半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

まさか☆マギカ・2

法学セミナー12月号より

法律家のための実証分析入門
[第3回]高校時代に逢った、ような……--確率統計の基礎

まさか続くとは思わなかった。これはもう、悪意認定。



えー、これだけでは紙面がさびしいので、ニュースからひとつ。

 公取委 妊婦健診めぐり、県医師会に注意 奈良(産経)
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/111115/nar11111502180004-n1.htm

 生駒市は14日、公費助成の妊婦健診をめぐり、県医師会との一括契約から各医療機関との個別契約に変更した際、県医師会が会員に個別契約に応じないよう求めたことについて、公正取引委員会に措置請求した結果、公取委が「独占禁止法違反につながるおそれがある」として県医師会に口頭注意したと発表した。


「むぅ、あれは」
「知っているのか雷電」
「あれは、政策法務のひとつ、争訟法務」

冗談はさておき、公取委とはおそれいりました。
事案については立ち入りませんが、こういうルートに目を向けた、その発想に感服します。
裁判だけじゃ、ないんだね。

一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<立てよ町民! | HOME | 科する・処する>>

この記事のコメント

次は「もう何も恐くない」と予想。いや、「こんなの絶対おかしいよ」かな。
2011-11-16 Wed 08:40 | URL | TB2000 [ 編集]
第1回は「これからの「実証」の話をしよう」と、まあ普通だったんですけどね。第2回が「こんなの絶対おかしいよ」でした。私の予想は、そーだなー、「本当の数字と向き合えますか」あたりで。
2011-11-16 Wed 23:27 | URL | 半鐘 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |