半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

鳥取中部地震

鳥取中部地震から一週間が経ちました。

場所が、ネット上の知り合いがいるところとあって、心穏やかではありませんでした。
加えて、別のネット上の知り合いが、奇しくも居合わせたのには、さらにビックリでした。
(ついでに言えば、『琴浦さん』でなじみのある琴浦町も、すぐそばだという……)

前者の知り合いさんにおかれましては、しばらくは忙しいと思いますが、
がんばらざるを得ないと思いますので、がんばってください。ただ、健康には気をつけて。

なお、
 東西部も観光客激減 知事「鳥取地震」呼称に苦言
 https://www.nnn.co.jp/news/161025/20161025043.html
ということですので、みなさまもよろしくお願いします。

追伸
熊本方面の読者さんを、当時、心配しなかったわけではないので、念のため。

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |

SHELTER

ねとらぼさん経由。

世界的DJポーター・ロビンソンとA-1 Picturesが合作 「Shelter」のアニメMVに涙を禁じ得ない
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1610/20/news113.html

うわあああああ、って声出た(心の中で)。

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニュース雑感(2016/10/20)

1つ目。kei-zuさん経由。

弁護士会に損賠請求権なし 最高裁初判断 日本郵便の回答拒否訴訟
http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20161019

>23条照会に対する報告を拒絶する行為が,23条照会をした弁護士会の法律上保護される利益を侵害するものとして当該弁護士会に対する不法行為を構成することはないというべきである。

に、胸をなでおろす一方、

>23条照会を受けた公務所又は公私の団体は,正当な理由がない限り,照会された事項について報告をすべきものと解される

の分岐点は、差戻しとあって、要観察。


2つ目。

請求乱用禁止・拒否可能・黒塗り有料 江戸川区、情報公開で異例の規定
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201610/CK2016101902000121.html

ワタクシ的には、またひとつ、であって、異例というほどのことでも。
あ、黒塗り有料は、新しいか。ここは、記事を読む限りでは、否定的に解しますが、さて?


おまけ。ねとらぼさん経由。

都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載 第2話まで一挙公開! (1/4)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1610/19/news018.html

グンマーと対決する日が楽しみです(オイ

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

ガスを安全に使用していただくために

ガスを安全に使用していただくために
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/lpgas/gas_anzen/

我須野さんの明るい毎日。
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/lpgas/gas_anzen/gasunosan/

おっ、おう。(クレームは…つかないんだろうな…)

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

駅前放置自転車クリーンキャンペーン

駅前放置自転車クリーンキャンペーン
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/kotsu/kakusyutaisaku/jitensha/houchi/special/japanese/index.html

おっ、これはこれは。(クレームがつきませんように……)

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

条例はどこまで・14

またひとつ、チャレンジングな条例が。

つくば市が無電柱化条例を制定 景観維持、防災機能向上へ(産経)
http://www.sankei.com/region/news/161017/rgn1610170020-n1.html

 つくば市は、中心市街地やつくばエクスプレス(TX)の駅周辺への新たな電柱の設置を認めない「無電柱化条例」を制定した。景観を維持するとともに、災害時に電柱の倒壊をなくすなどの防災機能の向上を目指す。同市によると、無電柱化を義務付けた条例は全国初という。


 同市まちなみ整備課の担当者は「現在ある電線をなくすのではなく、電柱がない地域の維持が目的」としており、新たに電線を設ける場合、開発事業者などに対し、原則として地中化を義務付けた。違反者には同市が勧告し、従わない場合は氏名などを公表する。


パブコメ
https://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14278/14282/855/019595.html

議案
http://tsukuba.gijiroku.com/g07_Giketsu_View.asp?SrchID=2539&kword1=&kword2=

現に(電柱が)ない状況をどうしていこうか、ということのようですが、
これは、作る側としては難しい問題でしょう。担当された方々に敬意を表します。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

です・ます調の条例

hoti-akさん
 「です・ます調」の条例~「みんなで取り組む健康長寿条例案」
 http://d.hatena.ne.jp/hoti-ak/20161014

これを読んで、いまさらながら気づきました。

です・ます調の条例といっても、である調をベースに、その書き換えであることが求められる。
伝統的な条文解釈が可能なようにするならば、必然の前提。
である調に戻せないものは、独自の用法となってしまっており、解釈も不安定になる。

 とします。 ← とする。  解釈可
 しなければなりません。 ← しなければならない。  解釈可
 ○○します。 ← ○○する。  解釈?

です・ます調の条例を審査しなければならないときには、気をつけよう。
(法規を作ろうというのか、アクセでよいのかの違いも、ここで知れようか)



ときにこの案、例規の正規の形式と多少違うのは、意見募集用のものなのでまあよしとしますが、章名が3字下がってないとか、見出しが1字下がってないのは、どうにも落ち着きません。あと、附則のところも。(タイが曲がっていてよ?)

また、条文中に、定義・略称でもないのにかぎ括弧が使われるのも、ムズムズします。

そして、関係者、関係団体等の定義がないのには、全力で
1 突っ込め
2 見逃せ

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |

きみにしか聞こえない

業務連絡。

「クレープを二度食えば」(とり・みき)
入手はできてませんが、読みはしました。ブラボー。ブラボーです。

「時の石」(栗本薫)
こちらは入手。不思議な味わいのある作品ですね。(あと、ここでは言いにくい感想もあります)

さて、ゴジラ、言の葉もあわせて、いろいろ語りたいので、kei-zuさん、ちょっと、体育館の裏までいいかな?(冗談です



私もみなさんにいくつか紹介したくなってきました。秋ですし、いろいろ取り混ぜて御紹介。

まずは、不思議な味わいから一点。
「Calling You」(乙一,『きみにしか聞こえない』(角川スニーカー文庫)所収。又は『失はれる物語』(角川文庫)所収)

私はケータイを持ってない。なぜなら、私には友達がいないから。だから毎日空想をして、憧れ続けていたある日。頭の中に鳴り響いた美しいメロディ。それは、同じさみしさを抱えた少年からのSOSだった……。



次に、ブラボーという観点?から一点。
「時が新しかったころ」(ロバート・F・ヤング,『時の娘 ロマンティック時間SF傑作選』(創元SF文庫)所収)
長編版もありますが、できがわからないので、こちらを推します。


便乗して、青春のドタバタから一点。
『ボンクラーズ、ドントクライ』(大樹連司,ガガガ文庫)

あの頃の僕らは、恋がどんなものかも知らなかった―。ネットもケータイもまだ馴染みがなかった1999年、とある片田舎の高校。主人公の肇とカントクは、夢だけは大きく「日本の特撮映画を変えること」だが、映画の撮影準備と称して憧れの特撮ヒーローになりきる「ごっこ遊び」に興じてばかりのボンクラ映画研究部。そんな「撮らない」映画研究部に、わけありの美少女が飛び込んできて―。男子ってやつは、バカで、むき出しで、まっすぐで、最低だけど最高だ。誰しもが通り過ぎる、恥ずかしく、苦く、痛々しい青春模様。

何かのラノベ紹介記事でチェックしてみたら当たりでした。ちょい苦(にが)なので、スカッとするのがいい人にはあまりおすすめしませんが、これはこれでいいものです。私は好きだ。


あと、これはどうしようかなあ。
『青い月の夜、もう一度彼女に恋をする』(広瀬未衣,双葉文庫)

ひとつきに二度、満月が見られるブルームーンの8月。17歳の僕は京都の嵐山にある祖母の家に帰省した。一度目の満月の夜、僕は森の中で、傘で泉の水をすくう少女と出会う。「ブルームーンが終わるまで、ここで初恋の人を待っている」と言う彼女。同い年なのにどこか不思議な彼女や、彼女と歩いた夜の京都に違和感を覚えながらも、僕は彼女に惹かれていくが―「ずっと君を、未来で待っている」運命の糸で結ばれた2人を描く、時空を超えた恋愛小説。

この手合いのは好きなので、いくつも積んであるわけですが、珍しく、早めに読みました。
話はよかった。いい読後感です。
難を言えば、内容が薄く感じられました。起伏の少ない小説も読んだことがありますが、そういうのとは違った「薄さ」なんですよね。ひょっとしたら、ラノベよりも薄いかも。
ともあれ、これは許す。終わりよければ、です。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |

図解 よくわかる行政法のしくみ

『図解 よくわかる行政法のしくみ 第2次改訂版』(金子武史,学陽書房)
http://www.gakuyo.co.jp/book/b201282.html

おっ、改訂版だ。
少し前になりますが、店頭で見かけたので、購入しました。

図解シリーズは好きで、何冊か持っていますが、
中でも行政法は、人に説明するのにも重宝していました。

改訂版は、最初の版と比べると、記述量が増えたな、と思います。
前は結構「白い」紙面だったのが、そうでもなくなっています。
説明すべきは説明すべきですから、まあ、しかたないですね。

使う機会もないんですけどね、手元にあると安心な一冊です。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |

地下鉄に乗るっ・2

ねとらぼさん経由。

 相関図が賑やかに! 京都市営地下鉄の萌えキャラに男性キャラクター2人が追加、駅内にはポスターも
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1610/06/news052.html

公式

 【広報資料】“地下鉄に乗るっ”シリーズに新キャラクター登場! ~「小野陵(おのりょう)」と「十条タケル(じゅうじょうたける)」の2名が地下鉄の魅力をPR~
 http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000206106.html

ポリティカルコレクトネス的にも、男性キャラジュルリというのは、よい判断なのではないかとジュルリ

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロゼッタ

彗星探査機「ロゼッタ」、運用を終えるため彗星に衝突 - 12年の探査に幕
http://news.mynavi.jp/articles/2016/10/04/rosetta/

おつかれさま。長い旅をしたモノの最期は、感慨深い。

計画的な衝突というと、月周回衛星かぐやを思い出しますね。もう、7年前かー。

それにしても、妙に「たったひとつの冴えたやりかた」感のある文章ですね、この記事。

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |