半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

疑義回答

児童手当関係法令通知集(平成18年版)より

問9 指導監査と秘密漏えいの関係
 市町村における児童手当事務の指導監査において、監査員が課税台帳と請求書等の記載事項との照合、確認をする場合、地方税法第22条との関係はいかに解すべきか。(昭和52年度地区別担当者会議資料)


 市町村長の行う児童手当の事務については、地方自治法第150条の規定に基づき、都道府県知事の指揮監督を受けるものであり、都道府県の監査員が児童手当認定請求書等の記載事項と課税台帳との照合を行うことも、その指揮監督上必要な行為として認められるものであり、地方税法第22条に係る問題は生じないものである。

※強調は引用者による。


第150条ねえ。

第百五十条  削除


あれから何年経っているのかと小一時間。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<自治紛争処理委員の勧告(我孫子市の件) | HOME | 禅問答>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |