半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

巻頭言(第9巻)

>「忍び」とは 見えない悪を 倒して 平和に 変えるもの

ならば、公務員は忍びのようなものですね。

(なお、悪が見えるまでにならないと立法事実として認知されな……ゲフンゲフン)

>「忍び」とは 体と魂 磨いて 鍛えて 生きること

かくありたい、というか、あらねばなりませんね。

巻頭言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<明けない夜はない | HOME | 保険料の還付の促進及び還付加算金の取扱いの改善>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |