半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

国民思い

先日のこと。
庁舎のロビー近くを通りががったら、何やら荒げた声が聞こえる。
なんだろう、穏やかじゃないわね、と思ったらテレビの国会中継だった。



与党と野党と、どちらが本当に国民のためを思っているのかな。

某「では、双方、この子ども(手当法案)の手をとって左右から引っ張ってみよ。
   勝ったほうが国民思いである。」

(双方とも、負けじと力いっぱい引き合う)

法案「痛い、痛い!」

悲鳴に、ハッと、思わず手を放したほうが本当の親という逸話がありますが、
さーて、どーなるんでしょーねー(棒


…すいません、最近ちょっと疲れてるようデス。
なお、逸話は逸話、国政は国政と、わきまえておりますので、念のため申し添えます。

妄言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<東北地方太平洋沖地震 | HOME | たまには>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |