半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

知らないことはわからない

「赤信号、みんなで渡ればこわくない」というのは、厳に慎むべきことです。

「え、信号あったっけ?」…まあ、そういうこともありますわね。結果は問われますが。

足寄町 議決経ず物品購入 パソコンなど2700万円分-北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/246219.html

【足寄】十勝管内足寄町が今年1月、地方自治法と町条例で義務付けられている町議会の議決を経ずに、パソコンなど2700万円分を購入していたことが、13日分かった。(略)
 同法などで、予定価格が1200万円以上の物品購入には町議会の議決が必要。


市議会の議決得ず購入 市議会全協で報告、謝罪 さくら市教委(下野新聞)
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20100823/371184

【さくら】市教育委員会が市議会の議決を得ず、教職員用のパソコンなど130台(総額約3600万円)を購入していたことが、23日の市議会議員全員協議会で明らかになった。地方自治法や市条例によると、2千万円以上の物品購入の際は議会の議決を得ることになっている。(略)
 市教委の説明によると、パソコンは国の緊急経済対策事業の一環として、国庫補助金や地方交付税を基に購入した。


後になってみれば、なんで気づかなかったんだという話ですが、見落としというのは、えてしてそういうものですよね。わかってて見落とすことはないのです。
とはいえ、そうであっても、信号無視をしたらお咎めを受けるのはしかたありません。


こわいのは、「え、信号ってなんですか?」
知らないことは、わからない。これ最強。当然の帰結。でも、あまりにも洒落にならない。

・予算がないと契約できません。
・勝手に示談しちゃいけません。
・諮問答申する委員会は条例でないと置けません。
・委託業務の社員を指揮したら偽装請負です。(『自治体職員のための政策法務入門3・福祉課の巻』、第一法規)

そうならないよう、職員を育てなければなりませぬ。また、自分も。


でも、本当の敵は、「みんなが渡っているんだから青信号」

それは、思考停止というものです。
ある意味、赤信号とわかってて無視するより、タチが悪いと思います。プンスカ

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<幸せなのは | HOME | 行政不服審査法の改正の方向性>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |