半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

誠意

「国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律」が公布されました。

地方公務員については、次のとおり、附則に規定があります。

 (地方公務員の給与)
第十二条 地方公務員の給与については、地方公務員法(昭和二十五年法律第二百六十一号)及びこの法律の趣旨を踏まえ、地方公共団体において自主的かつ適切に対応されるものとする。


自主的かつ適切に、とは、具体的にどのようなことを求めているのか…
誠意を見せろ、と、言われたような気がしました。
そして、誠意が足りない、と、いつか言われるのでしょうかgkbr

(地方への影響が回避されたかのように見えて、
 その実、見えないところでいたぶられるかもしれないと思うと、
 むしろ、地方公務員給与の特例でも何でもやってもらったほうが、
 衆目にさらされる点ではマシだったか? …などと被害妄想全開)


追伸
当初、閣法で予定されていた減額幅、10、8、5%は、9.77、7.77、4.77%になってますね。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<通訳 | HOME | ぶっちぎりの青春>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |