半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

釣り禁止

釣り行為を禁止したいとき、既存の法令には、何かなかったでしょうか。
条例制定における基本なので、一応、おさらいしてみようかと思います。

まず、通行人に対する危険を防止するという観点であれば、道路交通法が思い浮かびます。

道路交通法
 (禁止行為)
第七十六条 何人も、信号機若しくは道路標識等又はこれらに類似する工作物若しくは物件をみだりに設置してはならない。
2 何人も、信号機又は道路標識等の効用を妨げるような工作物又は物件を設置してはならない。
3 何人も、交通の妨害となるような方法で物件をみだりに道路に置いてはならない。
4 何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。
 一 道路において、酒に酔つて交通の妨害となるような程度にふらつくこと。
 二 道路において、交通の妨害となるような方法で寝そべり、すわり、しやがみ、又は立ちどまつていること。
 三 交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。
 四 石、ガラスびん、金属片その他道路上の人若しくは車両等を損傷するおそれのある物件を投げ、又は発射すること。
 五 前号に掲げるもののほか、道路において進行中の車両等から物件を投げること。
 六 道路において進行中の自動車、トロリーバス又は路面電車に飛び乗り、若しくはこれらから飛び降り、又はこれらに外からつかまること。
 七 前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が、道路における交通の危険を生じさせ、又は著しく交通の妨害となるおそれがあると認めて定めた行為

道路交通法第76条では、禁止行為を定めています。
具体的な行為については第4項で列挙し、さらに細部は公安委員会に委任しています。

福岡県道路交通法施行細則
 (道路における禁止行為)
第21条 法第76条第4項第7号に規定する道路における禁止行為は、次に掲げるものとする。
 (1) 交通の妨害となるような方法で物件をみだりに道路に突き出すこと。
 (2) 道路に、みだりに交通の妨害となるように泥土、汚水等をまき、又はガラス片、くぎ等を捨てること。
 (3) 牛、馬、綿羊等の家畜を道路に放し、又は交通の妨害となるような方法でつないでおくこと。
 (4) 交通の頻繁な道路において、乗馬又は自転車の運転の練習をすること。
 (5) 道路において、みだりにたき火をすること。
 (6) 道路にみだりに、車両等の運転者の眼をげん惑するような光を投射し、又は視界を妨げるおそれのある煙、粉じん等を発散すること。
 (7) 車両(大型自動二輪車、普通自動二輪車及び原動機付自転車を除く。)に乗車して、交通の危険又は妨害となるような方法で、みだりに当該車両から身体若しくは物を突き出し、又は物を車外で振り回すこと。
 (8) 道路において、みだりに発煙(炎)筒、爆竹その他これらに類するものを使用すること。
 (9) 道路において、交通の妨害となるような方法で魚釣り、投げ網その他これらに類する行為をすること。
 (10) 大型自動二輪車、普通自動二輪車又は原動機付自転車に乗車する場合(運転する場合を除く。)において、交通の危険又は妨害となるような方法で、みだりに身体を突き出し、又は旗、鉄棒その他これらに類する物を突き出し、若しくは振り回すこと。

福岡県は、魚釣りは禁止していますね。
都道府県によって、魚釣りは、あったりなかったりです。ちなみに、兵庫県にはありません。
ところで、歩道・路側帯は、道路に入るんでしょうか、入らないんでしょうか?

なお、罰則もあります。

道路交通法
第百二十条 次の各号のいずれかに該当する者は、五万円以下の罰金に処する。
 (略)
 九 第七十一条(運転者の遵守事項)第一号、第四号から第五号まで、第五号の三、第五号の四若しくは第六号、第七十一条の二(自動車等の運転者の遵守事項)、第七十三条(妨害の禁止)、第七十六条(禁止行為)第四項又は第九十五条(免許証の携帯及び提示義務)第二項(第百七条の三(国際運転免許証等の携帯及び提示義務)後段において準用する場合を含む。)の規定に違反した者
 (略)



では、船舶に対する危険の防止の観点についてはどうでしょうか。

刑法に往来妨害罪はありますが、さすがにそのレベルではないでしょう。
今回は、特に河川におけるものを探す必要があったわけですが、結局、これというものはありませんでした(…ていうか、あったら困るんですが。でも、もしありましたらお知らせください。)

ただし、条例での規制例はあるようです。罰則も可能。

東京都水上取締条例
第三十七条 ちり又は汚物を水上に投棄したり、交通の妨害となる場所で遊泳、、網打等をしてはならない。
第四十条 第四条から第三十三条まで若しくは第三十五条から第三十八条までの規定に違反した者又は第三条若しくは第三十四条の規定に基づく命令に違反した者は、三万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

福岡県、兵庫県には、私の見落としでなければ、水上の条例はないようです。

ここで、赤穂市の条例を見てみましょう。

 (目的)
第1条 この条例は、赤穂海浜大橋(以下「大橋」という。)において魚釣りを禁止することにより、千種川を航行する漁船、釣船その他の船舶等に乗船する者の安全を確保することを目的とする。

なるほど、「乗船する者の安全」。船が橋の下を通過するとき、釣り糸が垂れてたら危ないですよね。

さて、考える材料は提供したつもりですので、以上でおしまいにします。

追伸
正直、引っかかりは感じるのですが、なにぶん不明な点もありますので、差し控えます(ということです)。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ニュース雑感(2010/9/26) | HOME | 条例はどこまで・5>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |