半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

春の呪い

『春の呪い』(小西明日翔,一迅社)、ようやく2巻が出ました。完結。やっと紹介できる。

1巻の末尾では、2016年初秋、の予定とあったので、ずいぶんと待たされました。
続きがこんなにも待ち遠しかったのは、近年なかったかなあ。
(続きが気になるといえば、『大正処女御伽噺』3巻も、かなり気になってましたけど、
あちらはペースどおりだったので)

お話はこう。

妹が死んだ。名前は春。まだ19才だった。
妹が己のすべてだった夏美は、春の死後、家の都合で彼女の婚約者であった柊冬吾と付き合うことになる。
夏美は交際を承諾する条件として、冬吾に、春と二人で行った場所へ自分を連れて行くよう提示した。
そうして、妹の心を奪った男と夏美の季節は巡り始める――。


試し読みはこちらで。
https://comic.pixiv.net/works/2234

話題になってたので1巻を読んでみたら、もう、ぐいぐいと引き込まれました。

こんな設定の話が、どう着地するのか。
恋愛ものだ(ろう)から、くっつくか、くっかないかの2択で、おそらくは前者の可能性が高いと思われるものの、どうやって?

苦いものしかないシチュエーションにおける、人の心情を読もうなんていうのは、むしろ読み手の側が悪趣味ですらある。
(と書いて、連城三紀彦氏の「恋文」が思い出されました。妻がいるのに余命わずかな元カノのもとに走る、でしたっけ? あれも大概な話ですよね)

結末は語りませんが、私は納得の終わり方でした。「呪い」の件も含めて。

ともあれ、かなりなインパクトを味わえた作品でした。
今年は、これと、「兎が二匹」に出会えたのがよかったな。



おまけ。
時節柄、ネット上には「今年のマンガ」的な記事が多数ありますが、
ワタクシ的には、上記のように「兎が二匹」「春の呪い」が強烈な印象でした。
あと、「AIの遺電子」「大正処女御伽噺」もよかった。「大正…」の3巻はよいぞ。

えー、それでですね、来年はぜひ、「BEASTARS」(ビースターズ)が注目されてほしいですね。
https://arc.akitashoten.co.jp/comics/beastars/1/tw_player
コミックス1巻は来月。

付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<年賀 | HOME | 星空のむこうの国>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |