半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

子ども手当法案に対する修正案

保育料など未納と相殺の仕組みを 子ども手当で全国市長会
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012701000824.html

 全国市長会は27日開いた理事・評議員合同会議で、2010年度から導入される子ども手当について、保育料などの未納がある場合に相殺できる仕組みの検討や、11年度以降の全額国費負担を求める緊急決議を採択した。
 保育料や給食費などの悪質な未納は各地で問題になっているが、子ども手当の法案では、現行児童手当法と同様に、支給額をこうした未納に対する差し押さえの対象とすることが禁止される見通し。
 合同会議では、京都府宇治市の久保田勇市長が「今回、姑息な手段で(子ども手当の)地方負担を押しつけられた。必要に応じて相殺できることを法案に盛り込んでもらわないと簡単には受け入れられない」と強い口調で訴えた。


差し押さえ禁止の給付は多々ありますが、しかし、例外がないわけではありません。
「差し押えることができない。ただし」で法律を検索→9件 ありました。

なんだか急に修正案の練習がしたくなったなあ(棒

   子ども手当法案に対する修正案
 子ども手当法案の一部を次のように修正する。
 第十三条に次のただし書を加える。
  ただし、子ども手当の受給資格に係る子どもに係る児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号)第五十六条に規定する徴収金その他政令で定める権利については、国税又は地方税の滞納処分(その例による処分を含む。)により差し押える場合は、この限りでない。


紹介議員は何人お願いすればよろしくて?

追記(2/1)
滞納処分について地方税も追加しました。
なお、実際の法案では第十四条でしたが、その辺は、法律名も含めて書いた時点のままにしておきます。

戯れ言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<基本的認識 | HOME | >>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |