半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

話し相手

知り合いの例規担当から着信

知「あの件なんやけど議会に出す?」
私「ぇぅ」
知「判断難しいやね。先送りのところもあるよってに」
私「ぇぅ」
知「そう、問題は臨職さんなんよねえ」
私「ぇぅ」
知「それはエアロスミスのアルバムやないか、君」

はい、ウソです。こんなわけはなく、普通に情報交換してました。
((資料を見直して)ごめん、さっきのちょっと違った、とか返信したりね。)


例規の担当者どうしの情報交換って、みなさんどうですか?

基本的に、スキルも判断力も高い人が多い(と思われる)ので、御相談は来ないのですが、それでも、状況を確認しあったり、判断の方向性を確かめあえたりするのは、たいへん助かります。
そういう相手、いるといいですよ。(いなければ、つくるといいですよ。)

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<契約 | HOME | 国民生活等の混乱を回避するための児童手当法の一部を改正する法律案>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |