半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

モザイク

いまさらですが、自治体債権についての自治法の適用条項を表にしてみました。
(構造を見せたいため、正確さは犠牲にしてます。※240条は、正確には政令です。)

             督促手続       執行手続       時効
強制徴収公債権   231の3①       231の3③       236
非強制徴収公債権 231の3①       240(231の3③除く) 236
私債権         240(231の3①除く) 240(231の3③除く) 民法

督促手続においては、公債権か私債権かで分かれる。
執行手続においては、自力執行か民事執行かで分かれる。
時効は、公債権か私債権かで分かれる。

なるほど、確かに色分けはできているということか。いまさら理解。←遅
しかし、このモザイクさが、全体の理解しにくさの元凶であるのでしょう。
(理解しにくかったのは私だけではないはずだッ)

一言L | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<債権の放棄と消滅の違い | HOME | 条例はどこまで・4>>

この記事のコメント

半鐘さま。
「図解」たいへんよくわかりました。
改善意見ですが、非強制徴収=民事執行ですから、非強制執行公債権を法240条で処理って、なんかどうどうめぐりの感がします。
公債権はすべからく強制執行できうるところ、公債権から「法の定めのない使用料」の執行部分だけを切り離したものと理解できるようにしたほうがよろしいように思います。
2009-06-09 Tue 10:27 | URL | G@yyt [ 編集]
コメントありがとうございます。意味が通じる方には通じるようで、一安心です。
分類については、最近こういう言われ方をするようだし、いいかなあと思ったのですが。
いずれにしろ、3段書きの構成が主眼である以上、見出しが変わっても、こういう図柄になっちゃうのかなと思います。
(あと、御意見についてはいろいろ考えたのですが、結局消化しきれなかったので、今日のところは承るところまでってことで御勘弁ください。)
2009-06-10 Wed 01:29 | URL | 半鐘 [ 編集]
自分でも文意よくわかりませんねぇ。すみません。
分類は3分類でいいんですが、結局のところ「非強制徴収公債権」って何? というのがモザイクなのではないかと。

この仕事は特別職?臨時的任用?非常勤職員? みたいなものだと考えました。

なお、ご返信にはおよびません。
2009-06-10 Wed 16:12 | URL | G@yyt [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |