半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

施行条例・1.5(定める政省令)

施行条例とするのとは逆の例も見てみます。
定める内容を列記しているようなものはあるでしょうか。


簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律第五十三条第一項の法人並びに同法第五十四条第一項の特殊法人及び認可法人を定める政令
(平成十八年六月二日政令第二百七号)

地方財政法施行令第二条第四項、第七条第四項及び第二十一条第三項並びに地方公共団体の財政の健全化に関する法律施行令第十四条第二項に規定する総務省令・財務省令で定める要件を定める省令
(平成十八年三月三十一日総務省・財務省令第一号)

不正競争防止法第十六条第一項及び第三項並びに第十七条に規定する外国の国旗又は国の紋章その他の記章及び外国の政府若しくは地方公共団体の監督用若しくは証明用の印章又は記号並びに国際機関及び国際機関を表示する標章を定める省令
(平成六年四月十九日通商産業省令第三十六号)


そこそこあるようです。根拠条項まで入れるんですね。
一方、根拠条項がない例もあります。


発電所の設置又は変更の工事の事業に係る環境影響評価の項目並びに当該項目に係る調査、予測及び評価を合理的に行うための手法を選定するための指針、環境の保全のための措置に関する指針等を定める省令
(平成十年六月十二日通商産業省令第五十四号)


結局、こうしてみると、○○を定める条例、も、あながちおかしくはないということですか。
では、どういうルールによるのやら…… 教えてシルヴプレ!

一言L | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ささくれる | HOME | 施行条例/Zero>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |