半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

条例により限定されている地方公共団体

前回の記事の関連で、ちょっと気になるところがあるので記しておきます。

「提供することができる特定個人情報の範囲の限定」というのは、
番号法第26条(による読み替え。未施行)で出てくるのですが、この条文、
>提供することができる特定個人情報の範囲が条例により限定されている地方公共団体
とあります。

条例により限定されている?
誰が限定するの?

条例は地方公共団体が制定するものですから、論理的に考えて、地方公共団体が限定するに決まってますが、自分で限定するのだとしたら、「限定されている」とするのには違和感があります。
いつの間にか限定されていたッ! などということもあるわけないですし。都道府県? 都道府県のしわざなの?

パブコメに付されている規則案では、
>地方公共団体が法第二十六条において読み替えて準用する法第二十二条第一項の条例を制定する場合
とありますので、自分が制定することでよいようですけど、法のほうに、
 地方公共団体は、……条例により限定することができる
 地方公共団体が条例により……限定した場合は
といった、権限なり主体なりの規定がないというのは、いかにも不思議です。
 ……条例により限定する地方公共団体
とするだけでも、ずいぶん違うのですけど。

と、そんなことを思ったのでした。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<フィボナッチの日 | HOME | なお>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |