半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

これからの「自治」の話をしよう(嘘

毎度ばかばかしい寝言をひとつ。

自治基本条例には、住民の信託というフレーズがあったりする。
このフレーズで、はたと考えた。

公務員は、住民のために仕事をしている。これは疑いがない。(住民からの評価はともかく)
一方で、住民に義務・責務があって、“役所(役場等を含む。)”がそれを“請け負っている”かといえば、その実感は乏しい。
地方自治体には、様々な義務・責務がある。これが、イコール“役所”の仕事になるわけだが、この構図は、住民がいなくても成り立ってしまう。
あれ? 住民は主役ではないのか? 何かがおかしい。*1

思うに、“役所”の出自というか来歴が、統治機構であったからじゃないだろうか。
実際、平成11年度までは国の“機関”だったし。

じゃあ、とばかりに、住民が主役の“役所”とやらを想像してみる。

1 マンションの管理組合モデル

住民の代表たる議員が何人か選ばれ、議会が自治体を運営する。
自治体の代表は、議員の中から選ばれる。
議員の選任その他の重要案件は、住民全員の総会による。

運営方針や問題への対応は、議員が話し合いで決める。
もっとも、議員は管理運営のプロではないので、細部では管理会社に大きく依存することになる。
このモデルでは、住民は居住者、役所(公務員)は管理会社に当たる。

ここで、ひとひねりすると、管理会社はマンションごとにひとつずつある必要はない。
自治請負業を行う会社であれば、どの会社が請け負ってもいいのではないか。
そうすると、会社は受注を競ったり、合併して生き残りを図ったりするだろうか。
(ああ、全部役場事務組合というのは、こういうイメージだったのだろうか?)

ちなみに、町内会モデルにしなかったのは、戸建てだと概ね自分のことは自分でやるため、共同体というより連合体であるので。(市町村と都道府県の関係みたいなカンジですかね)

2 株式会社モデル

住民の代表たる議員が何人か選ばれ、議会が自治体を運営する。
自治体の代表は、議員の中から選ばれるか、外部から招聘される。
議員の選任その他の重要案件は、住民全員の総会による。

運営方針や問題への対応は、議員が話し合いで決める。
議員はだいたいの場合経営のプロなので、社員に依存することはない。
もっとも、細部は概ね社長に任せている。
このモデルでは、住民は株主、役所(公務員)は社員に当たる。

ただ、一口に会社といっても、大手から中小零細まで様々である。
経営体制についても、様々であって、究極、ワンマン体制だってありうる。

さて、とりあえず2つのモデルを挙げたが、いずれも議会が主役となる。*2
議会の会議は、賛否の表明(を通じた説得)にとどまらず、より実質的な討議である。
議会により自治体が経営されるが、そこには住民の意向が色濃く反映されている。
こうした構図であれば、役所は住民の信託で動くのだといえよう。

なお、議員の性格は、ボランティア型、プロ型、両方ともありうる。
それは、自治体の規模によって選択すればいいだろう。
(ちなみに、名古屋市がボランティアをいうのは、個人的には無理があるように思う。)
なお、どちらにしろ、人数はいまほど多くなくても可能であろう。*3

文中、住民総会と書いてはみたが、現実には厳しいだろう。
行おうとすると、住民総会の出席者の割当ないし選挙が必要になるかもしれない。この場合、この出席者を議員とするならば、議員はいまよりずっと多くていい。

余談になるが、住民総会では、いまの議会以上に想定問答が必要になるかもしれない。
株主の思わぬ変化球に苦笑も…株主総会“名”“迷”質問集 (産経)
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100703/biz1007031801010-n1.htm

最後に。これらのモデルでは、住民との「協働」はありえない。
「協働」とは、主権者とは別の権利主体がいて、使える言葉だと思う。信託・受託をいう文脈からは出てこないはずなのだ、が?

最初の一節と最後の一節をいうために、長々とふくらませたようなものですが、もっとスマートにできないかなあと反省。お目汚し失礼しました。


*1 法律が、国民でなく自治体を指名している以上、当然なのだが。
*2 自治体には、民意のフェイルセーフとして二元代表制が必要なのかもしれない。が、議論の余地はあるだろう。仮に、一元化するとしたら、住民は、議会と首長(大統領)とどちらを残したいだろうか。
*3 代議制≒意思の比例的反映に目をつぶれば。

寝言 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<これからの「議会」の話をしよう(嘘 | HOME | Dawn of the Dead>>

この記事のコメント

管理組合型の亜種として、
管理組合に雇用される職員、というのがあります。
規模の大きなマンション郡とか町内会などでは、「専従職員」がいるケースがあります。そこまでいかなくても、管理費等からその賃金が捻出される「管理人」さんが、組合の庶務もしているようなケースもあります。マンション管理人の一般労組というのも聞いたことがあります。
管理会社委託が前提だと役場事務組合ですね。
2010-07-20 Tue 10:03 | URL | G@yyt [ 編集]
寝言に反応していただける。まことにありがたいことです。
さて、直接雇用は想定していませんでした。なるほど、雇用関係的には、公務員はこれの方が近いかもしれません。ただ、組織でないと文脈に合わないので、これはこれで。
あと、役場事務組合は訂正しました。イメージ先行で書いちゃいけませんね。御指摘感謝。
2010-07-20 Tue 23:37 | URL | 半鐘 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |