半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

条例はどこまで・14

またひとつ、チャレンジングな条例が。

つくば市が無電柱化条例を制定 景観維持、防災機能向上へ(産経)
http://www.sankei.com/region/news/161017/rgn1610170020-n1.html

 つくば市は、中心市街地やつくばエクスプレス(TX)の駅周辺への新たな電柱の設置を認めない「無電柱化条例」を制定した。景観を維持するとともに、災害時に電柱の倒壊をなくすなどの防災機能の向上を目指す。同市によると、無電柱化を義務付けた条例は全国初という。


 同市まちなみ整備課の担当者は「現在ある電線をなくすのではなく、電柱がない地域の維持が目的」としており、新たに電線を設ける場合、開発事業者などに対し、原則として地中化を義務付けた。違反者には同市が勧告し、従わない場合は氏名などを公表する。


パブコメ
https://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14278/14282/855/019595.html

議案
http://tsukuba.gijiroku.com/g07_Giketsu_View.asp?SrchID=2539&kword1=&kword2=

現に(電柱が)ない状況をどうしていこうか、ということのようですが、
これは、作る側としては難しい問題でしょう。担当された方々に敬意を表します。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<駅前放置自転車クリーンキャンペーン | HOME | です・ます調の条例>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |