半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

水、清ければ

【マイナンバー対応で調査】情報漏えい、政府に焦り 自治体「対策の余裕ない」
http://www.47news.jp/47topics/e/267516.php

 そんな中、総務省から急きょセキュリティー調査と対策の要請が入った。個人情報を管理する「基幹系システム」と、インターネットに接続して外部とデータをやりとりする「情報系システム」を分離、厳格に管理することが主眼だ。
 「システムを分けろと国は求めるが、改修費は高額だ。議会にも諮らないといけない。登録作業だけでも大変なのに、そんな余裕はない」と市職員は頭を抱える。


諸君、君達は一体何を望んでいる?

  セキュリティ! セキュリティ! セキュリティ!

よろしい、ならばセキュリティだ。だが、ただのセキュリティではもはや足りない!

  一心不乱の超セキュリティを!



マイナンバー法27条の規定によれば、セキュリティ対策が十分でなければ、マイナンバーの情報提供ネットワークを使用できない、ともなるわけですが、さて、どのくらいの自治体が参加できなくなるのでしょうね。全自治体がそろわなかったらイミなくなるのに困りますよね!

(甘いセキュリティでも許して、という趣旨ではありません、念のため。清い世界に生きねばならぬとは、大変なことだなあ、といったところです)


追記(7/30) 少し改稿しました。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ゆう活チャレンジ

【東芝歴代社長が辞任】厳しい叱責、過大な目標 「圧力」の実態浮き彫りに
http://www.47news.jp/47topics/e/267331.php

 東芝は21日、組織的な利益水増し問題を調べた第三者委員会の調査報告書の全文を公表した。報告書は、無責任な利益至上主義や上司の意向に逆らえない企業風土を強く批判。厳しい叱責で過大な目標達成を迫ったトップの「圧力」の実態が浮き彫りになった。報告書の主な指摘を解説した。

 ▽「チャレンジ」
 「社長月例報告会」と呼ばれる毎月の会議で、社長から各事業部門のトップに「チャレンジ」と称する過大な収益改善の目標が言い渡された。会議では「ありとあらゆる手段を使って黒字化するように」と達成を強く迫る場面もあった。


ゆう活参加率の目標…… と妄想するのに要した時間はわずか0.05秒に過ぎない。



この国の悪いところは、数字を数字として受け止められないことだと思ふ。

妄言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

自治性を高める

静岡県「特別自治市」対象に 廃県置藩構想で特区 (800NEWS)

 管官房長官は10日の定例記者会見で、自身が掲げる廃県置藩構想の実現に向け、特別自治市設置法の素案を公表した。あわせて、先行の特区として静岡県を対象とすることを明らかにした。
 同法は、都道府県を廃止し特別自治市に分割する手続きを定める法律。管氏の構想では、静岡県を解体し、3つの特別自治市に県並みの権限を持たせて個々の自治性を高める狙いがある。管氏は静岡県が関東と中部を両にらみしている現状などに触れ、「県としてまとまりがないことは明白だ」と言い切り、特区指定の妥当性を訴えた。神勝平太知事には「できるだけ早く会って話したい」とした。


市政に気を配る県の人は、県政に気を配る国の人のいうことはもちろん聞くのでしょうね。

まあ、ニュースも私のコメントも全部ウソなんですが。

虚言 | コメント:1 | トラックバック:0 |

ニュース雑感(2015/7/11)

廃炉計画認可後も核燃料税課税 県が条例改正検討 (中日)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20150710/CK2015071002000005.html

いったい何を客体に課税しようというのでしょうか……

いやまあ、人の死だって、脳死、心臓停止、細胞活動の停止、肉体の崩壊と、境目は定義によりけりともいいますけど、ね。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2月2日、ペッパーというロボットを雇ったのは貴様か

某所経由で。

ペッパー:全国初 「無給」の臨時見習職員に 千葉・館山
http://mainichi.jp/select/news/20150709k0000m040151000c.html

>自治体が同ロボットを購入して「職員」に採用するのは全国初という。

「ペッパーを職員にする、館山市。ただし! 日本じゃあ2番目だ」
「なに、じゃあ1番は誰だというんだ」

ま、購入・常勤では初めてか。
間の悪いことに、鳥取県が宣伝部長に任命したというニュースがあったばかりだったので、そんなことを思ったわけですが、ただ、あちらは2日間限りの派遣職員でしたので、そこを勘案すれば、全国初でよろしそう。

ときに、本体価格20万円弱なのに、保守パック等をつけると120万円弱になる場合、予算は、それでも一括して備品購入費と扱うのか、備品購入費と委託料とを分けるのか、そんなことが気になったりします。
(→適宜に分けているようです)

妄言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

マイナンバー・2 補足

何かを改善するのに、既存の制度の手直しでできるかもしれなさそうだけど、
その試みをしないで、革新的な手法によって達成しようとする。

その発想はまあよしとしても、いざ話が現実的になってくると、
それに投入せんとするコストは、果たしてベネフィットに見合うのだろうか
という疑問が湧いてくる。

ん? ……ああ、都構想と似てるのか、これ。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

マイナンバー・2

番号 それは燃える命
全ての国民にひとりずつひとつ



マイナンバー関係で、2つほど思うところを述べてみたいと思います。

ひとつは、プッシュ型サービスとやら。
必要な人に、必要なサービスを紹介するらしいです。
しかし。
それなら、必要なのは、申請主義を資格主義に変えることではないでしょうか。
福祉等の給付の多くは申請主義で、申請した月の翌月からサービスが始まります。
申請が遅れると、申請に要する資格を備えた月の翌月から、にはなりません。
その分、官公庁はちょっとだけ得をするというわけ。
せめて、申請の期間を、例えば14日以内といわず2月以内に延ばせれば、救われる人は増えます。現行制度においても。
でも、
プッシュ型サービスを標榜しつつ、根幹は申請主義(期間拡大もなし)のままかもしれない。
お知らせは強化した。申請するかしないかは本人次第。

もうひとつは、投資課税。
マイナンバー制度により、投資関係の所得も漏れなく捕捉されるようになることが期待されます。
ただ。
そうした所得に対する税率は、所得段階に応じた累進税率になるのでしょうか。
というのは、投資の促進だなんだと言って、有利な税率・有利な制度が連綿と作られてきているので、マイナンバー制度下においても、何らかの優遇策が設けられたり、分離課税のままだったりするのかもしれない。
庶民には、溜飲の下がらない話。

望ましくない世界の予測は、外れますように。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

萌え家電

『萌え家電』(大和田茂,ディスカバー携書)
http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799316870 読了。

萌えネタを拾っている人間としては、読んでおくべきかな、と思って読みました。
読んでみたら、ルンバ、AIBO、siri、初音ミク等のポイントを拾いつつ、家電製品とのインターフェースを語るという、普通に真面目な本で、これはこれで、なかなかよかったです。
日本人の擬人化との親和性(法律の擬人化も出てた!)、人工知能学会誌の表紙問題、「不気味の谷」といった話題にも触れられており、広くカバーしているのもよいところではないかと。(ついでにいえば、吉田戦車の『いじめてくん』が紹介されており、びっくり)
こうした方面の研究や活動の先に、“ベルトさん”も現れるのかもしれませんね。

特段ケチをつけるところもないのですが、おうちハックの作品紹介のところで(p.148)、
「俺の部屋がこんなに賢いわけがない」には元ネタを説明して、
「ミクさん召喚装置-2次元に出会いを求めるのは間違っているだろうか」には説明がないのは、バランスがとれないので、なんとかしてもいいんじゃないかと思います。

最後に、これ、思い出したので貼っておきます。
https://twitter.com/str5go/status/530486888545914880

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |

海の「もしも」は118番

『ガルパン』とコラボ!118番啓発ポスター完成。2015夏「海の安全運動」実施中!
http://www.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/ibaraki/01top/galpan-collabo.pdf

だそうです。

ところで、茨城海上保安部のページ、デザインが昔風ですねえ。
海上保安庁のページのほうは、まあまあ今風なんですが。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

〇〇、感じ悪いよね

(タイトルに意味はありません。石破大臣、最近そんな発言をしてたなあ、と)

石破大臣、苦言…自治体の人口減少対策に不満 (テレ朝news)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000053948.html

どこが苦言のキモなのか、いまひとつわからないのでソースを確認

石破大臣閣議後記者会見(平成27年7月3日)
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg12006.html?t=147&a=1

追記(7/22)
文字版はこちら
 石破内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成27年7月3日
 http://www.cao.go.jp/minister/1412_s_ishiba/kaiken/2015/0703kaiken.html
追記おわり

言葉にしがたい感想は言葉にしないでおきます。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

巻頭言(第8巻)

>僕が今見ているのが 世界の片隅なのか
>いくら捜したって そんな所はない

そんな歌詞の唄がある。タイトルは「世界のまん中」。

中央と地方、上流と下流という意識に苛まれることもあるけど、
僕がいるこっちのほうが、僕の世界のまん中なのだ。間違いなく。
そういうことなんだと思う。

巻頭言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |