半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

公共施設

公共施設とは、どういうものをいうでしょう?







どういうのもなにも、文化会館とかでしょ? と思った方は、事務畑。

まあ、道路・公園だよね? と思った方は、技術畑。

同じ言葉でも、審査する相手方によって、モードを切り替えなければなりません。
うっかりすると、日常語のままスッと流してしまいかねない言葉です。

法律用語で日常語との違いが顕著なものとしては、「善意」「悪意」がありますが、
このレベルまで有名になると、こちらもそういう心積もりで見るようになります。

けど公共施設はヤバイ。そんな気配見せない。ヤバすぎ。
とにかく貴様ら、公共施設のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ字句を審査するオレとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

…なんだかgdgdになってしまいましたけど、こんなところにも注意点がありますよ、というお話でした。

以下、参考

都市計画法
第四条
14 この法律において「公共施設」とは、道路、公園その他政令で定める公共の用に供する施設をいう。

民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律
第二条
 この法律において「公共施設等」とは、次の各号に掲げる施設(設備を含む。)をいう。
 一 道路、鉄道、港湾、空港、河川、公園、水道、下水道、工業用水道等の公共施設
 二 庁舎、宿舎等の公用施設
 三 公営住宅及び教育文化施設、廃棄物処理施設、医療施設、社会福祉施設、更生保護施設、駐車場、地下街等の公益的施設
 四 情報通信施設、熱供給施設、新エネルギー施設、リサイクル施設(廃棄物処理施設を除く。)、観光施設及び研究施設
 五 前各号に掲げる施設に準ずる施設として政令で定めるもの

公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律
第二条
 この法律において「公共建築物」とは、次に掲げる建築物(建築基準法(略)第二条第一号に規定する建築物をいう。以下同じ。)をいう。
一 国又は地方公共団体が整備する公共の用又は公用に供する建築物
二 国又は地方公共団体以外の者が整備する学校、老人ホームその他の前号に掲げる建築物に準ずる建築物として政令で定めるもの


法律においては、公共施設は、道路、公園等として使われるのがほとんどです。
(例規・要綱において、文化会館等に対しては使わないようにすればいいのかもしれませんが、さて)

助言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<プロセスの可視化 | HOME | クマー・2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |