半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

ニュース雑感(2017/7/28)

また佐賀県か。

佐賀県×バキ コラボサイト - 佐賀県
http://sagabaki.jp/

次から次へとよくやる。
ところで、ネットの一部ではまあまあ話題になりますけど(私もこうして取り上げてますが)、一般の方への訴求力としてはどうなんでしょうか。

次。

松本「ビアフェス」開けず 市教委が内規改正、「自粛」を要請
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170728/KT170727FTI090017000.php

えてして語られない事情があったりするので、コメントは控えますが、
一般論としては、
運用を変更するときはアナウンスのしかたに気をつけよう、といったところでしょうか。
(ところでこれ、教委の所管なんですか? 公園というと市長部局のように思いますが)

それよりも同紙のこっちの記事の方が気になる。

好評 「馬鹿バーガー」 上田
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170703/KT170702SJI090012000.php

>馬鹿バーガー(左)と大馬鹿バーガー(右)
こういうの嫌いじゃない。というか大好き。

次。

前から流れているものですけど、ここのところで何人か言及されているので。

規則で住民の権利義務に直接かかわる事項を定められるっていうのは地方自治法15条1項、憲法73条6号&内閣法11条、国家行政組織法12条1項&3項の文言を比較してみても確認できるよ。規則には政令についての内閣法11条、省令についての国家行政組織法12条3項に当たる規定がないんだ。


内閣法11条
政令には、法律の委任がなければ、義務を課し、又は権利を制限する規定を設けることができない。
国家行政組織法12条3項
省令には、法律の委任がなければ、罰則を設け、又は義務を課し、若しくは国民の権利を制限する規定を設けることができない。

確かにね、
地方自治法15条1項
普通地方公共団体の長は、法令に違反しない限りにおいて、その権限に属する事務に関し、規則を制定することができる。
であり、「できない」と書かれていない。
でも、お前それ14条の前でも同じ事言えんの?
地方自治法14条2項
普通地方公共団体は、義務を課し、又は権利を制限するには、法令に特別の定めがある場合を除くほか、条例によらなければならない。

法形式に対して逐一「できない」と為念するか、
概括して「できる」法形式を指定するか(反対解釈として「できない」法形式)、
という、スタイルの違いであるので、文言の比較からそう解してしまうのはいかがなものかと、まあ、botに言ってもしゃーないんですけど。

規則で住民の権利義務に直接かかわる事項を定められるのは、私見では、
条例を通じてか、
管理権などで暗黙に権限が存在しているか、
つまりは何らか前提があって可能になると解するところ。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<そうとしか見えない | HOME | ニュース雑感(2017/7/26)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |