局長と担当審議官、それに担当課長の3人を、文書による厳重注意処分としました。


だそうです。
私としては、他人事のようで他人事ではないので、重い処分でなくてほっとしました。
内情に通じた方は、また違った感想を抱くのかもしれませんが。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

清涼剤

多良木町議会が職員給料削減案を否決 県内初(熊本日日新聞)
http://kumanichi.com/news/local/main/20130614005.shtml

多良木町議会は14日、国家公務員の給与削減に準じた町職員などの給料を削減する条例案を全員一致で否決した。

ちなみに、ラスは形式上103.1、本来は95.3とのこと。

首長がひとりで苦渋の決断をしたとしても、それをどうするかは議会のみなさんが判断。
これも民主主義。


追記(6/24)
 職員給与削減条例案を否決…南陽市議会(読売)
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamagata/news/20130621-OYT8T01605.htm
こちらも全会一致だそうで

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

お手本

富山県で「歯と口腔の健康づくり推進条例」制定の動きがあるとのニュースを見ました。

こういうニュースを見ると、つい、案文を確かめたくなってしまいます。
というわけで、こちら。

 「富山県歯と口腔の健康づくり推進条例(仮称)」素案に対する意見募集について
 http://www.pref.toyama.jp/sections/0100//policy/publiccomment_teeth.html

条例素案全文を読んでみて、あれ? と思ったのは、「歯科口腔保健の推進に関する法律」の名前が出てこないことです。うーむ。
出てこなければいけないわけではないんですが、出さずに済ますのは結構難しいのでは。
まあ、わからないことはわからないままにしておきます、この場合。


この手合いの条例については、このブログでも何回か触れたことがあります。くだんの法律との絡みでは、こんなことを書いていました。ナツカシス。

 歯科口腔保健の推進に関する法律

 re:法律の「空白域」と自治体条例

ところで当時、法律制定を受けた改正の動きがないなあと思っていたようですが、私が知らないだけで、あるところにはあったようです。

 「新潟県歯科保健推進条例」の一部改正について
 http://www.pref.niigata.lg.jp/kenko/1356757627375.html

議員提案した条例について、然るべく検討に着手し、議員提案で改正(メンテナンス)するという、お手本のような展開! これは見事です。

追記(6/16) タイトルを変更しました。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

片腕

「片腕を一晩お貸ししてもいいわ。」と娘は言った。そして右腕を肩からはずすと、それを左手に持って私の膝においた。


 このような一文を見せられて、興味を持たないでいることは難しい。数年前のことで、確か、何かの書評であったかと思うのだが、定かでない。ただ、程なくして私はその作品を求めたのである。
 それが、川端康成による『片腕』という短編である。よく行くブログにてその名を見たとき、当時の鮮烈な印象を思い出した。その印象とは、奇怪な筋立ては勿論のことであるが--とにかく文章の美しさに魅せられたことにある。ピンとした緊張感と、緻密さ、とでもいうのだろうか。雪が降り止んだ後の、冷たい、引き締まった、それでいて瑞々しい空気のような印象を、私は持った。
 話の内容についてはここでは触れない。ただ、異様な話とだけしておく。しかし、妙に引き込まれる。その理由は、よく知ったもののようであるのだが、適切な言葉に置換できない。エロス、とでもいえば説明した気になれそうなものだが、左様に単純にはいかない。単純ではない。

 ところで、私がこの作品を読んだのは、新潮文庫の『眠れる美女』の方であった。本書には、表題作、「片腕」、「散りぬるを」の3編が収められている。「片腕」もさることながら、表題作の「眠れる美女」がまた異様であった。老いた男性というのは、このような異様な空間を求めたくなるものなのであろうか? わからない。しかし、そもそも、このような発想が出てくる作者の方がよほどわからない。文豪、という記号よりよほど面白い存在に思う。
 先のブログに、「私も好きです」とコメントすればよさそうなものだが、いかんせん、愛着のある一篇ゆえ、つい長々と書いてしまった。否、感想はぜひに自分のブログに残したかったのであろう。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |

ブルー

昨夜、突然、パソコンが起動しなくなってしまって、

そりゃあもう、パソコンの画面も私の顔も真っ青さ!



(その後、自動修復が奏効したようで、なんとか助かりました。)

独り言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

俺様ルール

外務省の法制執務は、どうも、内閣法制局のそれと異なる独自のルールを採っているらしい。

先日、「自治体法制執務雑感」(例規の立案で間違いやすい例(18))を読んで、そのような感想をコメントしたところですが、hoti-akさんも同様の感触を持っていらっしゃるようでした。

そこで、次なる事例はとヲチしておりましたら、来ました。

 領事官の徴収する手数料の額を定める省令の一部を改正する省令(外務一二)

 別表第一から第三までを次のように改める。
 別表第一中「 」を「 」に改める。
 別表第二中「 」を「 」に改める。
 別表第三中「 」を「 」に改める。


もうね、内閣法制局は何かアクションを起こしたほうがいいんじゃないでしょうか。
私からすれば、こういうのが省内で気にされないというのは、もはや法制執務に対する信用失墜行為です。

(いかにもミスらしいミスなら、私だって違う所感を抱きますけど、こういうのは、よほど法制執務を軽視するか、違うルールが働いているかでないと、なかなか起きませんので。それとも本当にただのミス?)

一言L | コメント:2 | トラックバック:0 |

ニュース雑感(2013/6/5)

確かに私は書いたさ。ええ、書きましたとも。

年度内にさらに4,5件、加えて焼酎1件、ワイン1件程度発生するのではないかと(そんな予想は外れろ

だから、こんなのは、そ、想定の範囲内なんだからねっ

 「とりあえずビール」を焼酎に…市が乾杯条例案
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130605-OYT1T01151.htm

鹿児島県いちき串木野市は「本格焼酎による乾杯を推進する条例案」を6日開会の市議会に提案する。


うちはデスブログじゃないですー。違いますー。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

手づくり感

萌えキャラで能登町鵜川を発信 公民館が「美少女」考案 「私に名前くださいっ」、愛称を募集(北国新聞)
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/E20130603001.htm

 能登町鵜川公民館が、オリジナルの美少女マスコットキャラクターを生み出した。「萌 (も)えキャラ」で鵜川の魅力を発信しようと、公民館職員が地区でとれるブリを持ったり、祭りの法被を着たりする愛らしい姿のイラストを制作。現在は愛称を募集中で、今後 はキャラクターを増やしてストーリー性を持たせる予定にしており、鵜川をけん引する仕掛けをつくる。

手づくり感がありますねえ。でも、十分に魅力的です。
よろしければ、[鵜川公民館]で検索して、公民館のブログも御覧ください。

 追記(6/22)
  決まったようです。こちらで→ 決定
 追記終わり


他方、プロの仕事。まあ、貼るほどでもないんですけど、ついでで。

"萌えない"で話題に 私「焼津海音」です☆彡(アットエス)
http://www.at-s.com/news/detail/681483140.html

 デザインを考案したIT関連会社の担当者は「ただかわいいだけだと、ほかのキャラに埋もれる。古めかしく、中途半端でインパクトのあるデザインにした」と狙いを語る。

……。

さて、今後の、両者の成果や如何。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |