半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

シン・ゴジラ・2

シン・ゴジラ、日本アカデミー賞受賞、の報に接する。
そういえば、作品の感想を述べていなかったので、いまさらながらですが、ちょっと書いておきます。


シン・ゴジラ? いいよね。
序盤、中盤、終盤、そして“最後の最後”までスキがない。
序盤のコミカル・シニカルさ。
中盤の怪獣映画らしさ(自衛隊との対決)。
終盤の人くささ。
最後の最後に「あれ」。
様々な見せ方で楽しませてくれたし、だから、
人それぞれに様々に楽しみを見出せるのだろう。
(ここ「巨神兵東京に現る」っぽいなー、というメタな感想さえもね。)

そんな中で、細かすぎる好きなシーンはといえば、
泉ちゃんの「幹事長は任せろ」という送り出し。
言外に、ちゃんと帰ってこい、帰ってきて俺と一緒に組むんだぞ、
と言っているわけで、ああいうの、グッときちゃうんだよなあ。ツボ。

それと、立川の事務室で、「既決」「未決」のボックスがあったとこ。
役人はどこにいっても起案で仕事をするのだななどと思いましたまる

付言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<マスコミが報じるとき | HOME | ニュース雑感(2017/3/1)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |