半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

首長とは誰だ!

いまさらになりますけど、自治実務セミナー7月号に、
「首長とは誰だ!」と題する北村喜宣氏のコラムがありました。

首相(総理大臣)は相(大臣)の中で首長だけど、
自治法的には首長の定義も概念もない、というのが大意かと思います。

首長という言葉、私も当然のように使っていましたが、
言われてみれば、確かに、ちょっと微妙な言葉です。
興味深い指摘でした。

まあ、でも、正確な用語で「長」といっても、通じにくいですし、
市・町・村に応じて市長・町長・村長と使い分けるのも面倒ですし、
多少不明確ではあっても、首長という言葉は、便利ですよね。
期末勤勉手当をボーナスというのを許容するがごとし?

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夜廻り猫 | HOME | 地方議会のズレの構造>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |