半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

ニュース雑感(2010/11/2)

ハローワーク 首長に指示権 国所管は変えず 厚労省が改革案提出(産経)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101102/plc1011021244015-n1.htm

ただ、純粋に、雑感なのですけれど。

生活保護という、厚生労働行政で一番大切なものを、地方に渡しておいて、これ以上、何を渡せないものがあるというのでしょう?

また、国民皆保険制度という、厚生労働行政で5本の指に入る大切なものを、一部は市町村に、また一部は国から都道府県に渡しておきながら(最近のことです)、それ以上に渡せないものって何が残るのかしら?

まあ、ただ、純粋に、疑問なだけなのですけれど。
(だから(ハローワークを)渡すべきだという趣旨ではないので、そこは為念)

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<明日聞かれるかもしれないこと | HOME | ルーベンスの絵の前で>>

この記事のコメント

まあ、厚生労働省のなかには、こうせいああせいといわれても、ろ(どの訛)うどうめぐりの壁がありますから。
2010-11-03 Wed 09:17 | URL | g@yyt [ 編集]
こうせい、って指示したら、さあ?ろうでしょう、って返すわけですね。
2010-11-03 Wed 12:07 | URL | 半鐘 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |