半鐘の半死半生

社会に警鐘を鳴らす…わけもなく。

注目

報道によると、多摩市では、臨時職員等の任用、給与等の条例化をするとのこと。

 給与支給条例案を提案多摩市適法化狙う(読売)
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyotama/news/20120322-OYT8T01312.htm

茨木市の事案に対する最高裁判決を読めば、自治体に対する適法化の要請(あるいは警告)が見て取れます。
とはいえ、対応は進んでいないのが現状のように思います。(これがニュースになるくらいですからね。)
そうしたなかで、この取組は、ある意味当然なのですが、現状に照らせば注目しないわけにはいきません。


その他、ニュース雑感を。

 県、異動内示書と辞令書を廃止 ペーパーレス化、業務量削減など目的に(山形新聞)
 http://yamagata-np.jp/news/201203/13/kj_2012031300423.php
 人事異動もペーパーレス化 電子ネットワークで発令(産経)
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/120323/ngn12032319010003-n1.htm

山形県だけなら書くまでもなかったのですが、長野県もとあっては、ここにメモしておく価値もあろうというもの。
さて、異動をペーパーレス化しても事実上問題ないと思いますが、理論上は措置要求・不服申立ての話もありうるのかなと思いますので、規定上でなにか工夫すべき点・したところはあるのかなー、といった興味は湧きます。


次、市の命名権の件。

tihoujitiさんも御指摘のように、悪いほうで露出することもありえるところ。
マイナスイメージで出たときは、逆に、違約金的に企業にお返しすることもあるのでしょうか。
ところで、というか、そもそも、
「(仮)ピカチュウ市、引き続き早期健全化団体」
「(仮)ピカチュウ市、早期健全化団体脱却ならず」
と報道される蓋然性はあるわけで、年に数回のマイナスイメージはセット販売のようなもの。
まあ、でも、市名は市名で企業名とは別ものだから、企業にとってはたいしたことないかな?
高く売れますように(売れていいのか?

 余談1 自分がエライ人に呼ばれて「(この件の)法的な可能性を検討するよう」指示されたとしたら、さぞかし困惑するだろうな。
 余談2 「京都買います」という名エピソードがあってだな…って、どうでもいい。


はい次。

 新児童手当法案、30日に成立へ 賛成多数で可決、衆院通過
 http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012032301001640.html

……。法律は、成立のあと、公布されなければなりません。
いったい、いつの官報に載るんでしょうね。

一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<続報 | HOME | 広島>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |