半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

世界の中心で i を叫んだ獣

最近の政治について。

 「この職を辞める」と君が言ったから 六月二日は不信任否決

とみんなは言ったけど、

 「辞めるんじゃなかったっけ?」と言われたら
 「目途がつくまで」とか、「そんなこと言ってない」と言っておけばOKです。


とばかりに政治家力を磨き、

そんな状況に、なんと三権の長が、

 彼がッ 辞めるまで 諌めるのをやめないッ! (意訳)

とか言いだす始末。


なんだかなあ。


被災者の方々はどうなったの? もう、いなくなったの?


政治家のみなさんは、それぞれに“自分が”思う正しいことをしていらっしゃるのでしょうが、ワタクシ、ひとつ、気づいてしまいました。普通、マイナス×マイナスはプラスになるけど、

 ×  は、マイナス

だということに。虚しいね。

妄言 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<保育所の居室面積に係る基準の特例措置の対象地域 | HOME | 条文づくり>>

この記事のコメント

「自分」という英語の「I」と、数学の「i」とが韻を踏んでいるわけね。高等すぎてき気づきませんでした。
2011-07-15 Fri 10:15 | URL | g@yyt [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |