半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

だれか かってください

「ただいま」
「おかえり。その、うしろに隠したのは何?」
「…本」
「ちょっと見せなさい…
   これからの「正義」の話をしよう(早川書房)
   虚数がよくわかる(ニュートン別冊)
   健全な肉体に狂気は宿る(角川Oneテーマ21新書)
   よいこの君主論(ちくま文庫)
   月の剣の物語(理論社)
 まあ、またこんなもの買ってきて。すぐに返してらっしゃい」
「えー、こんなにかわいいのに」
「いつもいつも。もう置く場所がないでしょう!」
「だって、いま買ってあげないと」
「だいたい、あなた読んであげてないでしょう! 読まない人は買っちゃいけません!」

注 非実在家族との脳内会話です。帰宅して本棚(一部崩落あり)を見ると聞こえてきます。

妄言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<努力 | HOME | 地域主権改革大綱>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |