半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

謝辞

さようなら時間外勤務手当、いままで余禄をありがとう

偉くなったから、というわけではなくて、『一千一秒物語』(稲垣足穂)にあやかって、このブログも本エントリ(1001本目)をもって区切りとしたいと思います。
続けようと思えば続きますが、もう雑談ばかりになりそうですし、それよりは、法制「系」ブログのまま終わろう、かなぁと。
かりそめの駄文が自治体法務の明日を創るならば本望だ、なんてね。

さておき、ひとまずは、みなさまのこれまでの有形・無形の御厚誼に、心から感謝申し上げます。
「半鐘」という記号は、とても居心地がよかった。

ごきげんよう

[お別れの曲]



4月1日にこれを載せて、綺麗に消えようと思っていたのだけれど。
お別れの曲もチョイスしてあったのだけれど。

一方で、辞めていいの? という思いも、いざとなると湧き上がってくるもので。

悩みましたけど、続けることにしました。

掲載ペースは落ちるわ、考察はないわで、決して有用なブログではありませんが、
引き続きgdgdっぷりを披露してまいりますので、隅から隅まで、ズイ₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾ズイ と

用意した[お別れの曲]はその時までとっておいて、代わりにこちらを御紹介しましょう。
 http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm20864067

巻頭言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<体は条文で出来ている | HOME | AIの遺電子>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |