半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

星空のむこうの国

本屋の店頭で一冊の本を手に取りました。

  『放課後地球防衛軍1 謎の転校生』 (笹本祐一,ハヤカワ文庫JA)

目次を見ると……

 第一話 謎の転校生
 第二話 狙われた学園
 第三話 星空の向こうの国
 第四話 桶屋横町の地球防衛軍

謎の転校生、有名なあれですね
狙われた学園、これも有名なあれですね
で、
星空の向こうの国 とか待てやゴルァァァァァ
買う。いつ読むかわからないがとりあえず買う。きたない、やり口がきたないよ……

厳密には『星空のむこうの国』。小林弘利・著、集英社文庫コバルトシリーズ。
ロマンチックSFの傑作です。内容はよく思い出せないけど。(でも傑作なのは確かなんだよぉ)

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<春の呪い | HOME | マルとマリ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |