半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

東雲侑子は短編小説をあいしている

ほぼ5年前に書いたものなので、最近の記事と筆致が少し違うな。(当人比)


『東雲侑子は短編小説をあいしている』(森橋ビンゴ,ファミ通文庫)。

何事にも無気力、無関心な毎日を過ごす高校生、三並英太。楽そうだからという理由だけで図書委員になった彼は、ともに委員を務める東雲侑子の熱のない静けさに、自分の空虚さに似たものを感じていた。しかし偶然彼女の秘密を知ってしまったことから、自分との違いを思い知らされる英太。だが、その秘密のために、彼女と距離を縮めることとなり、失ったはずの感情に胸を締めつけられていく…。早熟な少年少女に贈る、もどかしく苦いラブストーリー。


「もどかしく苦いラブストーリー」ですかそうですか、と手に取り。
口絵の最後、「俺は一体、東雲とどうなりたいっていうのだろう。」という引きにそそられて購入。
まあ、帯には、「正直な話、もう認めざるを得ないと思う。俺は--東雲侑子の事が好きなのだ。」と書いてあるのだけど。

ええ、本当にラブストーリーでした。
超能力も魔法もドタバタもなし。モテまくることもないし、パ○ツも見えない。
一人の少年が、だんだんと少女を好きになっていく、そんだけ。

そんだけなんだけど、くそう、なんでこんなにいいのよ!
どうしてこう、何度もページを開いては、読み返してしまうのだろう。
正直な話、もう認めざるを得ないと思う。私は--この2人を応援したいのだ。
若いっていいなあ(遠い目



(以下、読んだ人向けにもう少し感想)



各章ごとに、少しずつ変わっていく構成のために、自然と感情移入できるのでしょうね。
有美さんが、そのモノサシになっているように思います。

しかしまあ、2人の不器用さが、かわいい。
ほんと、じわじわくる。
手をにぎるだけのシーンで、ドキドキしてしまった。こういうのは、なかなかない。

反面、ラストの侑子の「ああいう暴走」は、ちょっとなーと思いました。
少年は、がんばったよ、うん。

あと、作中作である『ロミエマリガナの開かれた世界』は、うまいなあと思いました。

強いて難をいえば、この巻のラストは、なんとなくぼんやりしています。
いくつかの疑問も残ります。侑子はいつから好きだった? とか。

ただ、その辺は、次巻で語られるので、そちらで。(最終的には三部作です。)

ところで、このシリーズ、9nineの『Cross Over』がすっごくイメージ合うんですけど、どう?
(公式ならリンクを貼ってもよかろう)
https://www.youtube.com/watch?v=nx5Kwxb3MiY


付言B | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<神様がうそをつく。 | HOME | 読者と主人公と二人のこれから>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |