半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

ダイヤモンドは傷つかないのよ

英知の光、半鐘です。

ドキドキ終了。

さすが「みなぎる愛」。というか、みなぎりすぎ。
ピーンチ! と思わせておいて、それはもう、清々しい無双っぷりでした。

近年の敵、憎しみ・悲しみ・絶望に比べれば、自己中はいかにも小物だったのでしょう。
安心して見ていられる最終回でした。
ちなみに、終盤、敵が強くてもあまり深刻にならないというのは、前作の反省でもあったのでしょうか。
(「ラスボス」が、列車のロングシートに寝そべって席を占領してたりするしなー)

こうして終わってみると、
ED曲「この空の向こう」「ラブリンク」の歌詞が全て語っていたとわかります。ホントこれ。

さておき、終盤は名シーン・名セリフ多かった。
最終回の2つ前で、
キンジコ「レジーナ、お前は私だけを見ていればよいのだ」
ダイヤ「そう思う気持ちもわかるわ。私もその気持ちに覚えがあるから」
からのくだりでの、六花の、困ったような、あきらめたような笑顔がですね、もう最高でした。


追伸 勝手に答える
レジーナがプリキュアであるかについて若干の補足意見を述べる。
レジーナはプリキュアではないが,プリキュアの仲間であることが認められる。
なお,プリキュアたちに同調して戦闘行為に参加した動機としては,相手がパパを苦しめていた張本人であること,及び自身がマナを好きだからであることが推認される。


妄言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

おそれがあるか

全国学力テストの結果の公開の是非を巡っては、議論のあるところです。
このような価値観が対立する問題は、行政が苦手とするところです。白黒じゃないですからね。
しかし、情報公開請求があれば、否応なく直面することになるでしょう。

ただ、そこで慌てない。

いまいちど条文を見てみましょう。公開しない情報として、次のようなものがあります。

>当該事務又は事業の性質上、当該事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあるもの

要は、「おそれ」があるかないか。
価値判断、是非の話ではなく、事実認定、可否の話と考えるわけです。

そうしてみると、「おそれ」の蓋然性という話になり、
たいていの場合、公開したくないほうにとって望まない結果になりそうな気がします。

とはいえ、です。
価値判断というのは普遍的に全国どこでも同じですが、事実認定というのは個別に異なりうるものです。
例えば、テストの結果を見たら「教師の責任」だ「あの学校は」だのの騒ぎになるようであれば、「おそれ」ありと言う余地があるのではないでしょうか。
他の自治体では公開した、というのは、この自治体において「おそれ」がないことの挙証にはならないわけで、やはり、自団体においてはどうかという目が求められるかと思います。まあ、それが難しいんですケド。

誰もが数字を、ただ数字として受け止めるなら、「おそれ」などないのに。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

穴埋め問題

2 3 2 5 □ 4 4 4 5 5

□ には何が入るか

…という問題を思いついたのだけど、この手の問題って、出し手の独りよがりだよなー。
(まともに取り合ってはいけません)


追記(2/5)
気がつけば「拍手」が1つ、ついておりました。(おわかりになられたのでしょうか
一応、答をコメント欄に書いておきます。

一言 | コメント:1 | トラックバック:0 |

くらしの中に

総務省のサイトにいったら、デザインが変わっていたので、ちょっとびっくりしました。

また、キャッチフレーズも「くらしの中に総務省」に変わったとのこと。(ピックアップのところ)

そうですか。

くらしの中、くらしの中……

スローインしようとする人の顔が見えてくるゲシュタルト崩壊
(「く」の曲がってるところが右ヒジ)
あるいは、ナンテコッタイの横顔のような…… って、どうでもいいですね。

なお、ここのURLとかサイトマップに昔の名残がありますね。
ま、おいおい修正されるでしょう。



えー、紙面が余るのでニュース雑感。

産科医療補償制度の見直しのニュースがありまして、その中で掛け金の引下げの話がありました。

む! これは条例改正の予感っぽい。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニュース雑感(2014/1/19)

遅ればせながら御紹介。

 市制施行60周年記念 【ルパン三世】 ご当地ナンバープレートを交付します!
 http://www.city.sakura.lg.jp/0000010228.html

ご当地ナンバープレートの紹介を始めるときりがないのですが、これはカッコイイ。
版権もののプレートは既にいくつかありますが、これは、キャラを活かしてある、いいデザインです。

あと、これも。

 ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男III世
 http://www.hakuba-murao3.jp/

スペシャルコンテンツに年賀状が! 知っていたら使っていたろうに……
完全に遅ればせました。

ほかにも、

 ふたりのお仕事ぶり(4コマ)を掲載しました。
 http://www.pref.nagano.lg.jp/police/keisatsusho/chuo/character/index.html

とか

 “地下鉄に 乗るっ”キャンペーン 第2弾が開幕します!!
  ~第1弾キャンペーン トラフィカ京カード(太秦 萌)の発売日も決定♪~
 http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000160996.html

といった動きもありましたね。


ところで、こういうのを拾うのにもマンネリ感を覚える今日この頃。
別に私じゃなくたっていいし、私を介さずとも拾えるのだし。
いろいろ含めて、tihoujitiさんのお休みは他人事ではないのだ。(まだやめませんけどね

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

実施機関が定める

情報公開条例や個人情報保護条例は、情報や個人情報の所管の関係から、首長や行政委員会・委員を実施機関とし、実施機関ごとに運用するイメージとなっています。

ところで、条例において、実施手続などについて「実施機関が規則で定める」とする団体があったりするのですが、実施機関の中には規則の制定権がないところもありますので、ちょっと困ったことになります(制定権がないので、規程は定められても「規則は」定めようがない)。ここは、単に「実施機関が定める」でよいかと。

反対に、「市長が規則で定める」としている例もあって、これは所管を超えているように見えます。ただ、自治体内の共通の規則を定めるとすれば、委任先は首長が適切ですので、実施機関全てには規則制定権がないことも加味すれば、これはこれでありだと思います。あ、もっとも「うっかり」だとしたら、直したほうがいいと思いますけどね。


追記(1/14)
条例から委任するときは「規則で」が定番ですが、定番を安易に使ってはいけない場面があるということ。
別の角度からいえば、なぜ「規則で」が入らない? というときには、それなりの理由があるということ。
油断するな、という話ではありますが、けっこう厳しいかも。
(そういえば、ア・イ・ウに対して「次の各号」を使わない、というのも、ちょっと似てるかな?)

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

新年

1 あけまみた
2 おめでとうござ「うま」す
3 暁の水平線に(r

お好みのものでどうぞ。

と、のっけから毎度ばかばかしいブログでございますが、
本年もよろしくおつきあいいただければと存じます。

昨年末は、筆がにぶってしまいまして、心苦しく感じております。
ネタがないわけではないのですが、なかなかきれいにまとまらない次第で。

思うに、ものを書くというのは、近視の人が眼鏡をかけるようなものなんでしょうね。
書く内容はそこにあるのに、素のままでは、ボーっとしていて、
眼鏡をかけると、ハッキリと見える。ピントがあえば、あとはスラスラと書けると。

年が変わって、クリアに見えるようになったかといえば、そんなことはないのですが、
ま、ぼちぼち、やっていきたいと思います。ぼちぼち。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |