半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

いらいらする

長期優良住宅の普及の促進に関する法律
(平成二十年十二月五日法律第八十七号)
第二十一条
 第十二条の規定による報告をせず、又は虚偽の報告をした者は、三十万円以下の罰金に処する。
2 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、前項の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対して同項の刑を科する。

↑これがスタンダード(だと思う)。
しかしだなあ、

地域公共交通の活性化及び再生に関する法律
(平成十九年五月二十五日法律第五十九号)
第四十四条
 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、前条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても同条の刑を科する。

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律
(平成十八年六月二日法律第四十八号)
(両罰規定)
第三百四十一条
 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、前条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても、同条の罰金刑を科する。

特定機器に係る適合性評価手続の結果の外国との相互承認の実施に関する法律
(平成十三年七月十一日法律第百十一号)
第五十条
 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して、第四十七条又は第四十八条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対して各本条の罰金刑を科する。

持続的養殖生産確保法
(平成十一年五月二十一日法律第五十一号)
第二十条
 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して、前三条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても各本条の罰金刑を科する。

個人情報の保護に関する法律
(平成十五年五月三十日法律第五十七号)
第五十八条
 法人(法人でない団体で代表者又は管理人の定めのあるものを含む。以下この項において同じ。)の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して、前二条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても、各本条の罰金刑を科する。
2 略

住宅の品質確保の促進等に関する法律
(平成十一年六月二十三日法律第八十一号)
第百七条
 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者がその法人又は人の業務に関して第百三条から前条までの違反行為をした場合においては、その行為者を罰するほか、その法人又は人に対して各本条の罰金刑を科する。

心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律
(平成十五年七月十六日法律第百十号)
第百二十条
 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して前条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても同条の刑を科する。

障害者自立支援法
(平成十七年十一月七日法律第百二十三号)
第百十二条
 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して前条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても、同条の刑を科する。

あー、いらいらする。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「認める」と「認められる」の違い | HOME | 明日聞かれるかもしれないこと>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |