半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

見出しをつけないとき

公文書等の管理に関する法律第4条には見出しがありません。
国会での修正で節になったとき、原案にはあった見出しが削られました。

節内に条がひとつで、節名がちょうど見出しに相当するときは、つけないのかな?
用例を漁ってみると、日本国憲法の改正手続に関する法律第126条にもありません。

っと、そうだ、確認々々。
ワークブックは… 記述なし。詳解は… ありました。
やはり、そういうことのようです。
なお、罰則の例のように、条がひとつの場合に限った話ではないみたいです。
(章名・節名が、共通見出しに相当する場合も、つけない。)

知らんかった。

あ、昔の仕事はどう…… あーあ。

助言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<軌道エレベーター | HOME | 山羊の群れ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |