半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

いったい何をやっているの?

いったい何をやっているの? 消費者庁は「お粗末」「出直せ」の声
http://www.j-cast.com/2011/08/13104019.html
(2011/8/13 18:00 J-CASTニュース)

発足から約2年経つ消費者庁に対し、消費者行政を監視する内閣府の消費者委員会が20011年7月、「消費者行政の『司令塔』としての役割を十分果たしていない」として、体制や業務の抜本的な改善を求めた。
消費者庁は消費者の視点に立った行政を目指し、09年9月に発足したが、未だに影が薄い。最近では「国民生活センター」との一元化を図ろうという動きを強めているが、「本来の業務の立て直しが先決」と批判が高まっている。


消費者委員会は、いまさら18000年前の話を持ち出して、いったい何をやっているの?
…とツッコミたくなりますね。
(J-CASTさん、早く直そうよ。いったい何をやっているの? ←冗談です)

記事内容そのものについては、ノーコメントにしておきます。


そういえば、と気になったので、
 "20011年" inurl:go.jp
 "20011年" inurl:lg.jp
で検索してみました。

うーん、結構ありますね。みなさま、気をつけましょう。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<re:これで最後の「子ども手当関連法案」ですか? | HOME | 会議録>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |