半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

地方自治法を学ぶ前に

法学を学ぶ前に、を受けて。

地方自治法は、つきあいも長いので、さほど難しいとは思わなくなった。
量は多いし、深入りしようと思えばもちろん大変だけど、
基本的には、書いてあることを素直に読めばよいと思う。そういう条文が大半だ。

じゃあ、何が難しいと思わせるのだろう?

それは、法というものに不慣れ、というところからくるのではないか。
法の読み方がわからなければ、内容の理解もままならない。
確かにそれは、法の難しさではあるが、しかし、地方自治法の難しさではないだろう。
民法・刑法のような、条文とは別に学んでおくこと、という面倒さは少ない。
ないとは言わないけど。
ともあれ、大変さと難しさを錯覚しないように。

というわけで、さて、地方自治法を学ぶ前に必要なことはなんだろうか。

1 何はともあれ、読み方のルール
・条、項、号の意味  「前項」がどこを指しているのかわからなくては話になるまい
・及び・並びに 又は・若しくは の構造
・できる、できない、ならない の差異
・定義された語句  置換(代入)して読む。普通の日本語として読んではいけない
・「政令で」「条例で」  階層構造、委任関係があること

2 読む前に求められる知識
・財務関係(時効、財産、債権)は、民法の知識が前提
  ここの難しさは、民法の難しさ
  特別法としていかに一般法を修正するかは、地方自治法の難しさ

3 読んだ後に求められる知識
・判例、行政実例
  条文の素直な解釈を修正することになる(行政実例は信じすぎてはいけないが)
  条文の素直な解釈を修正するものがあること、それは何か、は知っておきたい
・行政法、行政不服審査法
  機関、許可、処分、審査請求あたりは、意味をおさえて読み直すと理解が深まる

4 地方自治法に書いていないこと
・教育委員会、公務員、地方税、財政運営など(自治法内に一応条文あり)
・行政手続法、情報公開、個人情報保護など(関連条文なし)
・個別法に基づく「責務」  (なんとかならないかな、これ)

例えるなら、料理を作るのに、
材料の切り方とか、火のとおりやすさとか、「大さじ」とか、そういうのが求められる話。
そんなことを思ったわけです。

おまけ 私選・最低限これだけは覚えとけっていう条項
・議決事件(96)、専決処分(179,180)
・職員の賠償責任(243の2)
・条例(14)、規則(15)
・附属機関(138の4)、補助執行(180の2)、予算と条例(222)
・財務の章はひととおり(監査請求は除く)
あと、「(~し)てはならない」という条文には、気をつけたほうがいいです。
そのほかは、必要になったときや担当になったときに調べればいいんじゃないかな。

寝言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<知られちゃいけない | HOME | プレップ法学を学ぶ前に>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |