半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

無駄

産総研、電子申請4年間利用ゼロ 開発費など8千万無駄

 会計検査院は2日、経済産業省所管の独立行政法人「産業技術総合研究所」が導入していた電子申請システムについて、2005年の導入から4年間、1件も利用されず、開発費など8754万円余が無駄になっていた、と発表した。


見事ですなあ。

そういえば、kei-zuさんも書いてたっけ。
こちらでも貼っておきます。
電子政府・電子自治体プロジェクト、総額12兆円に対し希薄な存在感

e-Japanにおける電子申請化は、概ね成功したんじゃないでしょうか。
だって、電子化そのものが目的だったのですから。
確か、行政手続の半数を電子化しようとしていたはずですが、“ペーパーレスで完結できるもの”とか“効率化の期待できるもの”といった限定がなかったと記憶しています。
高速道路を造るのと、似たようなお話ですね。
通る車(使う人)の考慮の具合がまた、よく似ています。

常識的に考えた人が、当時いなかったとは思われない。
なのにこうなってしまう、意思決定の不思議こそ、問題の本質だと思います。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<OAは死なず | HOME | コーテーション>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |