半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

悪人の夢

阿久根市のような話題があると、
公務員の給与が高いとか高いとか高いとかというようなお話になりますね。やれやれ。

給与が高いかどうかは、難しいので黙っちゃいます。
(労働の対価を絶対値で決められる“誰かさん”がいればよいのですが。)

とはいえ、私は悪人なものですから、
 スキルカーブを描いてない奴には定昇いらないでしょ とか
 その歳で指示待ちでしか動けないならアルバイトで雇われて とか
 BUNGENせよ! BUNGENせよ! とか
人に対して思わなくもありません。(流石に口にはしませんが。)

そこでですねえ、分ければいいと思うですよ。
自ら考え、責任を引き受けて動き、ともすると時間を気にせず働く群
  の給与は高めの額・カーブで
概ね言われた範囲で動き、9時5時で働く群
  の給与は低めの額・カーブで。
当然、昇進の仕方も違ってきますわね。
(ああ、定時の誘惑が……)

これらが分かたれず、一様に処遇されては、住民にも(頑張る)職員にも不評になります。
分けて、そういうジョブスタイルですよ、てことにすれば、額が見合うかについて納得されやすいのではないかな。

ところで、この方式、どこかで見たような気がするのですが、さあてどこでしたかねえ。

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<議論しましょう | HOME | 直轄事業負担金・2>>

この記事のコメント

おおむね御意に賛同ですが、、あえていぢわるに。
>>労働の対価を絶対値で決めるのは、(形式的な)雇用主ですし、経営者自身は株主(住民)によって評価されます。

>>自ら考え、責任を引き受けて動き、ともすると時間を気にせず働く群
は現行制度でも存在しますよね。市長とか副市長とか。その評価は選挙や議会で決まります。その意味では、もっと市長報酬もあげていいし、市長から権限を委譲されている副市長ももっと何人もいてもいいです。給与ももっとあげていただいて。副市長30人なんて面白そう。

部課長ごときで「責任を引き受ける」ってなんぼのものでしょう。
2009-03-09 Mon 11:06 | URL | G@yyt [ 編集]
意地悪はいやですけど、いぢわるは歓迎します。(でも、レスが噛み合わなかったらごめんなさい。)

>>絶対値
日頃思っているのは、景気で上下とか、地域で上下とかのない、評価額を示して欲しいな、ということです。
例えば、例規審査の仕事が、民間平均給与や勤務地に相関して難しさが変わるなんて、ないでしょう?
公務というのはこのくらい難しい仕事だからいくらぐらいだね、という決まり方であれば、住民と比べてどうこうって展開にはならないのになあ、と。(と、無理を望む)

>>責任を引き受けて
言われてみると、オーバーな気がしてきました。
職員の話なんだから“使命感をもって”くらいの感じでどうでしょうか。(と聞くのもなんですが)

副市長の数については、部局長はみんな副市長にして猟官制にしたらどうかなあ、なんてことを私も考えたことがありました。
2009-03-10 Tue 00:30 | URL | 半鐘 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |