半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

再生の町

見ていて、拷問のようなつらさがあったのはなぜだろう。



「それをやる余力がどこにあるんですか」と言ったことがあるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!(元ネタ略)



気のせいだな、うん。

開発ないし利権という、わかりやすい敵。
しかし、実際には、そんなにわかりやすいはずもなく。

ああ、いや、いるな、わかりやすい敵。
「あーあー聞こえな(r」ってのが真の敵だ、たぶん。
(意味不明? それでいいです。通じちゃっても困る。)

ペーペーが大活躍でしたが、ドラマにマジレスしてもしかたないので、その辺はスルー。
ラストの、再建案が議決されてる点も「?」ってなったけど、まあいいや。(これは、tihoujitiさんも触れてましたが)

なんとなく終わってしまった感じで、物足りなさもありますが、世間の評価も悪くないようですし、まあ良かったのかな?

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<保育園民営化訴訟 | HOME | 国・地方間の係争処理のあり方に関する研究会・2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |