半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

言い回し! そんな影響もあるのか

なかなか更新できず、すいません。

あと、先日の「4つの心得」の元ネタには「やあよ」という超弩級の続編があって、期待された方もいらっしゃるようですが、いまのところ、ちょっとムリポです><
あれは、さすがに難しいって。(ヒラメキの神様がきたら、ね)



地域主権関係では、それなりに情報を集め、それなりに仕込み中です。

その中で、道路法関係にちょっと気になるものがありました。
第10条関係で、言い回しが変わるとのこと。

改正前後の条文はこうです。
現行

 (路線の廃止又は変更)
第十条 (略)
2 都道府県知事又は市町村長は、路線の全部又は一部を廃止し、これに代るべき路線を認定しようとする場合においては、これらの手続に代え、路線を変更することができる。
3 前二項の規定により路線を廃止し、又は変更しようとする場合の手続は、路線の認定の手続に準じて行わなければならない。

改正後

 (路線の廃止又は変更)
第十条 (略)
2 都道府県知事又は市町村長は、路線の全部又は一部を廃止し、これに代わるべき路線を認定しようとする場合においては、これらの手続に代えて、路線を変更することができる。
3 第七条第二項から第八項まで及び前条の規定は前二項の規定による都道府県道の路線の廃止又は変更について、第八条第二項から第五項まで及び前条の規定は前二項の規定による市町村道の路線の廃止又は変更について、それぞれ準用する。


路線の廃止・変更の根拠が、単なる「第10条第3項」ではなく、「第10条第3項において準用する××」になるのだとか。

なるほど。言われてみれば、そうですね。要チェック、と。



……

議案! 廃止・変更の議案もだよ!

よかったー、いま気がついて。早速、担当課に言っておかないと。

意外なところが、油断なりませんね。

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<巻頭言(第4巻) | HOME | 今週の営業予定(スポーツ基本法)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |