半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

“Libera me” from hell

小惑星探査機「はやぶさ」が、明日、帰ってくる。

1日に約42万kmずつを、近づいてきている。(参考:月と地球の間が約38万km)
朝の9時にはあと約71万kmだったが、夜の9時にはもうあと約50万kmだ。

9日は最後の軌道補正(TCM-4)だった。

この期に及んで、もう少し、飛んでいてもいいのに、などと思ったりした。
帰ってくるとは燃えてしまうこと。彼にはずっと元気でいてほしい。
しかし、帰ってきてこそ本懐。それに、彼の体も限界のはずだ。
成功を祈るのが務めというものだろう。

奇跡のような帰還だと思う。
けれど、奇跡は、ただ待っているところに起きるわけではない。
これが奇跡であるとしても、これは人の力が呼び起こしたものだ。
そう言っておきたい。

ところで、ツイッターにこんなものを見つけた。

.@ikaroskun まぁ、おちつけって。そう「はやぶさ兄さん」だ。・・・・・・・・・いつのまにか背、追い抜かれちまったなぁ。  いけよ兄弟!お前が太陽系大航海時代のフラッグシップだ!
12:22 PM Jun 11th webから

これは… 俺のドリルは!

今日のタイトルにした曲や次回予告の曲を聞きながら書いていたら、残り24時間を切った。


追記 Googleのロゴが!

追記(6/13)
“Libera me” from hell は宇宙を飛んでいるはやぶさに、
お前の×××で天を衝け! はオーストラリアの地上班に、よく似合う。

一方、中の人は、こんな曲を聴いてらっしゃる。

6/13午前1時。再突入まで残り22時間です。残り距離は約42万km。
検索で有名な某先生も粋なことをしますね。
(画像略)
再突入はまだ先です。皆さんも好きな音楽でも聴いてリラックスして休んでください。
わたしも大好きな堀光一路さんの「宇宙の星よ永遠に」を聴きながら仮眠します。(IES兄)

名曲。それに、イオンエンジンですしね。

一言 | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<おかえり | HOME | 真の名>>

この記事のコメント

あと、12時間を切りましたね。

最後に地球を見せてあげる試みをするようです。
「はやぶさ」大気圏突入前、地球撮影に挑戦
http://www.yomiuri.co.jp/space/news2/20100613-OYT1T00056.htm

コメント書きながら泣いています。
2010-06-13 Sun 11:24 | URL | G@yyt [ 編集]
「はじめてのおつかい」動画で、最後、地球に向き直るシーンがありますが、本当になっちゃうとは。
探査機の最大限の活用なんでしょうけど、どう見ても「粋な計らい」です、本当に(r
2010-06-13 Sun 13:54 | URL | 半鐘 [ 編集]
オカエリナサト(イの鏡文字)

和歌山大学版で、とぎれとぎれの画像を見てました。
女子)50分30秒。。。
。。。
女子)あっ、すごい
教授)おおっ
。。
三角形の下辺を右から左に、赤く輝くものが通過(私のモニターでは5ミリ=この文字2文字分くらいだったけど)。
敬礼と拍手と、なみだ。。。

カプセルに「砂」ははいっているか?
最期に地球は見れたか?

コメント返し辞退します。

2010-06-13 Sun 23:01 | URL | G@yyt [ 編集]
http://www.sacj.org/openbbs/index.html
>>投稿日 2010年6月13日(日)22時52分
>>撮れなかったと発表されていた写真撮影が1枚>>成功していたと訂正発表がありました。途中で>>通信が切れたそうです。地球が写っているそうで>>す。

よかった。また(涙)
2010-06-13 Sun 23:09 | URL | G@yyt [ 編集]
最期の1枚。
http://twitpic.com/1wh78q

突入動画(完全版)を見直すと、私がリアルで見たのはカプセル部分で、すでにハヤブサ君はバラバラに燃え尽きた後みたいですね。

半鐘さま。
いい経験をさせていただいたさいしょの情報に、感謝します。

まとめサイト見ながら、涙。
2010-06-13 Sun 23:53 | URL | G@yyt [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |