半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

子ども手当

選挙前、児童手当の担当とお話しする機会がありました。

 相手「でね、試算したら、年間予算がなんと○○円」
 私「うわ… 定額給付金もすごかったけど、それ以上ですね」

定額給付金でも感じましたが、現金を動かすのは本当に大変。
予算があることと現金があることは別ですから、実は、キャッシュの準備(確保)というのはバカにできない事務です。
ちゃんと、事前に現金が交付されるかしら。
まさか、一借させられることに、なんないでしょうね!!

所得税で、扶養控除拡大か税額控除でやってもらえませんでしょうか。
経済的利益を与えるにも、よりコストのかからない方法を考えていただきたいところ。
ムダづかい、よくないんですよね?

 私「そういえば、児童手当だと申請の翌月から対象になるんでしたよね」
 相手「それも憂鬱でなあ。同じだとすると、申請が遅れた人と、もめそうで」

5,000円ならまだしも、26,000円だと簡単には諦めがつかないことでしょう。
60日以内に申請すればよいとか、緩和してくださいませんでしょうか。
職員が殴られる前に。

これは、国民の代表に意見するものではございません。
現場的助言です。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<グーグルさん? | HOME | メリットシステム>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |