半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

建築確認取り消し訴訟

kei-zuさん経由で。

いろいろな受け止め方があるのでしょうけれど、私は救済性の拡大に読めたな。
 
高裁の裁判要旨

1 東京都建築安全条例(昭和25年東京都条例第89号)4条3項に基づき,建築計画につき安全上支障がない旨の安全認定処分がされた場合,同条例4条1項及び2項の定める,建築基準法42条1項の規定する接道要件よりも厳しい接道要件は適用されないことを前提として同法6条1項に基づく建築確認処分がされるところ,従前は,建築主事が,安全上支障がないかどうかの判断も建築確認処分の際に判断していたが,条例の改正により安全判断については外の行政庁が行政処分の形ですることになったため,安全判断に対して独立した争訟の機会が付与されることになったが,それは申請書の権利保護のため争訟の機会を増やす趣旨のものと捉えるのが相当であって,改正前と異なり建築確認の段階においてはもはや安全判断の違法を争うことをできなくするという趣旨までは含まれていないと解するのが相当であるから,安全認定処分の違法は,建築確認処分に承継される。


最高裁の裁判要旨

東京都建築安全条例(昭和25年東京都条例第89号)4条3項に基づく安全認定が行われた上で建築確認がされている場合,建築確認の取消訴訟において,安全認定が違法であるために同条1項所定の接道義務の違反があると主張することは,安全認定が取り消されていなくても,許される。


訴訟の土俵にのれる・のれないを広く取る、そのように感じました。

一言 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<公文書非開示処分取消等請求事件 | HOME | ニュース雑感(2009/12/18)>>

この記事のコメント

6/24 22:46 にいただいたコメントは、私の記事と対話するものではないようなので、いまさらですけど、削除しました。あしからず御了承ください。
2012-07-19 Thu 21:56 | URL | 半鐘 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |